温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年11月20日

でくの房 「暮れ展」 本日から開催!


 僕には、「殿」 と呼ぶお人がいます。
 といっても、ビートたけしさんじゃ、ありませんよ。

 絵本作家で、木彫家の前橋市在住作家、野村たかあきさんです。

 20代の頃に出会い、今日、僕がこのような人生を歩んでいられるのも、殿の “導き” があったからなのであります。
 結婚しているのに無職、主夫を隠れミノにプラプラしていた僕に、「表現することの楽しさ」 や 「モノを作ることの素晴らしさ」 を教えてくださった人なんです。

 そんな殿の、62回目の誕生日パーティーが昨晩開かれ、自称 「そのまんま東 = 一番弟子」 の僕も、お祝いの言葉を用意して、馳せ参じた次第であります。
 会場は、いつもの飲み屋 「H」。

 それでも、ママが腕によりをかけた料理が、いつもとは違った雰囲気で、ズラーリと並んでいました。
 カウンターだけの、本当に小さな店なんですよ。
 最近は、ここが殿のお気に入りの店です。

 ちゃーんと、バースデーケーキまで用意されていて、ローソクを立てて、明かりを消して、カラオケに合わせて 「パッピーバースデー」 を歌って、殿がローソクの炎を吹き消すと同時に、出席者全員がクラッカーを鳴らしました。

 パン! パン! パーン!!!

 ふと横を見ると、殿自身が “かぶりもの” をしていて、頭がバースデーケーキになっているではあ~りませんかっ!
 
 若い!
 というか、キャラが本家本元のビートたけしと完全に、かぶってるって!


 ま、その後いつものように、面白おかし話と、お得意の妄想話で、大いに盛り上がりました。
 殿からは現在、歌川広重を題材にした絵本を作られている話とか、県外でも個展の開催中だとか、それはそれは年齢を感じさせないパワフルで熱い熱い話が、ポンポンと飛び出して来ました。

 きぃー、これですよ、コレ!
 常に、未来形で人生が語られ、動いている人なんですね。
 さすが、殿です!

 そんな殿こと、野村たかあきさんの毎年恒例の作品展が、今日から野村さんのアトリエ兼ギャラリーの 「でくの房」 にて、開催されます。
 お待ちかねの2012年カレンダー 『鬼月から暦』(500円) や 『鬼の版画ごよみ』(1,000円) の販売のほかにも、木版画・木彫・絵本の展示即売会も行っています。

 ぜひ、この機会に、“殿” の作品に触れてみてください。
 必ず、元気をもらえるはずです!



      でくの房 『暮れ展』

 ●会 期   平成23年11月20日(日)~11月27日(日)
          12:00~17:00
 ●会 場   でくの房
          群馬県前橋市朝日町4-1-18
          TEL・FAX 027-243-7061
   

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 大事なことは飲み屋で決まる③ (2018-03-31 16:53)
 赤兎馬、宙を舞う。 (2018-01-17 12:41)

この記事へのコメント
「触れてみて」 と言われても。。。

代表作の小さな写真でもいいから、許可を得て載せてくれないと、海のものとも山のものとも。。。

前橋市が美術館構想
http://www.artsmaebashi.jp/
をぶちあげましたが、どうなることやら。
Posted by とや ひろし8057 at 2011年11月21日 09:02
とや ひろし8057 さんへ

「野村たかあき」 で検索してみてください。
読み切れないほどの情報が、出てくるはずですよ。
Posted by 小暮 at 2011年11月21日 13:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
でくの房 「暮れ展」 本日から開催!
    コメント(2)