温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年03月11日

あれから1年、大胡温泉へ


 2011年3月11日、午後2時46分。
 その日、その時、僕は大胡温泉 「三山の湯 三山センター」 にいました。

 確か、数日前に女将さんから電話をもらったのです。
 「小暮さんのファンが訪ねて来て、手紙を置いていかれました。ついでの時に、お寄りください」 と・・・
 そのついでが、震災当日でした。

 その日は、午後から家を出て、1件用事を済ませて大胡温泉へ向かいました。
 女将さんから手紙を受け取り、しばらくお茶を飲みながら雑談をして、「そろそろ行ってみます」 と席を立つ僕に、女将さんは 「温泉に入っていきなさいよ」 と勧めてくれたのですが、「いえ、この後、まだ行くとこがありますから」 と僕が言うと、「あら、残念ね」 と僕を見送りに玄関まできた、その時でした!

 グラッ、グラグラグラ~~~~~っと、尋常ではない激しい揺れが始まったのは。

 「これは大きいですね。とりあえず、全員外へ出ましょう!」
 と声をかけて、従業員たちと飛び出しました。

 「お客さんが風呂にいなかったっけ?」
 と気づかう女将に、後から出てきた従業員の女性が、「今、見てきましたが、誰もいませんでした。大丈夫です」 と声を返しました。
 それを合図に、一目散に駐車場の真ん中にある松の木まで走った。
 まだ、激しい揺れは続いている。
 ガレージのトタン屋根はガタガタと大きな音を立てて鳴り、駐車場に停めてある車は、ひっくり返るんじゃないかと思うほど激しく左右に揺さぶられていた。

 「テレビのニュースを見てくる」 と旅館へもどった女将の息子さんが、すぐに出てきて 「ダメです。停電してます」 と言うなり、どこかへ走り去って行った。
 すぐに、自分の車に乗ってやってきて、
 「みんな、中に入って! テレビが見れますから」

 <震源地は、宮城県の沖合い……>

 前橋は、震度5弱だった。

 “大変なことが起きている” そこにいる誰もが、そう思いました。
 「長いこと生きているけど、こんな大きな地震は初めてだよ」 と女将さんが震えた声で言ったことを、今でも覚えています。


 あれから、ちょうど1年経った今日。
 僕は、1年ぶりに大胡温泉を訪ねました。

 「あら、小暮さん!」
 玄関を入ると、女将さんがすぐに気づきました。
 「なんで来たか分かります?」 と僕。
 「今日は、何か?」
 と、女将さんは瞬時には気づきません。
 「ちょうど1年だよ」 と言うと、
 「そーだよね。それで来てくれたの?」
 と、カウンターから身を乗り出して喜んでくれました。

 息子さんも出てきて、震災直後の話になりました。
 あの日を境に、ピタリと客が来なくなってしまったと言います。
 「小暮さん、小暮さんの記事が、うちを救ってくれたんですよ。感謝しています」
 と息子さんが新聞記事のコピーを指さしました。

 実は、震災前に大胡温泉を取材していたのですが、震災の影響で連載が止まっていたのです。
 新聞社から連載再開の連絡が来たのは4月に入ってからでした。
 「小暮さんは確か、震災の当日は大胡温泉にいたんですよね」
 と、新聞社の担当から電話があり、
 「だったら、震災後一発目の掲載が大胡温泉なんて、何かの縁ですよ。原稿を加筆してください。地震直後の事を後日談として文末に入れますから!」
 ということで、急きょ追加原稿を送って掲載されたのが、4月6日付の朝日新聞「湯守の女房」④大胡温泉 三山センターでした。

 「あの記事が出たおかげで、お客さんがもどってきてくれたんです。ありがとうございます。小暮さんは、うちの “福の神” ですよ」
 とまで、言われてしまいました。


 ひと風呂浴びて、あの日と同じように、大広間で女将さんと常連客らと、お茶を飲んでいました。

 午後2時46分。
 全員で、黙とう。


 群馬でも、あの揺れ、あの恐怖でした。
 東北の人たちの心中は、計り知れないものがあります。

 もう1年、まだ1年・・・
 1日も早い復興を祈るばかりであります。 


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 意地悪な神様 (2018-08-13 13:40)
 介護日和 (2018-07-30 18:20)
 蚊のいない夏 (2018-07-20 17:46)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)

この記事へのコメント
自然相手に 建築工学とか都市計画は無駄でしたね

所詮 人間なんて その程度 大きな顔するな… そんな 声が聞こえてきそうです


湯宿温泉へ行き 測定してましたが ホットスポットと呼ばれる高い値は 出ませんでした
川周辺は 測定してませんが…

赤谷湖は水は抜かないで欲しい
Posted by momotaka at 2012年03月12日 12:41
momotakaさんへ

湯宿温泉は、今年下半期より徹底的に取材いたします。
来春には、書籍としてお届けできると思いますので、ご期待ください。
Posted by 小暮 at 2012年03月13日 00:25
下半期からですか

真夏の湯宿温泉は回避したいものですね
開発から 取り残された温泉地は 湯治場の空気が漂い 魅力的です
Posted by momotaka at 2012年03月13日 14:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
あれから1年、大胡温泉へ
    コメント(3)