温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年11月11日

25年ぶりのツーショット


 実にプライベートな話で恐縮ですが、僕ら夫婦は、今年の5月で銀婚式を迎えました。
 ええ、結婚して25年が経ったわけです。

 記念日とされている当日は、いつもの日と変わらずに過ごしました。
 (まあ、記念日といっても結婚式も挙げていない2人ですから、入籍記念日ですけど)

 いつもと変わらない日だったんですけど、夫として何か言葉をかけなくっちゃいけないかなぁ~と思って、心にもないことを言ってしまったのですよ。

 「銀婚の記念に、何か欲しいものない?」
 なーんて、その気もないのにね。

 仮に宝石が欲しいと言われたところで、買ってやれる甲斐性は、僕にはありませんって。
 本当に、言ってみただけなのです。
 長年連れ添った相手ですから、「別に欲しいものなんて何もありませんよ」 と言葉が帰って来ることは、わかっていましたから。

 と、と、ところが!
 こっちの意に反して、思わぬ言葉が返って来てしまったのです。

 「欲しいものはないんだけど・・・・・」
 と、口ごもる家内。

 「欲しいものはない」 と聞いて、少しホッとした僕。
 しかし、次の展開に、意表を突かれました。

 「一緒に写真を撮ってください」

 えっ、今、お前、なんて言った?

 「写真を撮ろうって言ったのよ! イヤならいいのよ」

 その後、沈黙が続きました。


 結局、その後、僕は忙しさにかまけて、その話題から逃げていました。
 ところが最近になって、家内がまた、写真撮影の話を持ち出してきたのです。

 ひょんなところで、バッタリと家内が教え子に会ったといいます。
 (彼女は教師をやっていたことがある)
 立ち話をしたら、その元教え子は、現在、写真館に勤めてると言ったのだそうです。

 もう、お分かりですね。

 「お父さん、頼んできてもいいよね」
 「あっ? ううん・・・」

 ということで、今日、古女房と連れ立って、25年ぶりに写真館へ行ってきました。
 (僕らは25年前、結婚式は挙げてませんが、写真だけは写真館で撮っていたのです)

 なんとも、面映(おもはゆ)いものです。
 
 家内は美容院へ行ってくるは、僕は着慣れないスーツを着るは、大人の七五三みたいで、終始緊張のしっぱなしでしたよ。

 「はーい、ご主人様。奥様の肩に手をかけてくださーい!」

 ギェッ、なぬ?
 家内の肩に、両手を置けだと!

 「はーい、今度は奥様もイスから立っていただいて、ご主人様の腕に、手をかけてくださーい!」

 な、な、なんだと?
 腕を組めだーーっ!
 そんなことは、もう何年、いや10年、いや20年以上したことないぞぉぉぉぉ!

 「はーい、すっごく仲のいいご夫婦に見えますよ~。今度は、2人で見つめ合いましょう!」

 ギャァァァァァーーーーーっ!
 もうダメだっ!
 俺のガラじゃない!
 もういい、母さん、帰ろう!

 と横を見ると、古女房が、満面の笑みをたたえて、僕を見ているじゃありませんか。
 おいおい、母さん、いつものお前じゃないよ、その笑顔?

 「いいですねぇ、ご主人の笑顔! とっても幸せそうですよー!」


 もーう、勘弁してくれ!

 撮影が終わったら、額に汗をびっしょりかいていましたよ。
 日本人の男性には、夫婦のツーショット撮影は向いてませんな。
 だったら、宝石をねだられたほうが、まだ良かったかも・・・

 ほうほうの体(てい) で、家まで逃げ帰ってきましたとさ。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)

この記事へのコメント
小暮師匠

宝石をねだられた時は、〇牡丹迄お越しください。

小生が奥様のために、お似合いの宝石を見つけ、小暮師匠のために特別にサービスさせていただきます(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2011年11月11日 19:25
うちも昨年が結婚25周年でした。最近になって大事さが分かってきた次第です。いまさらながらでも、気がついてよかったと思えます。
Posted by 斎藤稔 at 2011年11月11日 21:18
ヒロ坊さんへ

えっ?
○牡丹の方なんですか?
だんだん、見えてきましたよ。

分かりました。
30周年には、指が隠れるくらい大きな宝石を買ってやれるよう、頑張って温泉に入り続けます!


斎藤稔さんへ

そーですか。
♪みち子は、みのるの花嫁さ~ん♪ から、そんなに月日が経ちましたか!
お互い歳をとりましたなぁ・・・。
Posted by 小暮 at 2011年11月11日 22:09
うちと逆パターンですね
結婚式の時のカメラマンさんにキスシーンを撮れと強要したのは、主人でした。
それがDVDに残っています(汗)
Posted by ぴー at 2011年11月12日 14:33
小暮師匠

30周年と言わず、いつでも大きな宝石を用意して待っていますので、頑張って温泉に入り続けて下さい(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2011年11月12日 18:44
ぴーさんへ

新婚時代なら、何でもできますよ。
でも25年も経つと、なかなかできないものです。


ヒロ坊さんへ

ラジャー!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年11月13日 18:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
25年ぶりのツーショット
    コメント(6)