温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年04月22日

赤城温泉 「赤城温泉ホテル」⑤


 何十年ぶりだったのだろうか?
 いや、もしかしたら人生で、初めてだったのかもしれない。
 昨晩は、オヤジとオフクロと3人で、「川」 の字になって眠りました。


 「湯之沢へ行ってみたいな」 とオヤジ。
 「あづまやに久しく行ってないものね」 とオフクロ。
 前々から、赤城温泉へは一度連れて行ってやらねばと思いつつ、何年も何年も月日を重ねていました。
 ところが、ひょんなことから僕と両親が、赤城温泉へ行くことになったのです。

 「湯之沢」 とは、赤城温泉の旧温泉名「湯之沢温泉」 のことです。
 「あづまや」 とは、赤城温泉ホテルの旧屋号であります。

 何度かブログでも書いていますが、赤城温泉ホテルの10代目主人、東宮(とうみや)秀樹さんは、僕のはとこです。
 で、オヤジの母親も、オフクロの母親も、ここ 「あづまや」の生まれであります。
 少し家系図的には、ややこしいのですが、僕の2人の祖母は “叔母と姪” の関係にあたります。
 ですから、僕の体の中には、とても濃い東宮一族の血が流れているのです。


 で、なぜ、僕と両親が今回 「あづまや」 へ行くことになったのかというと・・・

 僕の大叔父にあたる詩人の東宮七男(とうみや・かずお)<1897~1988>の想い出を語る会が開かれることになり、高齢ではありますが本人を良く知る甥っ子のオヤジが生き証人として呼ばれたのであります。
 当然、オヤジ1人では行かせるわけにはいきませんので、介護役にオフクロと僕が同行することになりました。

 主催はオフクロの従弟で、季刊 「群馬風土記」(群馬出版センター) の編集員でもある東宮春生氏と、東宮七男の実子で元新聞記者の東宮哲哉氏。
 会場となった赤城温泉ホテルには、その他、関係者が12人も集まりました。

 東宮七男は、大正時代から戦前・戦後を通じて前橋を中心に活動した郷土の詩人です。
 県師範学校時代に、萩原朔太郎の主宰する「詩と音楽の研究会」に入会し、大きな影響を受けました。
 戦後は、「上毛かるた」の制作にもたずさわりました。

 オヤジもボケ老人ながら、昔のことは良く覚えているようで、東宮七男との思い出話を披露。
 草野心平や萩原恭次郎、中西悟堂、おのちゅうこうらとの交友話、さらには七男の従兄である軍人、東宮鉄男(とうみやかねお)大佐にまでおよび、一族の偉人話に花が咲いたのでありました。


 僕にとっては、話の内容なんて、どうでも良かったのであります。
 “ああ、これで長年の夢だった親孝行がやっとできた”
 と、ただそれだけを考えていました。

 部屋にもどると、蒲団が3つ。
 「川」の字に敷かれていました。

 トイレに近いほうから、オヤジ、オフクロ・・・
 僕は2人が寝付いてからも、しばらく窓辺のイスで、両親の寝顔を見ながら酒を飲んでいました。

 やっぱり、初めてかもしれない。
 だって、僕には兄がいるのだから、子どもの頃だって 「川」 の字では寝なかったろう。
 もしかして、これが最初で最後の親子水入らずの「川」の字になるのだろうか?
 なんとも複雑な思いで、眠りに着きました。


 一夜明けて、オヤジとオフクロを連れて、2人の母親が産湯を浸かった “湯之沢の湯” へ。
 「小学校の夏休みはな、毎年、俺は湯之沢で宿題をやったんだよ」
 やせ細って、ちっちゃくなっちゃったオヤジが、湯舟の中で遠い昔の思い出を語り出しました。

 昔も今も変わらない、茶褐色のにごり湯。
 この湯が、我が一族のルーツの源であります。
   

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川古温泉 「浜屋旅館」⑧ (2018-12-13 10:32)
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)

この記事へのコメント
札幌も少しだけ春めいてきました。近所の公園で水芭蕉とリュウキンカが
咲き始めました。ベランダから見える山も霞んでいます。
僕は4人兄弟の末っ子。父だけとか母だけなら並んで寝たことは有りますが
川の字は無かったですね。両親とも亡くなっていますから、もう不可能ですが
仮に川の字・・・そんな場面に成ったら照れくさくて仕方なかったでしょうね。
Posted by くらりん at 2012年04月23日 20:39
札幌も少しだけ春めいてきました。近所の公園で水芭蕉とリュウキンカが
咲き始めました。ベランダから見える山も霞んでいます。
僕は4人兄弟の末っ子。父だけとか母だけなら並んで寝たことは有りますが
川の字は無かったですね。両親とも亡くなっていますから、もう不可能ですが
仮に川の字・・・そんな場面に成ったら照れくさくて仕方なかったでしょうね。
Posted by くらりん at 2012年04月23日 20:40
くらりんさんへ

ええ、とっても照れくさかったですよ。
だから2人が寝るまで、1人で酒を飲んでいたのですよ。
オヤジは、すぐに寝ましたが、女親は口が達者でうるさいですな。
隣で、1日の出来事を、あーだ、こーだとしゃべり続けていました。
しまいには僕も我慢がならず 「かーさん、いい加減に、もう寝てくれよ」 と言って強制的に寝かせました。
親孝行も、疲れますね。
Posted by 小暮 at 2012年04月23日 21:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
赤城温泉 「赤城温泉ホテル」⑤
    コメント(3)