温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年12月25日

正しい年賀状


 今年も残りわずかとなりました。
 みなさんは、もう年賀状は出されましたか?

 僕は、やっと半分書きました。

 なんだか年々、出す年賀状が増えていくのですよ。
 で、決まって 「あっ、この人出してない!」 と正月明けにあわててしまうことに。
 だから今年も年賀状の枚数を、昨年より増やしました。

 “前年度の年賀状 + 今年出会った人 = 年々増え続ける”

 であるわけですから、この先、キリがありません。
 どこかで線引きをして、フルイにかけて、人員整理をしないと大変なことになりかねませんぞ!

 では、どこで 「出す人」 と 「出さない人」 を区別するのか?


 以前、といっても、もう10年以上も前ですけど、某紙に頼まれて、年賀状に関するコラムを寄稿したことがありました。
 その時、僕が書いたコラムのタイトルが、
 『正しい年賀状の出し方』
 というものでした。

 今、読み返してみると、こんなことが書かれています。
 もらって迷惑、不快になる年賀状について・・・

 ①招待状や喪中ハガキじゃないんだから、スミ1色の活字だけの印刷は
   やめてほしい。
   せめて近況報告の1行でも、手書きが加わっていれば救われるけど、
   宛て名や住所まで印字だったり、シールだったりすると、その人の
   イヤイヤ出している顔まで
   想像できて、ゲンナリしてしまう。

 ②お互いプライベートの付き合いをしているのだから、会社のハガキを
   そのまま使うのはやめてほしい。


 そして、一番困る年賀状として、誰から来たか分からないハガキをあげています。

 ③印刷しかも家族の名前が、ズラ~リと並んだ旦那や子供との連名のハガキ。
   結婚した年だけは(旧姓)があるからわかるけど、何年かして、しかもその後、
   疎遠になってしまっている女性から突然、また来るようになったハガキは困る。
   せめて、「私はこれ」 と名前を○で囲んでおいてほしい。


 さらに、極めつけとしてあげているのが、写真付き年賀状です。

 ④子供だけが写っている写真を毎年送りつけてくる困った親バカちゃんは、
   いったい子供が何才まで送ってくるつもりなのでしょうか。
   「息子も20才になりました」 なんて、成人した子供の写真を送ってこられたら
   どうしましょう。


 と、つらつらと書かれています。
 でも、今は、めっきり子供の写真を送りつけてくる人は少なくなりましたね。
 もう、子供が大きくなってしまったのでしょうな。
 代わって増えたのが、お孫ちゃんやペットの写真です。

 なかには家族の集合写真を送ってくる同級生もいます。
 でも、これは笑っちゃいます。
 卒業以来、一度も会っていないのですから、その空白の年月を物語る彼の前頭部の光沢が、年々広くなっていくのですよ。

 子供の成長記録より、本人の 「老化記録」 を送ってくださるのは、楽しいので大歓迎であります。


 さ、グダグダとくだらないことを言ってないで、残り半分の年賀状を書くことにしましょうかね。

 ちなみに、来年の僕の年賀状は、似顔絵入りです。
 友人・知人・親戚・仕事関係のみなさん、楽しみに待っていてくださいね。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
拝見させていただきましま
Posted by ティンバーランド at 2011年12月26日 18:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
正しい年賀状
    コメント(1)