温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年05月16日

ムカデ、むかで、百足三昧


 以前、僕が伝説 「赤城と日光の神戦」 について調べていることを書きました。

 一般的には、赤城山の神様はムカデで、日光二荒山(男体山) の神様はヘビということになっています。
 ところが、赤城山北麓の老神(おいがみ)温泉だけは、赤城の神がヘビとして祀られているのです。

 なぜ、入れ替わってしまったのか?
 その真相を探るべく、今日は、赤城東南麓に残る根強い “百足(むかで)信仰” を追ってきました。
 (「赤城と日光の神戦」については、当ブログの2012年4月25日「入れ替わった神様」参照)


 午前10時、前橋市内をスタートして、まずは全国に334の分社を持つ赤城神の総本社、前橋市三夜沢の「赤城神社」へ参拝。
 取材の安全と無事を祈願しました。

 通称、南面道路(R353)を走り、旧新里村(桐生市新里町)板橋にある「赤城の百足鳥居」へ。
 この鳥居は、赤城山の東南の参道として天明2年(1782)に建てられた、安山岩製の稲荷鳥居です。
 社殿はなく、赤城山を御神体としています。
 で、この鳥居には、ムカデの彫刻が施されているのです。
 そして、この周辺の人たちは、神の使いであるムカデを決して殺すことはなかったと伝えられています。

 次に向かったのは、同じく旧新里村山上にある「山上城跡公園」です。
 この公園には、とても珍しいムカデとヘビのレリーフがあります。
 かつての城の構造が描かれた案内板の隣には、
 “むかしむかし、赤城山の神様の大むかでと日光男体山の神様の大蛇(おろち)とが争いましたとさ”
 と書かれ、からみ合う大きなムカデとヘビが石に刻まれています。
 (ヘビの目は×印になっていて、赤城山の神のほうが強いことを表しています)

 午後は太田市へ移動し、西矢島の「赤城神社」へ。
 ここには、本殿の扉の左右に、ムカデが描かれているといいます。
 が、行ってみると、氏子がいるのかいないのか、社殿は荒れはてていました。
 また、社殿周りには、それらしきムカデ絵は見当たりません。

 僕とカメラマンの行動を不審に感じたのか、敷地内の公民館にいたオジサンたちが3人出てきました。
 「これこれ、しかじか、なんですよ」
 と僕が説明すると、
 「確かに、ムカデを祀っているという話しは聞いたことはあるが、そんな絵は見たことないな~」と、3人が3人とも地元で生まれ育ったが、知らないと言います。

 「もしかしたら、“扉絵”というんだから、本殿の中かもしれんぞ」
 と言って、社殿の入口を開けてくださいました。
 僕に続いて、カメラマンが入ります。
 中は荒れ放題で、砂ぼこりが舞い上がります。

 奥に本殿が鎮座しています。
 近寄って扉を見ると・・・
 「これかな……、うん、ムカデに見えるよ」と僕。
 「そーですね。だいぶ風化して色が落ちていますが、ムカデのようですね」とカメラマン。
 絵が薄過ぎて、写るかどうか分かりませんが、とりあえず写真を撮ってもらいました。

 氏子(?)らに、お礼を言い、太田市を後にしました。
 正直言って、ちょっとガッカリです。
 保存状態が、悪過ぎました。


 日が西に傾き出すころ、僕らは館林市に着きました。
 今度こそは、スクープを!
 オイラの心のド真ん中に、強烈なストレートパンチが欲しいものです。

 はやる気持ちを抑えつつ、ファイナルステージの館林市足次の「赤城神社」へ。
 ここには、“むかで絵馬” が奉納されています。

 社殿を覗き込むと、確かに社内の壁には、ムカデが描かれた大きな絵馬がかかっていました。
 絵馬は、①「ムカデはお足(お金)が多いので、お金が貯まるように」、②「ムカデは子どもをたくさん産むので、子宝に恵まれるように」 との願いが込められています。

 そして、社殿の胴回りや梁(はり)には、いくつもムカデの彫刻が施されていました。
 それはそれは、見事な “むかで彫刻” であります。

 「これならバッチリですよ」と、夢中になってカメラマンはシャッターを切っていました。
 「ああ、立派なムカデの彫刻だね~」と、僕も大満足です。


 赤城山東南麓の人たちは、昔からムカデが出ると、
 「赤城のお山へ、お帰り」 と言って、家の外へ逃がしてやるそうです。
 また赤城神社の周辺には、「百足塚」も多く見られます。


 さて、赤城の神は、ムカデか、ヘビか?

 いよいよ、真相に迫ります!
 (6月22日発行の「ちいきしんぶん」(ライフケア群栄) に掲載予定)
  

同じカテゴリー(取材百景)の記事
 される側の心理② (2017-09-03 17:16)
 龍を見たか (2017-07-15 13:13)
 いとしのシュンラン (2017-05-03 18:56)
 四万百遍 (2016-10-20 22:21)
 さいたまの里山てくてく歩き (2016-10-14 12:08)
 される側の心理 (2016-10-09 11:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ムカデ、むかで、百足三昧
    コメント(0)