温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年01月21日

50代への挑戦 ~我が良き友よ~


 <久保繁は中学時代の一年間だけクラスを共にしたことのある同級生である。卒業後は別々の人生をたどり、音信もまったく途切れていた。今から三年前、偶然居酒屋で再会した。実に二十三年ぶりの再会であったが、その日以来、何かにつけて公私を共にする付き合いが始まった。
 (中略)
 打ち合わせと言っては飲み明かし、杯を重ねながら次回の仕事の構想を練り、いかに仕事と遊びの融合部分の最大公約数を広げるかの算段を繰り返していた。
 ベトナム行きは、そんな酒の席で二人の共通項として自然発生的に湧出した。過去にネパール・タイ・シンガポールと回った経験のある久保と、中国・インドを旅した私の次なるアジアは、寸分の狂いなく 「ベトナム」 で一致した。>
             【『ヨー! サイゴン』(でくの房・刊) より】


 上記は、1999年10月に出版した、僕のベトナム旅行記から抜粋したものです。
 当時、デザイナーで画家でもあった久保氏との珍道中をまとめた著書です。

 2人は、花の41歳!
 若くもないのに、夢だけを食べて生きているバクような2人でした。

 「オレは、一生、文を書いて生きていく!」
 「オレは、一生、絵を描いて生きていく!」

 いやはや、40代のオッサンとは思えぬくらい熱い熱い2人でした。


 今日は雨の中、そんな畏友の個展会場に顔を出してきました。

 「ありがとう。元気?」
 白髪まじりのロン毛姿が今じゃトレードマークの彼が、僕に気づいた。
 「ああ、相変わらず貧乏だけどな。なんとか、やっている」
 と、僕。
 「貧乏は、こっちも同じだよ。でもジュンは、だいぶ御活躍じゃない? 少しはいいんじゃないの?」
 「な、もんか! 昔も今も変わらずさ」

 それから僕らは茶を飲みながら、長い長い話をした。
 それは、近況報告でもあり、40代からの夢のつづきでもあった。

 「あの頃さ、お互い 『50代は勝負に出る』って言ってなかったっけ?」
 と僕が言えば、
 「それが、このザマだよ」
 と彼は、会場を見回した。
 「そうだな、オレも、このザマだ」
 そういって、2人で笑ってしまった。

 どんなザマでもいい。
 でも僕らは、あの頃の延長線上にはいるんだ。

 確かに、僕らが期待していた10年後の未来には、まだほど遠いかもしれない。
 でも、ブレてはいないぞ!


 会場でもらった、彼のプロフィールに目を通すと、
 “1999年より絵画の発表を始める”
 と書かれていました。

 1999年といえば、僕らがベトナムへ行った年であります。
 帰国後、僕と彼は、何かに取り付かれたように夢中になって、文と絵を書(描)きました。
 そして、その年の10月。
 僕らは、絵画とエッセイによる 「二人展」 を開催したのです。

 その時に発表した著書が 『ヨー!サイゴン』 であり、彼の画家としての人生がスタートしたのです。


 僕は自分の著書の中で、当時の彼の絵のことを、こんな風に書いています。

 <久保の描くアジアは、常に優しい風に吹かれている。喧騒はリズムであり、雑踏はメロディーとして、まるで避暑地の陽炎のようにキャンバスの中で揺れている。これが彼の中のアジアなら、一緒に私も見てみたいと思ったのだ。ライターとしてではなく、彼の絵の一ファンとして。>


 その後、彼はアジアからヨーロッパへと被写体を変えて、現在でも群馬と東京で個展を開催しています。
 今回は、南仏を中心に描いた水彩画とミクストメディアを展示・販売しています。



          『 久保 繁 展 』

 ●会 期  2012年1月21日(土) ~ 29日(日)
         10:30~19:00 (24日火曜休廊)
 ●会 場  画廊 「すいらん 」
         群馬県前橋市文京町1-47-1
         TEL.027-223-6311
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)

