温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年12月16日

そんな仕事は辞めちまえ!


 昨晩は、テレビニュースを見ていて、久しぶりにムカッ腹が立ちました。

 「1歳の息子を10階から放り投げる」
 「大手ゼネコン社員の男 殺人未遂容疑で逮捕」

 奇跡的に子どもは、マンション下の植え込みがクッションとなり、一命は取り留めたといいます。

 で、その男の動機に、ムカッ腹が立ったんですよ。

 「仕事で悩んでいた」

 ざけんじゃ、ねーぞぉぉぉぉ!

 なんだ、その理由は?
 みんな仕事で悩んでいるんだよ。
 悩まないでできる仕事なんて、世の中に1つもないの!
 でも、仕事は悩むから面白いんじゃねーかい。

 僕なんて、いっつも悩んでいますよ。
 「次のコラム何書こう・・・」
 「ああ、仕事がブッキングしそうだ」
 「俺って、文才ないかも・・・」
 「きゃあ~、明日、閉め切りだぁー!」
 て、ね。

 でも、仕事で悩めるなんて、幸せな証拠ですよ。
 だから、この男、言い訳を摩り替えていますね。

 “仕事で悩んでいた” のではなく、“イヤな仕事を我慢していた” んじゃないかなぁ。

 答えは簡単だ。
 そんな仕事は、辞めちまえばいいんだよ。
 そして、お前さんの好きな仕事を探せ!

 て、僕がいうと、きっと、こう言うんでしょうね。
 「家族はどうするんだ?」って。

 だから、好きな仕事をすればいいんだ。
 そうすれば、ストレスのほこ先を子どもへなんて向けやしない。

 いつもお父さんが家の中でも外でも、楽しそうに生きていれば、子どもなんて、その姿を見て勝手に育つものだ。


 僕は、自分の子どもたちに、“人生はイヤなことから逃げていいんだ” と教えてきました。
 「我慢」 には、“していい我慢” と、“しなくていい我慢” があることをね。

 「押し付けられたら、逃げなさい」
 でも、自分が好きで選んだことや人生からは、「決して逃げてはいけない」 ことを。
 でも、自分のためにする我慢って、楽しいものですよ。
 その間は、マラソンのゴールをイメージしながら走っている長距離ランナーの気分と同じですから。

 でも、他人のための我慢は、いつか崩壊します。
 この男も、大手ゼネコン社員というエリート世界の中で我慢し続けていることを、家族に言えなかったんでしょうな。
 家族は家族で、「お父さん、家族のために頑張ってね」 なんて言って、平気でプレッシャーをかけていたことでしょう。


 日本は、12年間連続、自殺者が3万人を突破しています。
 その半数以上が、家族を抱える中高年お父さんたちです。

 言い訳なんてするまえに、逃げろ!

 <自由に生きる方法なんて100通りだってあるさ>
   って、浜田省吾だって歌っているじゃないか。


 とりあえず温泉へ行って、ボーっとしてみんしゃい。
 温泉の神様が、生きるヒントを授けてくれるでしょう。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)

この記事へのコメント
「♫君も 最後に勝つために 戦線離脱せよ! 勝負の時じゃない今は 逃げるが勝ちだぜ ヘイ!スタコラサ…」

怒髪天の「我が逃走」を聴くべきです。
Posted by 勘太郎 at 2011年12月16日 15:57
とても嫌なニュースでしたね

仕事内容と 言うより収入が ストレスの割に合わないのが 要因かと?

精神と物質のバランスが大事だと 考える

政治家 官僚 東電 御用学者の人は この事件を どう思うか 聞いてみたい。
|д°) 政治家や新聞から 電話が 着たら消して下さいね
Posted by momotaka at 2011年12月16日 17:24
このニュース親のエゴだと思いました。日本人の美意識?なのか永年勤続が認められる。というのか、とにかく転職を繰り返している人間は失格。永年勤続が普通。という概念が私はあると思うので、このお父さんもその真面目さゆえの凶行だったのでは?人間、生きてりゃいろいろあるじゃん。
なので、このお父さんばかりを責められない。もちろん嫌な仕事なら辞めれば良いだけのこと。辞められなかった理由を知りたい。
好きな仕事につけるのは、ごくわずか。好きな仕事で食べていけなくなり清掃の仕事をしている私。それでも清掃の仕事の中で楽しみを見つけながらいる。その環境に適応できないからストレスがたまるのか?適応能力がないからストレスになるの?
Posted by 草津っ娘? at 2011年12月17日 00:58
勘太郎さん、momotakaさん、草津っ娘?さんへ

コメントをありがとうございます。
“ストレス”が、うつ病や自殺を引き起こす病原であるならば、今こそ温泉による 「心の湯治」 を積極的に取り入れるべきだと思います。
湯の国、群馬が 「心の湯治」 の先進県として名乗り出てほしいものですね。
Posted by 小暮 at 2011年12月17日 14:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
そんな仕事は辞めちまえ!
    コメント(4)