温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年02月21日

1年間ありがとうございました


 本日の放送をもちまして、NHK-FMラジオ 『群馬は温泉パラダイス』 が終了いたしました。
 リスナーのみなさん、1年間ありがとうございました。

 最終回の今日は、「ぐんまの湯力(ぢから)」 と題して、1年間を振り返って総集編でお送りしました。
 お相手の金井一世キャスターも、1年間の成果を見せてくれましたよ。

 群馬には、温泉がいくつあるのか?
 どんな温泉があるのか?
 いい温泉は、どこが違うのか?
 そして、その見分け方は?

 すべて1年間の放送で、お話してきたことです。
 でも、しっかり勉強していて、1年前に比べると、かなりの温泉通になっていました。

 一世ちゃんは、長野県の出身で、放送が始まった昨年の4月は、まだ群馬に来たばかり。
 知っている群馬の温泉だって、草津温泉と伊香保温泉の2つだけ!
 それが今では、頻繁に 「湯守(ゆもり)」 とか 「足元湧出温泉」 なんて言葉をポンポン使っていますからね。

 放送の最後に、一世ちゃんいわく
 「1年間で一番印象的だったのは、“いい温泉は引き算” という言葉でした」

 さすがです!
 そうなんです、あれもある、これもあるという足し算の温泉ではなく、あれもない、それもないけど、「うちには極上の湯が湧いているぜ!」 という頑固な湯守がいる宿が、いい温泉なんですね。
 このことを一世ちゃんは、ちゃーんと覚えていてくれたんです。

 正直、ビックリしました。
 でも、嬉しかったですよ。
 僕が、一番言いたかったこと、そして温泉で一番大切なことを、しっかり彼女自身がリスナーに向かって伝えてくれたのですから。
 一世ちゃん、本当に1年間ありがとうございました。
 ぜひ、また機会がありましたら、さらなる上級編の温泉話をしましょう。


 と、感謝の気持ちでスタジオを後にしました。

 す、す、すると ! ! ! !
 な、な、なんと、スタジオの外では、他のアナウンサーやキャスター、ミキサーさんなどスタッフの人たちが勢揃いしているではありませんか~~!
 そして、拍手で迎えられました。

 「えっ?・・・どういうことですか?」
 と戸惑っていると、曲紹介を終えた一世ちゃんがスタジオから飛び出してきて・・・

 そうです、拍手の中、一世ちゃんから花束が渡されたのであります。

 「1年間ありがとうございました」
 と一世ちゃんが言うと、他のスタッフの人たちからも、
 「ありがとうございました」 と言葉のシャワーが。

 おいおい、勘弁してよ、オジサンは最近、富に涙腺がゆるくなっているんだからさ。
 なんだか卒業式みたいで、胸に込み上げて来るものがありました。

 「こちらこそ1年間 、大変お世話になりました。来月から一世ちゃんに会えなくなると思うと、もう淋しくて淋しくて・・・」
 と、少々大袈裟に泣く真似なんかしながら、お別れのあいさつをしたのです。

 すると、一世ちゃんの上司にあたる男性アナウンサーのHさんが、
 「いや、また会えますよ。4月から、いよいよ群馬も県域テレビ放送が始まるんですよ。近いうち、ご連絡します。また、お力を貸してください」 ですって。

 えっ! じゃあ、一世ちゃんに会うのは最後じゃないのね!
 もしかして、今度はテレビ?
 と、いうことは、『一世の秘湯に入ろう!』 なんて番組も、ありってことですか?

 なんだか、楽しくなってきましたよ。
 でも、間違っても、Hさんとじゃないでしょうねぇ。
 『上州 おやじたちの湯めぐり』 なんて、誰も見ませんて!


 スタッフのみなさん、リスナーのみなさん、1年間ありがとうございました。
 また、お会いしましょう!


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
勿体ないことに気がついたかな?上層部も(笑)
Posted by ぴー at 2012年02月22日 09:05
民放では無いから 出来る事かと思います。
どこの馬の骨か判らない 韓流スターと 一緒に混浴してたら 次回から見ませんが(笑)

原発事故後 スローライフに転換していくと 思いますので
温泉の役割も また変化してくハズです

小暮様の活躍に期待
Posted by momotaka at 2012年02月22日 15:12
ぴーさん、momotakaさんへ

いつもありがとうございます。
とりあえずラジオ番組は終了しましたので、新年度は、またまた新しい何かに挑戦してみたいと思います。
群馬のブランド力、最下位を脱却するその日まで!
Posted by 小暮 at 2012年02月22日 17:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
1年間ありがとうございました
    コメント(3)