この記事へのコメント
場違いな書き込み失礼します。
★ご協力いただければ幸いです

温泉観光士の講師、名著「温泉法則」でお馴染みの石川理夫さんから
ご連絡がありました。

「秘湯ロマン」の監修をされている飯出敏夫さんが闘病されています。

ちょうど温泉ソムリエのオフ会「秘湯を語る会」にお招きした頃に
検査をされていたのですが、思わしくない結果が出ました。

以下、石川理夫さんからの呼びかけ文です。

↓↓↓

飯出敏夫さん激励カンパの呼びかけ  

皆々様へ

昨年は本当にたいへんな年でした。
新しい年を迎えて、皆様におかれましても気持をあらたに日々活躍されていることと存じます。

さて、ご報告したいことがあります。
私たちの共通の友人・仲間である温泉紀行ライターの
飯出敏夫さん(温友社代表・温泉達人会代表・日本旅のペンクラブ・日本温泉地域学会会員)が
昨年秋の精密検査入院で悪性リンパ腫と診断され、12月に入院。
暮れに退院後は、抗がん剤投与の通院治療をしながらがんばっています。

当然にも仕事の量を大きく減らさざるを得ず、抗がん剤副作用の心配をしつつ、
飯出さんらしく明るく淡淡と、気丈に日常生活を過ごされています。
とはいえ、古くさい表現ですが“一家の大黒柱”として、
まだ学校に通う子供さんを守りながらフリーランスとしてやっていく姿に、
私たちも飯出さんを励まし、せめてなにかお手伝いができればという共通の思いを持ちました。

そこで何はともあれ、激励カンパを集めたいと思います。
そのための窓口として、「飯出敏夫さんを励ます会」名で郵便振替口座を開設しました。
一口5千円です(お力のある方は何口でも)。

額もさることながら、賛同してくださる方々の広がりが、
闘病生活を余儀なくされる飯出さんとご家族を励ますことになるでしょう。
よろしくご協力いただければうれしいかぎりです。

賛同いただけそうな心当たりの方への呼びかけもお願いできればと思います。

なお、カンパに際しましては、最寄りの郵便局に置いてある払い込み票用紙に
下記の口座番号、加入者名、入金額、通信欄にご住所・ご氏名ほかメッセージを記入の上、
窓口にて払い込み願います。

今後もその経過報告をしていきたいと考えています。    

(文責/代表世話人 石川理夫)

郵便振替口座 払い込み先
口座番号 00170-8-710881
加入者名 飯出敏夫さんを励ます会

呼びかけ賛同人(あいうえお順)
 
芦原伸(紀行作家) 
石川理夫(温泉評論家) 
板倉あつし(日本旅のペンクラブ理事) 
小林しのぶ(フリーランスライター) 
小松輝久(加仁湯・とちぎにごり湯の会事務局長) 
高田和明(温泉達人会事務局長) 
高橋俊治(秘湯ロマン・プロデューサー) 
土井正和(旅のルポライター) 
遠間和広(赤倉温泉・温泉ソムリエ家元) 
長崎仁一(JTBパブリッシング) 
長島秀行(東京理科大教授) 
西村りえ(温泉ライター) 
春馬ゆかり(女優・温泉コメンテーター) 
廣川琢哉(那須湯本温泉・とちぎにごり湯の会会長) 
深沢守(奈良田温泉・日本秘湯を守る会副会長) 
山崎まゆみ(温泉エッセイスト) 
吉田良正(旅行作家)

平成24年1月18日



家元のメルマガに こんな文書がありました。

小暮様も お体には気をつけてください。
画廊 すいらん 伺いたいと思います。
Posted by momotaka at 2012年01月21日 23:59
momotakaさんへ

ありがとうございます。
ぜひ、久保繁ワールドに浸ってきてください。

飯出敏夫さんとは面識はありませんが、風の便りで僕の本を所有しているとの話を聞きました。ぜひ、一度お会いしたいと思っています。
一日も早く仕事に復帰なさることを願っております。
Posted by 小暮 at 2012年01月22日 14:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
50代への挑戦 ~我が良き友よ~
    コメント(2)