温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年04月30日

書いて、書いて、書きまくれ!


 僕の短気は、昔から有名です。

 子どもの頃は、オフクロからよく、「悪いところだけ、お父さんに似ちゃって。“短気は損気”だよ」 と言われたものです。
 でもね、三つ子の魂 百まで。
 大人になった今でも、まったく治っていません。

 だからって、誰彼なしにケンカをするというわけじゃありませんって。
 ま、時々はケンカもしますが、暴力は振るいません。
 ただ、自分で言うのもヘンですが、僕は “生意気” なんですよ。

 若い頃は、この “生意気” が板についていましたが、年を重ねるにつけ、だんだんとこの “生意気” が邪魔になってくるんですね。
 だって、“生意気”って、若者の特権みたいなものじゃないですか。
 50歳過ぎても “生意気” なんて、世間体が良くありませんもの。

 だから僕は、40歳を過ぎたあたりから、この “生意気” を持て余してしまっているんです。
 誰か、短気を治す方法を知っている方がいましたら、教えてくださいな。



 以前、さる人から、こんなことを言われて、ムカついたことがありました。

 「キミはライターなんだから、とにかく、書いて書いて書きまくることだよ!」

 もう、その時は、カチーーンときました。
 だって、その人は、業界の人でも、ライターの先輩でも、作家でもないんですよ。
 ただの大学教授です。
 僕より、歳が上っていうだけです。

 で、上から目線の、この言葉です。

 ( けっ、アンタに言われたくないね。言われなくっても、ちゃんと書いていますよ。このクソジジイがっ!)
 なーんて、その時は腹の中で、その人を罵倒していたのであります。
 そして数日後には、その感情も忘れてしまいました。


 ところが、なんです。
 最近、ことあるごとに、その人が言った言葉が、頭の中をめぐるんです。

 「書いて、書いて、書きまくれ!」 って。

 たまった原稿を抱えて、ウンウンうなっている時や、
 安請け合いをして、ただ同然の原稿を書かされてしまった時など、
 なぜか、不思議と、あの言葉が脳裏をよぎります。

 書いて、書いて、書きまくれ!


 考えてみれば、僕はライターなんですよね。
 プロなんだもの、他人の100倍やっててあたりまえなんです。

 プロ野球のピッチャーは、投げて投げて投げまくります。
 マラソンランナーは、走って走って走りまくります。
 画家は、絵を描いて描いて描きまくります。
 ピアニストは、ピアノを弾いて弾いて弾きまくります。

 だもの

 ライターは

 書いて、書いて、書きまくるのは、当然のことなんですよ。

 思えば、ムカつくことでも、なんでもないことです。
 大学教授は、当たり前のことを言っただけだったんです。

 そのことに気づかせてくれたことに、今は素直に感謝できるのであります。

 Y教授、ありがとうございました。
 相変わらず、生意気は治りませんが、お言葉どおり、
 “書いて、書いて、書きまくろう” と思います。

 秋には、僕の最新刊を送りますので、また叱咤激励の言葉をください。
 よろしくお願いいたします。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
短気に 生意気ですか…

個性ですから それで良いかと 思いますが

短所は無くなる事は 有りませんし 向き合っているだけ無駄だと 考えます

日々 長所を伸ばせば それで帳消し d(^-^)

なぜなら 人間どんなに生きても 完成に至る事は 無いのですから
Posted by momotaka at 2012年05月02日 15:39
momotakaさんへ

いつもありがとうございます。
そう言っていただけると、救われます。
“長所” が、どこまで伸びるのかが問題ですが、自助努力あるのみですね。
Posted by 小暮 at 2012年05月03日 01:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
書いて、書いて、書きまくれ!
    コメント(2)