温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年01月10日

四万温泉 「積善館」③


 新年最初の取材へ行ってきました。
 四万温泉の老舗旅館 「積善館」 であります。

 ま、積善館とは、もう20年来の付き合いですし、本や雑誌の取材、温泉講座でも、たびたび訪れているので、今さら聞くこともないのですが、これが、どーしても積善館を新春一発目に取材しなくてはならなかったのですよ。

 それは、19代目主人の黒澤大二郎さんと温泉に入るためです!


 なんのことを言っているのだか、さっぱり分からないって?

 では、ご説明しましょう。
 実は、来月より朝日新聞紙上にて、新しい連載が始まるのです。
 それも、かつて、どの新聞でも雑誌でも試みたことのない、新企画なのです。
 そのコンセプトは?

 “湯守と一緒に温泉に入る” であります。

 どーです?
 みなさんは、そんな記事を見たことありますか?

 要は、筆者(僕です) と湯守(旅館の主人) が、仲良く温泉に入りながら対談するという、前代未聞の新シリーズであります。


 現在、朝日新聞では 『湯守の女房』 という、女将さんに話を聞くシリーズの連載をしていますが、女将さんは女性ですから、なかなか裸にはなってもらえません。
 でも、ご主人なら、男同士ですから “裸の付き合い” ができるというものです。

 で、新連載の第1回目の出演は、古い友人である大ちゃん(僕は黒澤さんのことを、こう呼びます) にお願いしたのです。
 もちろん、二つ返事にて、快諾していただきましたよ。


 撮影場所は、ご存知 「元禄の湯」 であります。

 昭和5年建築。
 国の有形登録文化財、群馬県近代遺産に指定されている “悠久の名湯” であります。

 大正ロマネスク様式を用いた半円アーチ型の窓とシンメトリーに並んだ5つの湯舟が美しい湯殿・・・
 そこに、むさくるしいオヤジが2人!

 いやぁ~、絵になりますこと!

 カメラマンも 「いいですねぇ」 を連発しながら、海水パンツ姿にて、床に寝そべって渾身のショットを狙います。

 大ちゃんとは、旧知の仲。
 積善館の歴史や湯への思いなどを語りながら、それはそれは楽しい時間を過ごすことができました。


 新シリーズは、2月の第1水曜日より不定期にて連載されます。
 これは、乞う、ご期待ですぞ!


 ※早くも今日の取材風景が、積善館HPの 「積善館だより」 にアップされています。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
積善は温泉好きの憧れの地

ドクターは、よくはないけど、最悪くでもない と、申しております。

全解禁! めざして摂生の日々かと心得ました。
Posted by ぴー at 2012年01月11日 10:25
ぴーさんへ

どのような症状なのか存じませんが、ご自愛くださいませ。
一日も早く、大好きな温泉に入れるといいですね。
Posted by 小暮 at 2012年01月11日 13:20
ありがとうございます

鬼婆(?)でもいなければ、温泉に湯治に行ってると思います。(笑)
でもわりと元気なんです。
変わりがいないので、仕事も家事も普通にしてますし。
Posted by ぴー at 2012年01月11日 13:46
積善館のブログ拝見しました♪
朝日新聞の記事も楽しみです(^o^)v

そしてFacebookの方もリンクでイイネしておきました。
Posted by 温泉ソムリエ@旅芸人 at 2012年01月11日 20:04
温泉ソムリエ@旅芸人さんへ

ありがとうございます。
ま、いろんなことを、試行錯誤しながらしているわけでして、いつかは群馬の温泉がブランドになればと思っております。
お力を、貸してくださいませ。
今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 at 2012年01月12日 00:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
四万温泉 「積善館」③
    コメント(5)