温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年04月19日

たんげ温泉 「美郷館」


 たんげ温泉の一軒宿、「美郷館(みさとかん)」 を最初に訪ねたのは、6年前のこと。
 雑誌の取材でうかがい、その晩は泊めていただきました。

 その後も、本の取材や雑誌の取材で、何度か訪ねています。
 また、ご主人の高山弘武さんは、一昨年の僕の出版記念パーティーにも出席してくださいました。
 彼はまだ若いのに、とにかく一生懸命で、短期間に旅館をここまでに育てあげた人です。

 創業は、平成3年。
 源泉は、すでに昭和30年代から人知れず湧いていました。
 平成12年に現在の旅館にリニューアルして、結婚を機に女将の純子さんとともに旅館を継ぎました。

 今年で12年目です。
 なのに、すでに 「日本秘湯を守る会」 「源泉湯宿を守る会」 そして 「日本温泉遺産を守る会」 の会員宿に名前を連ねています。
 なによりも僕が驚いているのは、宿泊客の80パーセントがリピーターだということです。
 この驚異の数字は、どうしたらはじき出せるのでしょうか?

 今日は、そのナゾを解明するべく、久しぶりに 「美郷館」 へ行ってきました。

 とにかく毎度毎度、訪ねるたびに驚かされるのは、玄関ロビーで客人を出迎えるケヤキの大黒柱や杉の梁(はり) です。
 その覆いかぶさるような存在感は、圧巻!のひと言。
 今日も、改めて見上げては、感嘆の息をもらしてしまいました。

 なんでもケヤキに惚れ込んだオーナー(弘武さんの父) が、日本屈指の木挽(こび)き職人とともに、3年かけて手で挽いた巨木なのだそうです。
 それらの巨木を、宮大工がクギを1本も使わずに組んでいます。
 今日も、その木目の美しさに、惚れ惚れと見とれてしまいました。

 お茶を飲みながら、ご主人と女将さんの馴れ初めから、この12年間の苦労話やエピソードなど、温泉旅館の喜怒哀楽話をじっくりと聞いてきました。
 もちろん、温泉もしっかりと堪能してきましたよ。


 そうそう、リピーター率80パーセントのナゾでしたね。
 僕が取材のなかで見つけた秘密は、いくつもあったのですが、その中の1つにオープン以来、日帰り入浴客を受け入れていないという湯へのこだわりがありました。
 宿泊客を大切にしていることが、ちゃんとリピーター率という数字となって表れているんですね。

 でも、なによりも僕は、ご主人と女将さんのさわやかな笑顔と明るい性格が、人をひきつけているんだと思いますよ。
 だって、今日は、本当に気分がいいんですよ。
 お2人から元気をもらって帰りました。

 ご主人、女将さん。
 ありがとうございました。

 とっても、楽しい取材でした。
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
たんげ温泉 「美郷館」
    コメント(0)