温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年12月27日

夢のタイムカプセル


 「少年の日、僕は今を夢見てた」


 これは、僕の人生で、ときどき登場するコピーです。

 どんな、ときか?
 それは、夢が叶ったときです。

 最初に使ったのは、27歳で初のソロコンサートを開催したときでした。
 DMやチラシなどに刷り込んだのを覚えています。

 次に登場したのは、確か37歳のとき。
 初のエッセー本を出版したときです。

 そして3度目は、47歳でした。
 初のエッセー展という、言葉をパネルにした展示会を開催したときです。
 前橋・宇都宮・安城(愛知県)・横浜の4会場で開催され、当時は、現地の新聞が取り上げてくれるなど、ちょっぴり話題になりました。

 思えば、すべて 「7」 の歳に訪れているんですね。


 で、どうして、こんな言葉を使うのかというと・・・

 まず 「少年の日」 とは、過去の自分です。
 そして 「今を」 というのは、未来の自分を指します。

 過去に僕は、未来の自分宛てに、“夢のタイムカプセル” をいくつも送っているのです。
 そして、そのタイムカプセルには、夢の叶う日の 「日付け」 が記されています。
 もちろん、受取人は、「未来の自分」です。


 誰でも、夢を見ますよね。

 でも、たいがいの人は、見るだけで終わってしまう。
 だから、夢が叶っているのか、叶わなかったのかの確認をしない。
 そして、夢を見たことさえ忘れてしまう。

 大きな夢じゃなくてもいいんです。
 あこがれ、程度でもいいんですよ。
 思ったり、感じたりしたら、すぐに 「実現する日」 の日付けをつけて、未来の自分へ投函するのです。

 当然、未配達もたくさんありますよ。
 誤配もあるかもしれません。

 でもね、10年に1通くらい “夢のタイムカプセル” が届くことがあるんですね。
 だから、僕は今でも、せっせせっせと未来の自分へお手紙を書いているんです。


 たとえば、2000年の10月。
 四万温泉でイベントがあり、僕は作家&パネリストとして参加しました。
 そのとき、僕は四万温泉の湯と自然の豊かさに惚れ込んでしまいました。

 「いつか、四万温泉の本を書いてみたい!」

 そう強く心に念じ、未来の自分へ “夢のタイムカプセル” を送りました。

 そしたら、ちゃーんと、今年の秋に届いたんですよ!
 日付けも、ほぼ 「10年後」 と合っていました。


 でも、最近、思うんです。
 若い頃に比べると、未来の量がだんだん少なくなってしまったなぁ~、と。
 あまり欲張って “夢のタイムカプセル” を未来の自分にたくさん送ると、全部開ける前に、死んじゃうんじゃないかってね。

 でも、いいんです。
 そのときは、僕を知っている誰かが、そのタイムカプセルを開けてくれればね。


 そして、そこには、こう書かれているはずです。

 「僕は今を夢見てた」
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)

この記事へのコメント
念ずれば花ひらく

思ってアンテナを張っていると、その道に進むみたいですね人生は
多分人より思いが強いのか(強引なのか?笑)、思って(夢?)いることは現実になってきたようです。

師匠とこうやってヤリトリできたらいいなー
というのもその一つです。
Posted by ぴー at 2011年12月28日 09:06
夢と言うより あるべき姿なのでしょうが

脳を動かす為には 必要な目標設定だと思います。
Posted by momotaka at 2011年12月28日 12:38
ぴーさんへ

そうですか、念じていてくれたのですね。
ありがとうございます。
では、今度は 「会えますように!」 と念じていてください。
きっと、花が開きますよ。


momotakaさんへ

年々、その脳が動かなくなるのではと、
老化が心配です。
でも、使っていれば老いないといいます。
来年も、フル回転させねば!
Posted by 小暮 at 2011年12月28日 20:31
念じてます
Posted by ぴー at 2011年12月29日 09:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
夢のタイムカプセル
    コメント(4)