温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年03月08日

『誕生日の夜』 が小学校で・・・


 まったくもって、どこで、誰が、読んでいるか分からないものです。
 一通の長い手紙が届きました。


 <心音にしみとおる、こんな素晴らしい本をお書きになります小暮様は、どんな方なのでしょう>

 いきなり、こんな書き出しで始まっていました。
 恥ずかしいような、照れくさいような、でも、とっても嬉ししい便りでした。

 送り主は、元教師の女性。
 偶然にも、薬局の待合室で、拙著の 『誕生日の夜』 と出合ったといいます。
 現在は、絵本の読み聞かせをしている方でした。

 <昨年12月、○○小学校(前橋市) で1年生に聴いてもらうことになり、胸中はドキドドキでありました。聴いている児童たちと私と、しまいには泣きながらの時を過ごしました。>

 と、すでに 『誕生日の夜』 の朗読をされたことが、書かれていました。
 そして・・・

 <何日か後に、女の子から 「お母さん、今、元気になっているのよね」 と質問があって、「今はね、お父さん、お母さんに囲まれて、楽しく生活しているそうよ」 と答えますと、「よかった」と、とても嬉しそうにしていました。読み聞かせをしている中で、後になって、その本の後の様子を心配したりして、感想を聞くなどということは、今までは無い経験でもありました。>

 今年になってからも、1月、2月、と他の学年児童にも聴いてもらい<今年度は読み続けさせていただきます>とも書かれていました。

 <小暮様の 『誕生日の夜』 は、私の大切な1冊になって、今、何度も読みの工夫をしながら、研修をさせていただいております>

 いゃあ~、手紙を読んでる僕のほうが、ウルウルしてきてしまいました。
 著者冥利に尽きるというものです。
 なによりも児童たちが、登場人物のその後を心配しているなんて、素晴らしいことではありませんか!

 ああ、この本を書いて本当に良かった!と思えるのです。

 手紙の最後には、こんな言葉が添えられていました。
 <しまいになりますが、しおりちゃん、お母さんに、よろしくお伝えくださりますよう、お願い申し上げます。> 

 もーう、ダメです!
 涙腺が、ぶっ壊れてしまいそうですよ。
 なんて素敵な言葉なんでしょうか!
 著者の僕なら、登場人物たちに会えるからなんですね。
 はい、分かりましたよ。
 必ず伝えます。

 しおりちゃんにも、お母さんにも、そしてお父さんにもね。
 それからそれから、ケーキ屋の店長さんにも伝えておきますよ。
 「あなたたちは、たくさんの読者から愛されていますよ」 と・・・


 今年の正月、このブログで 『誕生日の夜』 を連載したところ、各方面からたくさんの反響をいただきました。
 それにより絵本の在庫が少なくなってきたため、現在、再出版を検討しています。
 また、絵本の原画を描いてくださった画家の須賀りすさんによる “『誕生日の夜』原画展” が開催されることになりました。
 会期等の詳しい内容が決まりましたら、ご報告させていただきます。

 お手紙を下さった I さん、本当にありがとうございます。
 これからも 『誕生日の夜』 を末永くよろしくお願いいたします。


 ※『誕生日の夜』 は、当ブログ内 「カテゴリ」 より全文がお読みいただけます。
 

同じカテゴリー(誕生日の夜)の記事
 思わぬ伝言 (2017-09-13 17:14)
 『誕生日の夜』 原画展&朗読会 (2014-09-25 19:48)
 DVD、今日から発売! (2013-06-27 17:37)
 本日、試写会。いよいよDVD発売! (2013-06-03 19:03)
 『誕生日の夜』 朗読DVD (2013-02-20 22:13)
 『誕生日の夜』 (最終回) (2012-01-15 17:10)

この記事へのコメント
昨日無事申告へ 平常心で迎える久々の朝

誕生日の夜 を再度読みました
甘く切ない、想像力を刺激される物語
Posted by ぴ at 2012年03月09日 10:30
ぴさんへ

ありがとうございます。
現在、絵本原画展の開催に向けて準備をしています。
楽しみにしていてくださいね。
Posted by 小暮 at 2012年03月09日 19:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『誕生日の夜』 が小学校で・・・
    コメント(2)