温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年04月18日

血圧と薬と春の宴


 Kさんと初めて会ったのは、6~7年前のことです。


 ある日、僕は右手にシビレを感じるようになり、脱力感を感じていました。
 思い切って病院へ行って検査をしてもらうと、別に “異常なし” とのこと。
 ただ、血圧が高めだったので、降圧剤を出してもらうことになりました。

 その時、薬局の窓口にいたのがKさんでした。

 それから僕は2週間に1回、薬を受け取るために薬局へ行くようになり、そのたびにKさんとはカウンター越しに話をするようになりました。
 僕の仕事のこと、互いの家族のこと、時には趣味の山歩きなど、そのときどきに互いの立場(薬剤師と患者) を忘れて話し込みました。

 Kさんは、僕と同じ歳です。
 育った時代が同じということで、話のウマが合ったようです。
 でもKさんは、とっても温和なお人柄。
 話し方も、ゆったりとしていて、やさしく患者さんたちに語りかけます。
 激昂型で威圧的にまくし立てる僕とは、正反対の性格です。
 そこが、僕には癒やされたのかもしれません。

 僕は2週間に1回、彼と会うのが、とても楽しみになっていました。
 といっても、薬剤師と患者の関係です。
 毎回、ただ窓口での雑談を楽しんでいました。

 でもKさんは、僕が本を出版するたびに買ってくださいます。
 それも複数冊購入して、薬局の待合室にまで置いてくれているのです。
 新聞や雑誌、ブログの記事も、みんな読んでくださっているんですね。
 ありがたいことです。

 過去には、僕が関係している展示会に顔を出してくれたり、一昨年の出版記念パーティーにも、わざわざ出席してくださいました。
 薬剤師と患者の関係なのにね。
 とにかく、いい人なんです。

 「今度、一度飲みましょう」
 そんな社交辞令のあいさつばかり、何年も交わしていました。
 「暖かくなったら、飲みに行きますか」
 なーんて、毎年、冬になると互いに声をかけ合っていたのです。

 そして、やっと・・・

 先週、薬をもらいに薬局を訪れたとき、運良く窓口にKさんが座っていました。
 「そろそろ暖かくなりましたね。どうですか、花見がてらに飲みに行きませんか?」
 何年も顔を合わせていて、初めて言えた言葉です。

 50歳を過ぎたオジサン同士なのに、なんだか初デートを申し込む高校生のような気分でした。
 「本当ですか! 嬉しいなぁ~」
 と、Kさんも快諾してくださり、プロポーズは大成功!


 と、いうわけで、昨晩はKさんと前橋駅で待ち合わせをして、花舞う夜の街へと出かけてきました。
 思えば、誰かと待ち合わせて飲みに出かけるなんて、何年ぶりでしょうか・・・
 仕事の打ち上げや会合は、すべて会場へ直行です。
 プライベートで酒を飲みに行くときだって、店へ1人で出かけていきます。

 いいもんですよ、くたびれた中年オヤジが2人並んで、駅前のケヤキ並木を歩く姿というのも!
 彼と入ったのは、このブログでもお馴染みの我らがたまり場、酒処 『H』。
 (行動範囲が狭いもので、ほかに店を知らないのであります)

 もちろんKさんは、初めての店です。
 なのに彼は店内へ入るなり、「あれ、○○さん?」 と隣の客と話し出すではありませんか!
 世の中は、狭いんですね。
 いや、Kさんの顔が広いのかな?
 で、関係を聞くと・・・

 笑ってしまいました。
 なんと、そのお客さんも、僕と同じ、彼の患者さんだったのです。
 恐るべし、薬剤師!
 患者の数だけ、知り合いがいるというわけです。
 いえいえ、それだけKさんが、患者さんたちにとって、ただの薬剤師ではなく、患者さんの相談に親身になって応え、心の支えになっているということです。

 Kさん、いつもありがとうございます。
 これからも末永くよろしくお願いしますね。

 あれ?
 薬剤師と患者の関係だから、“末永く” ではないほうがいいんですよね。
 でも、会えなくなるのも淋しいので、ほどほどに不健康に暮らします。


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 大事なことは飲み屋で決まる③ (2018-03-31 16:53)
 赤兎馬、宙を舞う。 (2018-01-17 12:41)

この記事へのコメント
またあの人に会いたいな~  人生は、こんな種をまけたら幸せです
Posted by ぴー at 2012年04月18日 16:44
こんにちわ♪

何事も健康が一番ですね
高血圧にはゴーヤーが良いそうですよ

我が家ではゴーヤーが全国区になる以前から親父がゴーヤーを作っていましたよ!

週末は足利で利き酒会に参加です

まさに春の宴です(笑)
Posted by うえちゃん at 2012年04月19日 10:58
ぴーさんへ

縁は異なもの不思議なもの・・・
思わぬきっかけから出会いが始まるものです。


うえちゃんへ

こんにちは。
ゴーヤーは大好物ですよ。
歳のせいか、年々苦いものが好きになっていきますね。
Posted by 小暮 at 2012年04月19日 19:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
血圧と薬と春の宴
    コメント(3)