温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年11月15日

なぜかオヤジはオヤジにモテるのです


 先日、知人の女性に会ったとき、「小暮さんの写メ、撮っていい? 私の知り合いで、小暮さんの大ファンがいるのよ」 と言われて、気を良くして、にっこりポーズまでとってしまいました。

 女性が 「私の知り合い」 と言えば、当然、相手は女性だと思うじゃありませんか!
 だから僕も、
 「えっ、その人って、どんな人? 若い? 美人?」
 と、ついつい下心が出てしまったわけです。
 そしたら、

 「なに言ってるのよ、オジサンよ、オジサン!」

 ガ~ン・・・

 でも、最近、このテの話が多いんですよ。
 以前も、ある女性が、
 「小暮さんのファンでさ、どうしても会わせて欲しいという人がいるんだけど、会ってくれませんか?」
 と言われて会ったら、

 やっぱりオジサンでした。
 (このオジサンとは、今でも公私共に付き合いが続いています)

 あるときは、某情報誌の編集者と車で取材先へ向かう途中のこと。
 「あっ、そうそう。あの店のオーナーさんがね、小暮さんのファンで、小暮さんの本は全部持っているって言ってましたよ」
 と、とあるギャラリーを指さしました。

 「あのさ…、もしかして…、そのオーナーさんて…、男性?」
 
 と、嫌な予感がしたので、聞き返すと、
 案の定、
 「そうですよ、オジサンです」
 と答えられ、またもや、へこんでしまいました。


 そういえば、僕が講師を務める温泉講座の受講生も、初年度は男性がたった2人しかいなかったのに、年々男性が増えて、3年目を迎えた現在では、全体の半数を “オジサン” が占めています。

 と、思えば、講演会やセミナーなどでも、実に男性が多いんですね。
 これって、どういうことですかね?

 まぁ、別に、この仕事をしていて、若い女性にモテようとは思っていないんですけど、せめて熟女や老女(性別=女性) にモテたいものです。


 オヤジは、オヤジに惚れるものですか?
 それとも、オヤジは、温泉が大好きなんでしょうか?

 先日の四万温泉でのサイン会でも、やはりオバサンにまざって、オジサンの姿が多いのが気になりました。

 オジサンが、オジサンにサインをもらって、握手をしている姿って、はたから見たら異様な光景なんでしょうなぁ・・・

 なんだか良く理由は分かりませんが、なぜかオヤジはオヤジにモテるようであります。

 オジサンたち、これからも末永く、よろしくお願いしますね。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)

この記事へのコメント
小暮師匠がオジサンにモテる理由は簡単ですよ。

小暮師匠の考えに共感できるのと、小暮師匠がオジサンの代弁者になっているからです。

オジサンは、普通「一世ちゃんかわいいとか、AKBのファンですとか、美人女将と一杯」なんて、思っていてもシャイな性格と世間体を気にして、言えないものなんです。

ところが、小暮師匠は、そんなのを気にしないで言っちゃいます。

若い女性にモテたいと思っていても、普通のオジサンには無理な注文なのです。

温泉が好きな人たちには、若い人もたくさんいるのですが、小暮師匠の周りには、オジサンがいっぱい。

今後、小暮師匠が全国区の温泉ライターとなりオジサンの代弁者ではなく、若い人の代弁者になれば、若い女性がいっぱい寄ってきますよ(笑)

そうなるとオジサンは、もう小暮師匠に近づけない。

やっぱり今のままで、オジサンの星となって輝いていて下さい。

オジサンファンの一人として。
Posted by ヒロ坊 at 2011年11月17日 17:17
ヒロ坊さんへ

オジサンって、ピュアなんですよね。
少年が、オジサンのきぐるみを着ているだけですから。

ヒロ坊さんのコメント読んで、笑いころげましたよ。
ありがとうございます。
これからも、オジサンの星として頑張りま~す!(笑)
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年11月17日 19:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
なぜかオヤジはオヤジにモテるのです
    コメント(2)