温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年11月17日

川中温泉 「かど半旅館」


 約2年ぶりに、川中温泉へ行ってきました。

 川中温泉といえば、群馬が全国に誇る “日本三美人の湯” の1つです。
 ちなみに、あとの2つは、

 龍神温泉(和歌山県) と 湯の川温泉(島根県) であります。
 が! この中で、唯一、川中温泉だけが一軒宿です。

 たった一軒で、“日本三美人の湯” という大看板を背負っているのですぞ!

 この “日本三美人の湯” 、誰が名付けたのか? いつから呼ばれるようになったのか? は不明なのですが、調べてみると、最初の出典は、大正時代のロングセラー、鉄道省編 『温泉案内』 の効能一覧に、この3ヶ所の温泉が 「色を白くする湯」 として登場するようです。

 日本人にとって、“美肌 = 美人” なのですね。

 で、実は、この 『温泉案内』 には、もう1ヶ所の温泉地が記載されています。
 実は、“四美人の湯” だったのですよ!

 その、もう1つとは?
 群馬県の 「松の湯温泉」 です。
 そう、これまた一軒宿の 「松渓館」 であります。

 ですから、本によっては、“三美人” と銘打って、上記の4ヵ所の温泉を上げているものもあります。


 前回訪ねたのは、約2年前ですが、僕が最初に取材で訪ね、泊めていただいたのは、かれこれ10年近く前になります。
 当時は、まだ先代女将の小林タミ子さんが元気で、名物の 「おっきりこみ」 を打って食べさせてくれました。
 (タミ子さんは、うどんを「打つ」ことを、「ぶつ」と言ってました)

 「ここに美人がいるわけじゃないよ、わたしは心の美人だからね。アッハハ!」
 そう、豪快に笑い放っていた姿が、なつかしく思い出されます。

 そんな名物女将のタミ子さんが、今春に亡くなられたことを今日、知らされました。
 享年、84歳。

 また会えると思って出かけたのに、とても残念でした。
 ご冥福をお祈りいたします。


 でも今日は、2代目女将の順子さんから、たっぷりと旅館奮闘話を聞いてきましたよ。
 ご主人の正明さんとの馴れ初めから、湯守の女房としての心意気まで、それはそれは楽しい時間でした。

 そして湯上がりには、伝統の味を受け継いだ名物の 「おっきりこみ」 を、しっかりとご馳走になりました。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)

この記事へのコメント
おきりこみの女将さん亡くなられたんだー(合掌)

美人の湯 なんとも響きのよい名前
湯に通えないならと、重曹をたっぷりいれてお風呂に入ったりして強がってますが、本物には到底叶うわけもなく。

自然化学の入浴剤は素敵(天然温泉成分)
Posted by ぴー at 2011年11月18日 09:32
ぴーさんへ

大女将のタミ子さんを、ご存知だったのですか?
現在は、息子さんがうどんを打ち、若女将と一緒に、伝統の味を守っていますよ。
ぜひ、また 「かど半旅館」 へ出かけてくださいな。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年11月18日 18:27
以前持っていた温泉ガイドの中に、
女将さんがお切り込みを打つ姿があり、名物女将とお切り込みが売りの宿ということを知ってました。
残念ながらお邪魔したことはなく、足を運びたい湯の一つです。
Posted by ぴー at 2011年11月19日 09:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
川中温泉 「かど半旅館」
    コメント(3)