温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年12月17日

大人の忘年会


 子どもの頃から 「便所の100ワット」 なんて呼ばれるくらいのお調子者ですから、宴会となれば率先して幹事を引き受け、会の進行を仕切り、場を盛り上げる役を買って出てしまうタイプであります。

 基本的に、酒は楽しく飲むものであり、はしゃぐのが好きなほうで、時々、度が過ぎてしまいハメをはずして、叱られることもたびたび・・・。

 誰に叱られるのかって?
 ハイ、お店の人や他のお客さんからです。
 「ちょっと静かにしてもらえませんか」ってね(反省)

 とにかく、地声が大きいもので、本人は普通に話しているつもりでも、世間一般には “叫んでいる” ように聞こえるらしいんですよ。
 「小暮さんって、元応援団ですか?」
 なんて言われることもあるくらい、声がでかいんです。
 (友人たちは、僕からの電話は、耳から受話器を離して聞くという)

 でも、さすが50歳を過ぎたあたりから、はしゃぎ過ぎた宴会の翌日は、ドッと疲れが出るようになりました。
 そろそろ、大人の飲み方をしないとなぁ・・・と、反省しきりの今日この頃であります。


 で、昨晩は、久しぶりに “大人の忘年会” に参加してきました。

 場所は、新前橋駅前にあるJ新聞社からほど近い、「T」 という今月オープンしたばかりの酒亭であります。
 「魚がうまい」 とのウワサを聞いて、会場が即、決定!
 夕刻から奥の座敷に陣取って、静かに宴の始まりです。

 顔を合わせたのは、僕の温泉本のプロデューサーであるK氏と出版元のT部長。
 そして、僕の3人という実にアダルトで、はしゃぎようのないメンバーです。

 「今年もまた本を出版することができました。ありがとうございました」
 と僕から2人に一年の礼を述べながら、とりあえず生ビールで乾杯です。

 すぐに日本酒の徳利が並び出し、海の幸を肴に、話はすでに来年の出版話で盛り上がり出しました。

 「来年は、いい意味で小暮さんの読者を裏切ってみたいですね」
 とT部長が言えば、
 「すでに取材は始まっているのですが、今までに増して面白い宿やユニークな主人が多いので、楽しみですよ」
 とK氏が言葉をつなぎます。

 「実は来年は、●新聞から新連載の話が来ているんでよ。僕の本の出版元でもあるJ新聞でも何か連載を書きたいですね」
 と僕が珍しく真面目な口調で話を持ちかけると、
 「ぜひ、お願いしますよ。いいネタはありますか?」
 とT部長。
 「“○○○温泉”なんて、どうですか? まだ、どこにも書いていないし、J新聞らしいシリーズだと思いますけど……」
 「以前に小暮さんが話していたヤツですね。それなら、そのまま出版化できそうですよ」

 とかなんとか、実に発展的で大人の会話をしちゃったりしたのです。


 おおぉぉぉ、気が付けば徳利がズラ~リとテーブルの上に何本も寝転んでいます。
 はしゃがず、あばれず、粛々と大人たちは酒を飲み、語り合った結果であります。

 お陰で、いつもより飲み過ぎてしまい、今日は昼近くまでベッドから抜け出すことができませんでした。

 「大人の忘年会」 も、これはこれで疲れるものです。


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 秘密のH (2018-12-06 11:30)
 三人会 (2018-11-30 19:18)
 ちょっと、ひと休み (2018-10-19 11:27)
 イルカに乗ったひまわり娘 (2018-10-08 17:08)
 魔法のチケット (2018-09-26 14:57)
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)

この記事へのコメント
ご無沙汰しております。お元気そうですね!昨日、日本テレビの「ズームインサタディ」という番組の取材があって、私が怪物くんのカッコしてレポーターと城内を案内するところが放映されることになりました。12月24日朝7:20~7:40の間の5~6分間予定です。よろしかったら御覧下さいませ!おじさんパワー出してますので。ポックンにも宜しくお伝えください!宣伝みたいですみません。
Posted by 斎藤稔 at 2011年12月17日 19:24
斎藤稔さんへ

ポックンは、いよいよ油絵画家としてデビューすることになりましたよ。
やっとオヤジさんの呪縛が解かれたようです。
新年早々、個展が開かれる予定です。
Posted by 小暮 at 2011年12月17日 20:44
大人の忘年会を昨日してきました。

いつも電話連絡で開催を知らせ合っていたのですが、次回からはメールで連絡しあおうという事になり、メルアドの交換を。

若い人なら、赤外線であっという間にメルアド交換が出来ると思うのですが、大人の忘年会なので、5人が全員に交換できるまで1時間。

酔っ払っているだけではなく、自分のメルアドをどうやって見つけたら良いかわからない。

送られてきたメルアドをどうやって登録したらいいのかわからない。

スマートホンに変えたばっかりなので、どうやったらいいのかわからない。

自分の携帯ではない他人の携帯の使い方は、全然わからない等々。

酔いも醒めるような大人の忘年会でした(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2011年12月18日 17:52
ヒロ坊さんへ

最近、思うのですが、大人たちはみんな無理をしていませんかね?
文明のスピードと人間の進化のスピードが合ってないように思われます。
昔のように、電話して 「今から飲みに行かないか?」 で、いいと思います。
Posted by 小暮 at 2011年12月19日 01:59
小暮師匠

確かに、大人たちは無理をしている、いやさせられているみたいです。

若者には使いこなせても、大人には無理なものが世の中にはいっぱい。

駅にある、自動券売機は多機能すぎて無理。

インターネットでの宿泊の予約システムは、本当に予約が取れたのか当日まで心配。

クレジットカードは、盗まれたり落としたりしないかとこれまた心配。

カーナビは、まっすぐ行けばいい道を、何度も曲がるように指示。

こんな不便な世の中に誰がしたんだ(涙)
Posted by ヒロ坊 at 2011年12月19日 17:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大人の忘年会
    コメント(5)