温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年02月25日

水上温泉 「寶ホテル」


 寄る年波には、勝てません。
 奥歯が抜け落ちたと思ったら、今度は腰痛です。
 なんとか、老体にムチ打ちながら、取材旅行から帰ってきました。


 現在、昨年の暮れから水上温泉に入り込んで、取材活動を続けています。
 観光協会さんの協力もあり、なかなかのハイペースで取材が進んでいます。
 全12軒ある温泉・旅館のうち、早くも9軒の取材を終えました。

 今年に入って2度目の水上温泉取材となった一昨日は、ご厚意により 「寶(たから)ホテル」 に泊めていただきました。

 3代目主人の鈴木俊夫さんは、昭和33年生まれですから、僕と同じ年であります。
 若い頃は東京で、フードコーディネーターをしていたといいます。
 その後、和食の修業を経て、実家にもどり、3代目を継ぎました。

 以前にも、ブログに書いたかもしれませんが、滅多に僕は旅館の料理をほめません。
 それは、温泉宿は、まず “温泉” ありきですから、湯が良ければ料理の評価は問わないからです。
 また、その逆もありで、どんなに美味しい料理を出されても、湯が悪ければ、宿の評価は下がります。

 ただし、お湯派の僕でも、たった1つだけ料理へのこだわりがあります。
 それは、「地産地消」 です。
 海へ行ったら “海のモノ” を、山へ行ったら “山のモノ” を、そして川は川のモノ、里は里のモノ・・・
 (その土地に無いモノ を出されると、旅の雰囲気が削がれてしまいます)

 で、ご主人の手から作り出された料理は、完璧でした!
 食前酒のりんごブランデーからして、みなかみ産のりんごを使用していたし、デザートの女将の手作り豆乳アイスにいたるまで、すべて地産地消の山の幸と川の幸に徹底したこだわりよう。
 海のモノは一切ありません。

 特筆すべきは、「上州桜鯉」 のあらいです。
 はっきり言って、僕は鯉が苦手なんですね。
 どこで食べても、「こんなものだよな」 と大概は無反応なのです。
 が! これは違いました。
 なんでもオキアミだけを食べて流水で育った特別飼育の鯉だとか。
 違います!
 まったく臭みもなく、コリコリとした歯ごたえがあり、思わず、「えっ、これって鯉なの?」 って声を上げたくらいですから。
 同行の食通カメラマン氏も、「初めて、こんなに美味しい鯉を食べました」 と、うなっていましたよ。

 おまけに、4つある浴槽は、すべて源泉かけ流しとくれば、申し分ありませんって。


 その晩は、部屋に戻るとケータイが鳴りました。
 観光協会の人たちが、近くの居酒屋で飲んでいるとのこと。
 お誘いであります。
 のん兵衛の僕とカメラマン氏は、即行、浴衣からまた服に着替えて、ごきげんで風花の舞う温泉街へと、くり出して行ったのでした。

 と、良かったのは、そこまでです。
 一夜明けると、激しい腰痛に見舞われ、なんとか取材を終えて家にたどり着いたときには、発熱もともなっていました。
 しばらくは、おとなしく家で休養をしていようと思います。

 どなたか、腰痛に効く温泉を知りませんか?(笑)


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
腰痛によい温泉は師匠の情報網にはかないませぬが…

よーーく治る治療院は知ってます 
十数年ものの肩こり・腱鞘炎・胃痛・腰痛など完治しました!

私の行きつけ
前橋 下沖町 前高裏 みやび治療院 027-289-0480
とにかく腕はいいです 
予約していくと待ち時間ありません 治療費安いです   
Posted by ぴー at 2012年02月25日 17:37
腰痛ですか?
まずは 専門医へ 多分 減量とダイエットが必要かと。

来週 天狗の湯 きむら苑へ泊りに行きます。
Posted by momotaka at 2012年02月25日 21:24
ぴーさんへ

身近な情報をありがとうございます。
温泉よりも効きそうですね。
参考にさせていただきます。


momotakaさんへ

「きむら苑」 へは、僕も近々泊まりに行きます。
ご感想をお聞かせください。
Posted by 小暮 at 2012年02月26日 16:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
水上温泉 「寶ホテル」
    コメント(3)