温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年05月19日

半出来温泉 「登喜和荘」②


 “ああ、僕はこの一瞬のために、この仕事をしているんだ”
 と思える瞬間があります。


 昨日は朝から、嬬恋村の半出来温泉「登喜和荘」へ行ってきました。
 いや、正確に言うならば、2代目主人の深井克輝さんに会いに行ったのです。


 「小暮さん、NHKテレビに出ていましたね。見ましたよ。いつぞや、パチンコ屋の広告を送っていただき、ありがとうございます」 と主人。

 パチンコ屋の広告とは、以前、某パチンコ屋のチラシ企画で、インタビューを受けたことがあり、そのチラシの全面に僕の入浴シーンが掲載されたことがあったのです。
 その写真というのが、このブログのタイトルバックに使用されている半出来温泉の混浴露天風呂でした。
 (ご存知、樽風呂に僕が浸かっている写真です)

 で、昨日、久しぶりに宿を訪ねてみると、しっかりと浴室へ向かう廊下に、このチラシが貼ってありました。
 ご主人、ありがとうございます。

 「実は、今回は、ご主人にお願いがあるんですよ。
  僕と一緒に、風呂に入っていただけませんか?」

 と、ぶしつけながら、恐る恐る聞いてみると、
 「ああ、いいよ」
 と、いとも簡単にOKをいただいてしまいました。

 ありがとうございます。ご主人!
 「ならば、ご主人の気の変わらないうちに、撮影を済ませてしまいましょう」
 とカメラマンを促し、3人で露天風呂へ。

 いやいや、相変わらずの絶景であります。
 ツツジ、アヤメ、オダマキが咲き誇る庭園を、まっ裸で歩き回る解放感ったらありません。

 「もう少しすれば、シャクヤクの花がキレイに咲きますよ」
 と、先に樽風呂に沈んだご主人。
 では僕は、隣の升風呂のほうへ・・・


 「いいですねぇ、ふたりとも体を向かい合わせてください。
  はい、そーです。バッチリですよ!
  後ろの吊り橋も、ちゃーんと入りました」
 と、カメラマンの言葉どおり、会心のベストアングルの撮影ができました。


 実は昨晩、僕とカメラマンの I さんは、ふたたび酒処 「H」 に集合したのです。
 いい仕事をすると、ただそれだけの理由で、祝杯を挙げたくなるものです。
 仕事って、そーいうものなんですよ。

 で、さっそく I さんは、昼間撮影した写真のプリントを持ってきました。

 「うわ~、いい写真だね~」
 「筆者とご主人が一緒に入浴している写真なんて、珍しい!」
 「小暮さんじゃなければ、できない取材ですね」 
 と、カウンター席の常連客やママからも声が上がりました。

 新緑に囲まれた渓谷の中、むさくるしいオヤジが2人、楽しそうに語らいながら温泉に入っています。
 その後ろには、白い吊り橋が写っていて、なんとも秘湯の雰囲気を盛り上げているのです。


 「では、カンパイ!」

 写真を眺めながら、キーンと冷えた生ビールを、思いっきり乾いたノドにぶつけてやりました。

 ひええええ~、たまりませ~ん!

 ああ、この瞬間ですよ、この瞬間!
 僕は、この一瞬のために仕事をしているのだと、実感しました。

 満足いく仕事をしたあとの一杯ほど、ウマイものはありませんなぁ~。

 (※半出来温泉「登喜和荘」の記事は、6月6日の朝日新聞群馬版 『おやじの湯』 にて掲載されます)
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
こんにちは♪
今日は足利の山中をMTB仲間と激走して来ました!

自宅に帰還して一風呂浴びた所です

プシュ♪缶ビールでも飲みたい雰囲気ですね(笑)

さて半出来温泉は嬬恋方面のスキー帰りに立ち寄りますよ!

小暮さんのHPの樽風呂を見て、あぁ半出来温泉だなぁ~直ぐ分かりましたよ

二月頃だったかな!?スキー帰りの半出来温泉でしたが樽風呂は無かったですけれど・・・・?

小暮さんの裏メニューですか(笑)


昨日は、お台場で開催された

Nostalgic car show に行きましたよ♪
レストア済のハコスカGT-R が¥7780345で販売していましたよ(汗)

恐ろしい価格ですね( ̄▽ ̄;)

絶版車より、お台場はガンダムの方が人気でしたね(^o^;)
Posted by うえちゃん at 2012年05月20日 15:35
うえちゃんへ

半出来温泉の樽風呂は、定期的に交換されます。
現在の樽(みそ樽です)は、最近新しくした4代目だとか。
ちょうど、うえちゃんは、交換時に行ったのですね。
Posted by 小暮 at 2012年05月20日 16:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
半出来温泉 「登喜和荘」②
    コメント(2)