温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年03月09日

遠い日の恋人よ


 僕の両親は実家で、ふたり暮しをしています。
 オヤジは少々ボケが始まっているものの、2人とも健康に問題はなく元気なのですが、それでもかなりの高齢です。
 離れて暮らす息子としては、いつも心配のタネですから、外出したときはできるだけ実家に顔を出すようにしています。

 先日も取材帰りに立ち寄ると、「いいところに来た」 と買い物を頼まれました。
 車も自転車も乗らない老人にとって、買い物は一番の問題です。
 “買い物難民” という言葉があるくらい、旧市街地に暮らす老人たちは、買い物に不自由しています。
 一番近いスーパーでも、到底、歩いて行ける距離ではありません。
 唯一、徒歩圏内にあったコンビニも、閉店してしまいました。
 ということで、週に何回かは、僕が買い物代行をしてあげているのです。


 その買い物に出かけたスーパーで、また奇跡が起きました。

 カゴを持って、店内へ入ると、すぐに誰かの視線を感じたのです。
 キョロキョロと店内を見回しましたが、知った顔はいません。
 なのに、歩みを進めるごとに、その視線は強くなります。
 前方には、マスクをしてワゴンを押す女性が立っているだけです。

 はて、知っている人だろうか?
 目を凝らして見たのですが、顔は大きなマスクに覆われているため、人相が分かりません。
 でも、なぜかグイグイと僕の体は、その女性に引き寄せられて行きます。
 そして、わずか1メートル付近まで接近したときです。
 その、わずかに露出している “目” を見て、瞬時に僕の思考回路は、ある特定の人物を探し出しました。

 「○○ちゃん?」
 思わず、すっとんきょうな声を上げていました。

 すると、その女性は声もなく、小さくかぶりをタテに振りました。
 その女性は、元カノでした。


 いったい、どのくらい前までを “元カノ” と呼んでいいのか分かりませんが、昔つき合っていた女性には間違いありません。
 それも、昔も昔、10代の頃ですから、ざっと35年前のことです。
 自分でも、よく “目” だけで彼女だと分かったものだと、ビックリしたくらいです。
 もしかしたら、目力で僕に合図を送っていたのかもしれません。
 「私はここよ。気づいて!」 ってね。

 僕らは、僕が東京へ出るの境に別れました。
 でもね、どうして僕らは気づき合えたかというと、再会したのはこのときが初めてではなかったからなのです。
 不思議な縁があるようで、20代、30代、40代と、10年周期くらいで、こうやってバッタリと再会をくり返していたのです。
 50代では、この日が、最初の再会でした。

 「○○ちゃんは、全然変わらないなぁ~」
 「ううん、昔に比べたら太ったし、年相応に老けたよ」

 彼女は僕の読者で、本が書店に並ぶと真っ先に買ってくれているんですって。
 嬉しいですね。

 「で、どうして、今日はここのスーパーへ?」
 確か、彼女の家は、この辺ではないはずです。
 「父の世話よ。ひとり暮らししているから、こうやって、たまには私が様子を見に来て、買い物をしてあげているの」
 「なーんだ、だったら僕も同じだ」

 僕らは同世代。よって、その親たちも、かなりの高齢になっています。
 「でも、ジュンちゃんところは、2人揃って元気なんでしょ?」
 彼女の母親は早くに亡くなっていて、確か、お父さんは、ずーっと1人だったはず。
 歳を聞けば、すでに90歳を超えているという。

 昔、昔、デートの帰りに彼女を家まで送り届けて、出てきたお父さんにあいさつをした記憶がよみがえってきた。
 あのときのお父さんは、50代だったことになる。
 今の僕と、あまり変わらない年齢だったのだ。


 「じぁあ、また」
 「うん、元気でね」


 この歳になると、もう、甘酸っぱい感傷なんてありません。
 それでも、しばらくの間、スーパーから出て行く彼女の後姿を目で追っていました。

 “全然変わらない” は、ちょっと大袈裟だったかな~。
 でも、年齢よりは、かなり若く見えたよな。
 “元カレ” としては、何よりそれが嬉しい。

 また、どこかでバッタリ会おうね!

 遠い日の恋人よ・・・
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

この記事へのコメント
キャー

元彼にこんなこと言われたら、また…
Posted by ぴー at 2012年03月10日 09:24
(「・・) とか言って 頻繁に 元彼女に遭遇して無ければ いいのですが


現在 湯宿温泉でマッタリ
Posted by momotaka at 2012年03月10日 14:40
ぴーさんへ

「また…」 なんでしょうか?
ぴーさん、危ない危ない!


momotakaさんへ

ドキッ!
いえいえ、大丈夫ですよ。
お互い、もう大人ですから・・・
Posted by 小暮 at 2012年03月10日 17:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
遠い日の恋人よ
    コメント(3)