温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年11月16日

川原湯温泉のゆくえ③


 「幹雄ちゃんとこ、解体しちゃうらしいですよ」
 「えっ、本当?」

 昨日、某観光協会の役員さんと、話をしたばかりでした。
 もちろん、驚いているほうが、僕です。

 そして一夜明けた今朝、県内の新聞は各紙一斉に、川原湯温泉 「柏屋旅館」 の解体ニュースを報じました。

 柏屋旅館の主人、豊田幹雄さんに最後にお会いしたのは、ちょうど2年前の11月でした。
 僕が講師を務める温泉講座で、受講生らと川原湯温泉を訪ね、柏屋さんで昼食をお世話になりました。

 その後、お電話で 「しばらくの間、宿泊営業を休業する」 との知らせを受けました。
 つづいて、隣の老舗旅館 「高田屋」 も休業し、すでに解体され更地になっています。

 あのとき、「絶対に再開させてくださいね」 という僕の言葉に、力強く 「ぜひ、その時は、また記事を書いてください」 と語っていた幹雄さん。
 今日、こうして、各新聞の紙面でお顔を拝見するのは、とても複雑な思いがします。


 「自分の代で看板を外すのは心苦しいが、必ず旅館を再開し、再び 『柏屋旅館』 の看板を揚げたい」(上毛新聞)

 「めそめそしていても仕方がない。看板にも2、3年、休息してもらい、次のステップにしたい」(読売新聞)

 移転予定のJR川原湯温泉駅周辺の整備は、いまだ難航している。
 代替地が完成していない状態での、旅館の取り壊しである。
 新しい旅館の建設を始められるのは、早くて2~3年先だという。
 さぞかし、不安なことだろう。

 江戸時代末期の創業という老舗旅館が、一時でも姿を消すのは、とても悲しいものがあります。
 でも、川原湯温泉が消えたわけでも、柏屋旅館がなくなってしまったわけでもありません。

 幹雄さんと、若女将の香織さんが元気でいる限り、必ず再び、お会いできるはずです。
 ぜひ、頑張ってください。

 また名物の 「お赤飯」 を、食べに行きますよ!


 ※最盛期に20軒以上の旅館があった川原湯温泉は、現在は5軒となっています。
   残っている旅館のほとんどが、代替地への移転を計画しています。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
始めまして♪
いつも楽しく拝読させて頂いております。

是非頑張って再開させてほしいですね。
Posted by あや at 2011年11月17日 09:10
新聞読みました

なにか進展する一段階と思っています。
同じ土俵にいても、進展しませんから、一歩前進として、見守りたいですね。
これだけ揉みくちゃになった日本ですから、全体的な視線で生きていきませんとね。助け合い・おたがいさま精神

本日夫婦冷戦の中、自分の事は棚にあげまくりでコメントしました。
Posted by ぴー at 2011年11月17日 10:54
あやさんへ

いつも、ありがとうございます。
川原湯温泉は、湯がいいですから、必ず復活しますよ!
温泉は、群馬の宝です。
みんなで、応援しましょうね。


ぴーさんへ

これも1つの “復興” です。
それも昭和から続いている長い長いダム戦争。
爪あとは、深くなるばかりですが、「湯力」 を信じています。
Posted by 小暮 at 2011年11月17日 15:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
川原湯温泉のゆくえ③
    コメント(3)