温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年01月11日

『誕生日の夜』 ⑥



 線路沿いにあるそのお店は、ケーキ屋さんというよりは、パンもアイスも、お団子も、なんでも売っているお菓子のコンビニエンスストアのような店でした。
 お店の前には、まだオープンの花輪が飾ってあります。

 お父さんがお店に着いたときは、ちょうど若い女の店員さんが、入り口のシャッターをしめようとしているところでした。

 「あの……、もう、おしまいですか?」
 お父さんが声をかけると、店員さんはちょっと迷惑そうな顔をして、
 「えっ、……どうぞ」
 と、ぶっきらぼうに言いました。

 店内に入って、ショーケースを見まわすと、ほとんどのケーキが売り切れていました。
 まるいデコレーションケーキが二つ、売れ残ったように置かれているだけです。
 でも、どちらも二千円以上だったので、お父さんはがっかりしました。

 店員さんを見ると、早くお店をしめて帰りたいようで、しきりに時計ばかり気にしています。

 「あのー、ケーキはここにあるだけですよねー。
  あの……、これより小さいケーキって、ありませんよね……」
 お父さんが、おどおどしながら店員さんにたずねると、
 「はい」
 と、ひと言、不機嫌な声がかえってきました。


 お父さんが仕方なく、お店を出ようとしたときです。

 「おーい、店しめたら、終わりにしていいぞ!」
 お店の奥のほうから声がして、コックさんがかぶる白い帽子を頭にのせた人が現れました。
 お父さんと同じ年くらいのメガネをかけた男の人です。

 その男の人は、店内にお父さんがいることに気づくと、一瞬、驚いたようでしたが、すぐに笑顔をつくって、「いらっしゃいませ」と、ていねいにあいさつをしました。

 「店長ー、こちらのお客さんが、これより小さいケーキはないのかってー」

 店員さんがそう言うと、店長さんは小さな声で、「きみは、もう帰っていいよ」 と言いました。
 そして、カウンターの奥から出てくると、お父さんに言いました。

 「どのくらいのサイズを、ご希望でしょうか?」
 「あ、あの、二人だけで食べるものですから、本当に小さくていいんです」
 お父さんが言うと、店長さんは少し考えるような顔をしながら、お店の奥へ入って行きました。


 しばらくすると店長さんは、ニコニコしながら出てきて、お父さんに言いました。
 「少しお時間がかかってもよろしければ、これから作りますけど、お急ぎですか?」
 「えっ、はぁ……。いえ、あの……」

 お父さんは保育園で待っているしおりちゃんのことも気になりますが、今は時間よりもケーキの値段のほうが気が気ではありません。

 「あの……、おいくらですか?」
 「千三百円になりますが、よろしいですか?」


 「は、はい。それください。それを!」

 うれしさのあまり、お父さんは大きな声をあげていました。


    <つづく> 


同じカテゴリー(誕生日の夜)の記事
 思わぬ伝言 (2017-09-13 17:14)
 『誕生日の夜』 原画展&朗読会 (2014-09-25 19:48)
 DVD、今日から発売! (2013-06-27 17:37)
 本日、試写会。いよいよDVD発売! (2013-06-03 19:03)
 『誕生日の夜』 朗読DVD (2013-02-20 22:13)
 『誕生日の夜』 が小学校で・・・ (2012-03-08 18:41)

この記事へのコメント
閉店間際のお客様、クレームを言ってくるお客様を親身になって対応することは、商売の鉄則です。
その後は、良いお客様になることが多いのです。

お父さんは、残っているデコレーションケーキを安く買えるのではないかなあ。お店のご主人まけてやってよ。
Posted by ヒロ坊 at 2012年01月11日 20:53
こんにちは、このお話は本当に感動致します。昨日、うちにお見えになった方がこの本を読んで、小学生達に是非読み聞かせをしたいということでお借りしたいとの申し出がありました。
その方は本当にこのお話に感動して、今の子供たちに聞かせてやりたいとおっしゃっておりました。
ちなみに元、小中学校の先生で現在は学童保育をしているようです。
本当に感動する話です。自分もこの店長さんみたいにどんな状況でも少しでもお役に立てるようにしたいと常日頃から思っております。
良いお話をありがとうございます。
Posted by kaoru kimura at 2012年01月11日 23:48
(□□ヘ) そんな展開が…
予算に合った ケーキを供給するとは

此が 小暮様のこだわりなのでしょうか?

今日 大地の湯へ出掛けたら いいお湯でした〜♪

カレーライス食べたら 大根が入ってましたΣ(・∀・;)

初めての食感
Posted by momotaka at 2012年01月12日 00:04
ヒロ坊さんへ

店長さんは、それ以上の “心のサービス” をしてくれます。
いよいよ、次回は最終回です。
お楽しみください。


kaoru kimuraさんへ

そーでしたか、ありがとうございます。
ぜひ、その先生にお伝えください。
ご要望があれば、絵本をお届けしますと。
今後とも、よろしくお願いいたします。


momotakaさんへ

カレーライスに、大根?
僕はまだ、食べてません。
今度、挑戦してみます。
Posted by 小暮 at 2012年01月12日 00:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『誕生日の夜』 ⑥
    コメント(4)