温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年03月31日

猿ヶ京温泉 「ロッジガル二」


 昨日は、朝食のあと、散歩を兼ねて、赤谷湖へ向かい坂を下り、「ロッジガル二」 を訪ねました。
 ガル二とは、フランス語で 「安宿」 のことなのだそうですが、とにかく以前から気になっていた温泉宿です。

 木造のコテージタイプの建物が、ガタボコとアパートのように6つ連なっています。
 その各々の屋根からは、ニョキニョキと煙突が伸びている。
 まさか、最初は温泉宿とは思いませんでした。

 「ロッジガル二」 は、3つの棟からなっています。
 それも道をはさんで、左がラウンジを兼ねたレストラン棟、向かいが宿泊棟、その隣に単独で浴室棟(湯屋)があります。
 宿泊棟には、メゾネットタイプの部屋が6室。
 とにかく、広い!
 1階のリビングには、薪ストーブにキッチン、ユニットバスを完備。
 2階の寝室までは吹き抜けになっていました。

 これで1泊2食、9,600円~というのにも驚いた!
 実は、昨日紹介した 「旅籠屋 丸一」 と同経営の宿なのです。
 徹底して、“いいものを安く提供” を貫いています。


 で、ここで僕は、思わぬモノと出合ったのであります。
 前の日、オーナーで 「旅籠屋 丸一」 の15代目主人にお会いしたときに、いただいた名刺を見て、「あれ、これは…」 と一瞬よぎったことがあったのですよ。
 それは、名刺に描かれていた“絵”です。
 良く知っている作家の絵に、タッチが似ていたのです。
 でも名刺の絵は小さくて、その時はやり過ごしてしまいました。

 しかし一昨晩、泊まった離れの廊下に飾ってある水彩画を見て確証しました。

 久保繁の絵だっ!

 そうです、以前、このブログでも紹介した僕の同級生の久保繁君です。
 小学校と中学校をともに通い、大人になってからは一緒にアジアを旅した畏友の画家であります。
 (久保繁についての詳しくは、当ブログ1月21日 「50代への挑戦~我が良き友よ~」 を参照ください)


 そして、今度は 「ロッジガル二」 のラウンジの壁いっぱいに、彼の絵が飾られていたのです。
 もう、見ているだけで胸に込み上げて来るものがありました。
 うれしいんですよ。
 一緒に頑張ってきた時期がありましたからね。

 「俺は、物書きになる」
 「俺は、絵描きになる」
 って。

 もちろん、彼の個展には、行ける限り顔を出していますよ。
 でも、ギャラリー以外で、こうして展示されている彼の絵を見るのは初めてだったのです。
 不思議なものですね。
 自分のことのように、うれしくて、うれしくて仕方がないんですよ。

 オーナーに話を聞けば、先代が気に入って買っている作家なのだと言います。

 おい、久保っち、スゲーじゃねーかよ!
 本当に、画家になっちゃったんだな!

 友人なんて、いつも遠くからしか見ていないし、応援はしていても、直接力にはなれないものです。
 それは、お互いさまだけど、でも、こうして友の絵が何枚も何枚も飾られている光景を見ていると、やっぱり嬉しくて、うれしくて・・・


 10年前、彼と2人でベトナムを旅して、夢を語り合ったことを、今、僕は誇りに思っています。

 久保っち、ありがとう!
 なんだか勇気をもらったよ。
 “50代への挑戦” は、まだ始まったばかりだ!


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
今、とても迷ってます。
4月後半、茨城に住んでいる幼馴染と温泉に、女二人旅で一泊します。
子育て主婦にとっては、大事な2日間。
先日まで四万温泉をイメージしていましたが、猿ヶ京もいってみたい!
どうしよう…。
Posted by 繭りん at 2012年03月31日 19:57
トンネルの向こうは 雪国で
高半に行く時は 真っ白

古湯はいいですなぁ〜 館内には 飽きたけど
Posted by momotaka at 2012年03月31日 23:00
トンネルの向こうは 雪国で
高半に行く時は 真っ白

古湯はいいですなぁ〜 館内には 飽きたけど
Posted by momotaka at 2012年03月31日 23:00
以前からの友人が頑張っているって自分の励みにもなりますね。昨日は32年ぶりに下宿していたところのおばさんに会ってきました。歳は取りましたが元気な姿を見てすごく嬉しかった(^^) 今、札幌からです。
Posted by kaoru kimura at 2012年04月01日 08:09
繭りんさんへ

猿ヶ京温泉は、第2の四万温泉と言っていいくらい、湯と水と人が良い温泉地です。
この際、両方行ってみてくださいな。


momotakaさんへ

湯沢温泉の「高半」ですね。
創業者、高橋半六氏によって発見された古湯。
さすが、いい湯を知っておられる。


kaoru kimuraさんへ

今度、じっくり土産話を聞かせてください。
お気をつけて、良い旅を!
Posted by 小暮 at 2012年04月01日 16:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猿ヶ京温泉 「ロッジガル二」
    コメント(5)