温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年01月28日

雑誌の同窓会


 イタッ、イタタター……

 朝方、何度もベッドの中から出ようとしたのですが、ダメです。
 腰と背中、肩が痛くて、起き上がれません。

 うん? 昨日は何があったんだっけ?
 おぼろげな頭で、思考回路をめぐらします。

 あ、そーだ。飲み会だ。それも若い連中と・・・
 でも二日酔いはしていない。
 頭はハッキリしている。
 でも、体がいうことをききません。

 と、いうことで、僕がベッドから抜け出せたのは、今日の昼のことでした。
 おかげさまで、充分に睡眠をとったため、さわやかな1日の始まりとなりました。
 (でも、午後からですが……) 


 昨晩は、昔、僕が編集人をやっていた雑誌の同窓会でした。

 2001年の創刊から3年間だけたずさわった 「D」 という生活情報誌です。
 スタッフのことを考えると、まだまだ続けていたかったのですが、生来の短気野郎ですから、上の者のやり方が 「気に入らない!」 と思えば、サッサと辞めます。
 それでも、その後も元スタッフとは交流があり、こうやって昨晩も僕を飲み会に呼んでくれました。

 呼んでくれたのは、創刊当時のスタッフ4人です。
 E嬢が幹事となり、O君、S君、M君を集めてくれました。

 今でも彼らは、僕のことを 「編集長」 と呼んでくれます。
 辞めてから8年も経つというのにね。
 あの頃、20代と30代前半だった彼らも、30代と40代です。

 E嬢は、結婚して1児の母に。
 O君とS君も父親になっていました。
 一番、心配していたのはM君です。

 僕が雑誌を去った後、彼は当時のスタッフと結婚。
 しばらくして退社。別の会社に営業マンとして就職しましたが、昨年、風の便りにまた、その会社も辞めてしまったと聞いていました。
 会場に僕が着くと、M君が一番乗りしています。

 「おいおい、一番乗りとは、まだ就職してないな?」
 「ええ、毎日が日曜日ですから。ヒマしています」
 と、元気な様子。

 良かったぁ~。
 仕事がなくても元気が一番!

 おまけに、失業中に奥さんが妊娠したとの朗報まで届けてくれました。
 それも、双子!
 これは、めでたい!

 M君の奥さんも、元僕のスタッフですから、よろこびも、ひとしおです。

 「カンパ~イ!」


 当然、話は僕が在籍していた3年間のエピソードです。
 そして、極めつけは、僕の辞任が決まってから出かけた “卒業旅行” で盛り上がりました。
 (卒業したのは僕だけなんですけどね) 

 取材という名目で、O君とM君と連れ立って、新潟県柏崎市へ1泊2日の旅行へ行ってきました。
 柏崎市には、僕の知人がいたということもあり、その人に宿の手配から周辺の観光案内をしてもらいました。

 「編集長、あの晩のホテルでのバカ話を覚えていますか?」
 とO君。
 「えっ、何話したっけ?」 と僕。
 「水芸ですよ、水芸!」
 すかさずM君が、つっこんできた。
 「水芸?・・・」

 しばし間が空いた後、3人同時の爆笑の嵐、嵐、嵐!!!

 「えっ、水芸って何ですか?」
 とは、話を聞いていたE嬢です。

 そりぁあ、無理です。
 女子には口が裂けても、話せませんって!
 男っていうのば、本当にバカな動物ですね。
 高校生の修学旅行じゃないんだからさ、O君もM君もそんな話を覚えているんじゃないよ!

 「いゃ~、あの時、僕はつくづく編集長は、ド変態だと思いましたよ」
 と言ったO君の言葉に、またまた大爆笑してしまったのでした。


 で、今朝の腰、背中、肩の痛みの原因が分かりましたよ。
 その後、カラオケに行って騒いで踊ったとかではないんです。
 ただ、単に、笑い過ぎです。

 笑って、笑って、腹がよじれるほど笑い転げたら、腰も背中も肩も、みーんな筋肉痛になってしまったようです。

 でも、みんな、ありがとうなッ!
 編集長やってて、良かったと思うよ。
 いや、こうやって、今でも僕のことを忘れずに呼び出してくれるなんて、本当、編集長冥利に尽きるというものだ。

 また、みんなと雑誌が作れるといいけどね。
 どーかな、それは無理かなぁ・・・

 でも、君らは、僕の愛すべきスタッフであることには違いありません。
 また、呼んでくれ。
 そして、バカ笑いしようじゃないか!
  

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ちょっと、ひと休み (2018-10-19 11:27)
 イルカに乗ったひまわり娘 (2018-10-08 17:08)
 魔法のチケット (2018-09-26 14:57)
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)

この記事へのコメント
こんばんは☆ Eです(*´艸`*)

昨日は大変お世話になりました!
とっても楽しかったです♪

それにしても。。。いっぱい笑いましたねー☆

編集長と一緒に 仕事が出来た3年間は、
私にとって 宝物です。

心から 感謝しています!

どうぞ これからもよろしくお願い致します。
Posted by Eです♪ at 2012年01月28日 23:22
Eです♪さんへ

Eちゃん、ありがとうね。
何より、みんな元気で、それぞれの人生を確実に歩んでいたことが、ただただ嬉しくて……。
僕にとっても、Eちゃんをはじめ、あの頃のスタッフは全員、宝物だよ。
また、会おうね!
Posted by 小暮 at 2012年01月29日 01:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
雑誌の同窓会
    コメント(2)