温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年02月28日

坂口温泉 「小三荘」②


 先週末、取材旅行から帰るなり体調をくずして、寝たり起きたり、ときどき原稿を書いたり本を読んだりと、インドアな生活をグダグダと過ごしていたのですが、今日は天気も良いし、アポも取ってあったこともあり、重い腰(痛い腰)を上げて取材に出かけてきました。
 訪ねたのは、西上州の名薬湯のほまれ高き坂口温泉であります。

 坂口温泉といえば、あのトロトロのゲル状の重い湯が特徴の「薬師の湯」源泉です。
 開湯、約300年。別名を 「たまご湯」 と呼ばれ昔から珍重されてきた温泉であります。
 (詳しくは、当ブログ2010年9月14日 「坂口温泉 小三荘」 参照)

 明治時代には 「塩ノ入鉱泉」 と呼ばれていた西上州では数少ない湯治場でした。
 名前の通り、泉質は重曹を含む弱アルカリ性の食塩泉です。
 重曹を含んでいることは昔から知られていたようで、近在の人たちは、この鉱泉で、まんじゅうを作っていたとのこと。
 ほんのり塩味のきいた美味しいまんじゅうができることでしょうね。

 で、今日も、このありがたいお湯をいただいてきました。
 戦前から、宿泊よりも 「立ち寄り湯」 として繁盛していた温泉だけあり、11時の開館と同時に続々と入浴客がやってきます。
 「ここの湯には、毎日入りに来る」 という男性と一緒になり、いかにここの湯が素晴らしいかの自慢話を聞かされました。
 でもね、僕だって負けてはいませんよ。
 過去には、本や雑誌、新聞の取材で、たびたび訪れていますからね。
 歴史なんかも交えながら、湯談義に花を咲かせました。

 ここは内風呂しかありませんが、そのぶん窓を一面に大きくとってあるので、裏庭の景色を望むことができます。

 竹林のなかに、小さな石仏が何十体と壇上に並んでいます。
 これが 「薬師の湯」 の名で親しまれてきたゆえんです。
 「医王仏」 ともいわれる祈願仏です。
 医学や医薬が発達していなかった時代のこと、村人たちは霊験あらたかな「お薬師様」に病が治るようにと、願をかけました。
 そして病を治してくれてお礼にと、奉納されたのが、この石仏群です。

 僕は、いつもここへ来ると、医王仏に願をかけます。
 もちろん、今日は 「腰痛が治りますように」 でした。

 おかげさまで、その後は、とても調子がいいんですよ。
 これは、ただ単に信心深いだけではなく、トロトロの 「たまご湯」 を腰のまわりにヌルヌルとこすりながら入ったからだと思います。
 僕が知る限りでは、あのトロトロ加減は、県内でも1、2を競う濃厚な湯であります。

 まだ未体験の人は、ぜひ一度入ってみてください。
 “西上州の名薬湯” と呼ばれる意味を体で知ることでしょう。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

この記事へのコメント
トロトロ含重曹アルカリ食塩泉 LOVE
Posted by ぴー at 2012年02月29日 09:15
ぴーさんへ

坂口温泉、まだでしたら、ぜひ一度体験してみてください。
ご主人と女将さんも、とってもいい人ですよ。
Posted by 小暮 at 2012年03月01日 01:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
坂口温泉 「小三荘」②
    コメント(2)