温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年01月18日

猿ヶ京温泉 「宮野旅館」


 いい温泉旅館の条件とは?

 1に 「湯」、2に 「人」 ・・・
 3、4がなくて、5に 「歴史」 でしょうかね。
 僕の場合。


 ま、湯が良くて、宿の人が良ければ、及第点(合格) であります。
 100点満点の80点以上の評価となります。
 プラス、歴史と文化が加われば申し分ありません。

 料理?
 料理は、まずくなければOKです。
 ただし、海なし県の場合、海のモノが出ると減点対象になります。
 (食材の一部なら目をつむりますが、刺身はアウト!)


 で、昨日訪ねた猿ヶ京温泉の 「宮野旅館」 は、久々に及第点以上の素晴らしい宿でした。
 何が素晴らしいかって、加水なし、加温なしの源泉かけ流し風呂も絶品でしたが、何よりも女将さんの人柄ですよ。
 いや~、久しぶりに腹から笑いました!

 女将の林江美子さんは、20年以上の旅館勤めを経て、平成5年に自宅を改築して旅館を始めました。
 「宮野」 というのは名字ではなく、この地区の字名とのことです。

 何がすごいかって、一切の看板がありません。
 国道にも、温泉街に入ってからも、あぜ道に入り込んでからも、なーんにも案内板がないんですよ。

 「初めてのお客さんは、みんな迷路に迷い込んで迷子になっちゃうんさね。ウワッハハハ~!」
 と豪快に、笑い飛ばします。

 広告を出したこともなし。
 一切の宣伝をせずに、口コミだけで19年間、旅館業を営んできた。

 「なんで看板を出さないんですか?」 と僕が問えば、
 「何にも考えてないからさ。ウワッハハハ」

 「それで、大丈夫なんですか?」と聞けば、
 「なんでも適当、適当が一番だよ。ウワッハハハ」
 と、笑い声でけむに巻かれてしまう。

 部屋数は、たったの5部屋。
 息子さんと2人だけでやっているから、これで精一杯だと言う。
 「借金がキライだからね。このままでいいの。自分の身の丈にあった旅館なのよ。ウワッハハハ」

 僕が訪ねたときも、前橋から来たという湯治客が数人、連泊していました。

 「このたくあん、美味しいですね」 と、出された漬け物を食べ出したら、手が止まらなくなってしまいました。
 ふだんは漬け物をあまり食べない僕ですが、魔法にかかったように、次から次へと口の中にたくあんが入って行きます。
 「そーかい、そんなにウマイかい? だったらあげるから持ってぎなよ」
 と、漬け込んだ樽から出して、おすそ分けしてくれました。

 大根も女将さんが畑で作っています。
 もちろん、漬けたのも女将さんです。

 華美な宿ではないけれど、あったかい宿であります。
 湯のぬくもりと、人のぬくもりが、いっぱい詰まった温泉宿なんですね。


 「秘湯は人なり」
 という言葉があります。

 ここは猿ヶ京温泉でも、温泉街から1軒だけポツンと離れた山のドン詰まり・・・。

 温泉宿って、訪ねてみないと、分からないものですね。


 女将さん、また来るね!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)

この記事へのコメント
おいらも こんな 山のどん詰まりの一軒宿に 泊まってみたいざんす。猿ヶ京って 名前もいいわい。
Posted by お汁粉ちゃん at 2012年01月18日 23:49
お汁粉ちゃんへ

県内には、動物の名前が付いた温泉が他にもあります。
鹿沢温泉、猪ノ田温泉、鳩ノ湯温泉・・・
霧積温泉も、昔は 「犬の湯」 と呼ばれていました。
みんな温泉の発見伝説と関係がある古湯です。
Posted by 小暮 at 2012年01月19日 08:59
某旅行番組で 猿ケ京と法師が出てました

温泉は観光だから 無理も無いかと思いましたが

あれ程 温泉のイメージが伝わらない 映像が有る?
歴史ある三国街道なのに 昔の息遣いも 感じないし
orz
Posted by momotaka at 2012年01月19日 14:37
momotakaさんへ

現在、某TV局より温泉番組の依頼が来ています。
が、僕は 「タオルを湯舟に入れない」 ことを条件に出しています。
はてさて、ご返事はいかに?
(テレビの場合、無理だろうな……)
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2012年01月19日 19:02
温泉番組!
ディレクターの腕の見せ所ですね
モザイク?フンドシ? 新しい温泉番組の作り方にかかっています。
Posted by ぴー at 2012年01月20日 09:26
ぴーさんへ

実は、今までも雑誌、新聞、書籍の撮影で、僕の陰部は写されています。
その都度、デザイナーさんが修正してくれているのです。
(デザイナーが女性だったら恥ずかし~い!)
テレビの場合、やっぱモザイクでしょうね。
もしくは、僕の似顔絵を貼り付けましょうか!?
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2012年01月20日 18:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猿ヶ京温泉 「宮野旅館」
    コメント(6)