温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年11月24日

師匠が愛した温泉


 『オイ、客よ、生まれてきたンだろ なら酔えよ、
  そして文句をたれてりゃいい』

 『酔うことよ 酒と煙草を止(や)める奴ぁ 
  最も意志の弱い奴である』

 『人生なんて 知るもんか 勝手に生きりゃ それでいい』


 最初に鎌田温泉の 「梅田屋旅館」 を訪ねたとき、その襖(ふすま)いっぱいに書かれた躍るヤンチャな文字と、軽妙かつ辛らつな言葉の数々に、圧倒されました。

 その文字の主は、今月21 日に亡くなられた天才落語家の立川談志師匠であります。


 4代目女将の星野由紀枝さんによれば、今は亡きご主人の賢二さんが、仲間らと高崎で寄席を企画した際に、出演した師匠をお連れしたときの “落書き” なのだといいます。

 いやいや、これは落書きなんぞじゃありませんぞ!
 今となれば、貴重な “書” いや、立派な “アート” であります。
 お宝になることは、間違いありませんって。

 「これは、師匠が酔っ払って書いたものなんです。次にお見えになったとき、『この間は酔っ払っていたから』 と、今度は隣の部屋に素面(しらふ) で書かれていきました(笑)」
 と、見せてくれた別の部屋にも、なななんと!4枚の襖すべてにブチ抜きで書かれていました。

 『何ィ俺は素面だァ この野郎 人生を 何だと思ってやんでぇ 
  人生なんて全て 成り行きだァな……』

 いゃ~、酒を飲んでいようが、素面だろうが、師匠の “毒舌” は健在だ!

 落書き(?) は、全部で襖12枚。
 どれも “毒” と “笑” があって、すべて面白いのだが、僕がお気に入りなのは、右の部屋の一番左の文言です。

 『俺の人生 梅田屋程度で 充分なのだ』

 いいですね~っ!
 一見、侮蔑しているようでいて、実は師匠の温かい愛情が伝わってくる言葉です。
 最高の賛辞では、ないでしょうか。

 いつか僕も、こんな言葉を、常宿にしている温泉旅館で、毒づいてみたいものです。


 談志師匠、ありがとうございます。
 師匠は、落語だけでなく、カッコイイ大人の男の生き方を見せてくださいましたよね。
 大したファンではありませんでしたが、いつもどこかで尊敬申し上げておりました。

 いつぞや、梅田屋旅館で奥様とお会いしたことがありましたが、残念ながら師匠とは一度もお会いできませんでした。
 でも、師匠が群馬の温泉を愛してくださったこと、常宿にしていた旅館に “書” を残されたことを、群馬県民として誇りに思っています。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
常宿に書をのこして、いかれるあたり素敵です

いい人生と家族をおもちなお人柄がにじみます



人生なんて成り行きだーーーー
Posted by ぴー at 2011年11月25日 14:17
ぴーさんへ

ぜひ一度、梅田屋旅館に泊まって、師匠の生“落書き” をご覧ください。
圧巻!ですぞっ!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年11月25日 18:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
師匠が愛した温泉
    コメント(2)