温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年04月11日

群馬の温泉よもやま話


 昨晩は、群馬県公社総合ビルにて、温泉の講話をしてきました。

 僕を呼んでくださったのは、県内で活動するファイナンシャルプランナーや弁護士、司法書士などのネットワーク組織、㈱ライフプラン21です。
 代表の本多輝雄氏が、無類の温泉好きということもあり、僕はここの「ぐんま温泉倶楽部」顧問を務めています。


 昨晩は、同社の前橋市地区交流会が開催され、僕はゲストスピーカーとして1時間ほど温泉の話をさせていただきました。
 テーマは 「群馬の温泉よもやま話」。

 「なんでも小暮さんの好きなように話してください。温泉の話が聞けるだけで、みんな楽しいんですから」 と代表に言われ、思いつくままに、本当に好き勝手に話をしてきました。
 まあ、前半は、この1年の僕の近況報告です。

 でも嬉しかったのは、みなさん僕のことを良く知っていらっしゃる!
 会場に着くなり、「NHKテレビ見ました」 と声をかけてくださった方が何人もいました。
 また朝日新聞に連載中の 『湯守の女房』 を読んでいる人が、3分の1もいたのには驚きました。
 と、思えば、前橋地区の集まりなのに、先週発行された高崎市内配布の 「ちいきしんぶん」 に掲載された記事を読んでくれていた人もいました。
 ありがたいことです。

 やっぱり、少しでも温泉や僕に興味を持っていてくださる人たちの前で話をするのは、気持ちが良いものですね。
 みなさん、真剣に話を聴いてくださいますから、こちらも話し甲斐があるというものです。

 後半は、震災後の温泉地の様子について話をさせていただきました。
 以前から僕がブログでも話している “二極化” についてです。

 涸渇(こかつ)する温泉、レジオネラ菌の問題、湯に人が集まる温泉、湯以外で人を呼ぼうとしている温泉などなど、今僕が気になっている温泉事情について話をしました。


 でも、やっぱり1時間というスピーチ枠は短いですね。
 通常、講演会は90分が基本ですから、どうしても、話が急ぎ足になってしまいます。
 本当は、もう少し突っ込んだ話もしたかったのですが、それはまたの機会にお話しするということで・・・

 講話終了後は、お約束の著書販売とサイン会となりました。
 今回販売したのは、この1年間に出版した 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 と 『あなたにも教えたい 四万温泉』 の2冊だけだったのですが、たくさんの方が両方とも買ってくださいました。
 なかには 「サインだけでもいいですか?」 と、すでに買ってもっている本を持って来られた人もいました。
 と思えば、「実家の母や友人に贈りたいので」 と、同じ本を複数冊買ってくださった人もいます。

 会員のみなさん、本当にありがとうございました。
 そして、いつも陰で僕の活動を応援してくださっている本多代表には、心より感謝を申し上げます。

 ありがとうございます。


同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 一番いい温泉は、どこですか? (2018-09-03 19:38)
 公民館めぐり (2018-08-24 18:30)
 やっぱり温泉といえば群馬なのです (2018-07-27 14:29)
 ライターとして大使として (2018-06-28 21:21)
 小さな講演会 (2017-08-15 21:18)
 文化講演会のお知らせ (2017-06-19 13:58)

この記事へのコメント
今年も温泉講座に行きますのでよろしくお願いします。
Posted by 潮風 at 2012年04月11日 20:27
潮風さんへ

NHK文化センターの受講生さんですね。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
今年度は、4月24日から開講です。
今年も、楽しい講座にしたいと思います。
また、皆さんにお会いするのが、今から大変楽しみです。
Posted by 小暮 at 2012年04月12日 01:36
今まで、小暮講師先生と色々な温泉に講座でいかせていただきましたが、今度行く谷川温泉も初めてですので楽しみです。。群馬の地底は外の景色と同じでさまざまな色や形の違いがあるのですね。湧き出る温泉の違いを楽しみながら自分に合う温泉を見つけたいと思います。
Posted by 潮風 at 2012年04月12日 21:35
潮風さんへ

そうですね。
群馬は、関東平野の始まるところ。
山間部と平野部と、2つの特徴ある温泉が湧いています。
僕は群馬のことを 「温泉の資料館」 と呼んでいるくらいです。
今年も、いろんな温泉へ行きましょうね。
Posted by 小暮 at 2012年04月13日 00:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
群馬の温泉よもやま話
    コメント(4)