温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年12月24日

師走の温泉夜話


 先日、我らのたまり場、酒処「H」 のママから、
 「お年賀に、ジュンちゃんの本を使いたいんだけど・・・」
 という電話をいたただきました。

 嬉しいじゃ、あ~りませんか!

 お年賀に、温泉本とは、正月から粋でいいですね。
 こんな風に、自分の本を利用していただけるとは、これは著者冥利につきるというものです。

 「そりぁ~、喜んで! 10冊でも20冊でも100冊でも、お持ちしまっせ」
 ということで、昨晩、温泉本を 「H」 まで配達に行ってきました。


 当然、配達だけで帰れるほど、僕の心は強くありません。
 まだ5時半だというのに、数名の常連さんが、すでに赤ら顔でやっています。
 なら、僕だって、少しぐらいはね。

 と、まずは軽く1杯、生ビールで乾いたノドをうるおしつつ、出された料理に箸をのばしつつ、2杯目も飲み干した頃、ケータイが鳴りました。
 A新聞社の I 記者からであります。

 「もう、小暮さん飲んでるの? 上野村の元村長が亡くなっちゃってさ、急きょ、その原稿書いてから行くから、1時間くらい遅れます。まだ居ますよね?」

 居るも居ないも、まだ飲み出したところであります。
 これから、やっと日本酒に手を出すところですから……。
 と思ったら、ドーーーンとカウンターの上に一升瓶が置かれましたよ。

 さすが、ママったら、のん兵衛の気持ちを分かっておりまする。

 こうなりゃ、ジャンジャンやりましょう!
 「昨日は冬至だし、明日はクリスマスイブだもんね」
 とかなんとか、意味不明の理由をこじつけて、常連たちと宴の始まりです。


 「小暮さんて、温泉ライターの小暮さん?」
 と、カウンターの先から、見知らぬ人の声がしました。
 「そーよ、知っているの?」
 とママの声。
 「知っているもなにも、俺は温泉フリークだぜ! 本だってもってるよ」

 と、ここまで会話を聞けば、本人が出て行かないわけにはいきません。
 ご挨拶、ご挨拶。

 そしたら、他の2名のお客さんも僕の本を持っていると言い出した!
 なに?
 ここにいる客は、全員僕の本を持っているの?!
 スゲーっ!

 あとの残りは、遅れてきたI 記者とママと僕本人だもの、100パーセント本の所有者だ!
 いゃあ~、うれしいの、なんのって、これまたライター冥利であります。

 と、いうことは、みんなみんな温泉が、だーい好き!
 ならば、今夜は、ほろ酔い気分で “温泉夜話” とシャレ込みますか~!


 ついつい僕も気分を良くしてしまい、あんな話やこんな話、「あらまっ」 という裏話や 「へぇ~」 と驚きのトリビア話などを、まるでセミナーか講演会の気分で、披露してしまいましたとさ。

 気がつけば、午前様であります。
 またまた、はしゃぎ過ぎてしまいました。

 でも、みんな温泉が好きで、温泉の話も好きで、美味しいお酒と料理と、美人のママと、ゆかいな仲間が集まれるということは、幸せなことであります。
 「ああ、この仕事をしていて、楽しいなぁ」
 と思えた夜だったのであります。


 ママさん、常連さん、みんなみんな、ありがとうございます。
 みなさんのおかげで、こうして今年も楽しく暮れようとしています。
 また来年も楽しく飲みましょうね。

 良いお年を、お迎えください。
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 大事なことは飲み屋で決まる③ (2018-03-31 16:53)
 赤兎馬、宙を舞う。 (2018-01-17 12:41)

この記事へのコメント
その中に入りたかったな〜。本も持っているし、日本酒も好きだし、なんたって温泉大好きだし。
Posted by ヒロ坊 at 2011年12月24日 22:57
日本酒は苦手だけれど私も、そのお仲間に入りたかったです。
Posted by 草津っ娘? at 2011年12月25日 01:29
ヒロ坊さんへ

来年は、ぜひ、ひざを突き合わせながら差しつ差されつ、夜通し “温泉夜話” をやりましょう!
「前橋つきよの会」 という一大イベントもありますしね。


草津っ娘?さんへ

来年は、また積善館でライブの話もあります。
ぜひ、その晩は泊まっていただいて、語り明かせたらと思います。
Posted by 小暮 at 2011年12月25日 01:53
温泉トレビアのお話し とっても楽しかったです。

蕎麦好きの 私 変わったお蕎麦屋さん探しては 近くの温泉寄るのが 至福のひとときでした。
今はチョイと 時間足らずで …
でも お話聞いて また 俄然行く気モリモリ!
時間は 自分で 作らねば! ですよね

涙もろくなった 師匠

歳を 重ねるのも 良いもんですね〜

また お話聞かせて下さい
楽しい ひととき
ありがとう でした。
Posted by イチゴ at 2011年12月25日 12:53
イチゴさんへ

こちらこそ、ごちそうさまでした。
イチゴさんの料理は、いつもいつも絶品です!
美味しい料理と美味しいお酒、美人のママとゆかいな仲間がいれば、もう他に望むものはありませんって。
あっ、あと温泉があればね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年12月25日 18:52
ああっ♪
僕も、その酒を飲みながら温泉談義に混ぜていただきたかったです(^o^)v
僕も小暮さんの本を愛読していますので機会がありましたら記念にサインをお願いしますm(__)m
Posted by 温泉ソムリエ@旅芸人 at 2011年12月26日 11:45
温泉ソムリエ@旅芸人さんへ

了解っす!
サインに似顔絵落かんまで押しちゃいますよ。
いつか、お会いする日を楽しみにしています。
Posted by 小暮 at 2011年12月26日 17:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
師走の温泉夜話
    コメント(7)