温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年05月23日

向屋温泉 「ヴィラせせらぎ」


 今年で4年目を迎えたNHK文化センターの温泉講座 「続探訪!ぐんまの小さな温泉」。
 本年度の第2回目講座は、昨日、上野村にある向屋(こうや)温泉「ヴィラせせらぎ」 へ行ってきました。

 受講生にとっては、念願の温泉です。
 というのも、平成22年度の8月スケジュールに組まれていたのですが、その時期は御巣鷹山事故の遺族らや学生の合宿が多いとのことで、急きょ中止となり、先送りされていたのです。

 今年度は、時期をずらして5月の講座で訪ねることにしました。


 午前8時30分。
 前橋駅前を出発したバスは、高崎駅前で残りの受講生を乗せて、一路、上野村へ向かいました。

 現在、上野村へは、上信越自動車道の下仁田ICから南牧村の湯の沢トンネルを通って上野村へ入る道が最短で一般的ですが、今回は、あえて藤岡経由で、旧鬼石町~旧万場町~中里村を通る神流川(かんながわ)沿いの道をゆっくりと、新緑の山並みを愛でながら行きました。

 心配されていた雨も、午前いっぱいはなんとか我慢してくれたようで、白水の滝(神流町魚尾) や蛇木の滝(上野村新羽)、龍神の滝(上野村野栗) と滝めぐりを楽しんだ後、向屋温泉へ到着。


 「ヴィラせせらぎ」 は、たびたび雑誌や本の取材で訪れている宿です。
 上野村にある4つの温泉(うち1つは日帰り施設) のなかで、一番新しい温泉です。

 開湯は、平成8年。
 毎年行われる、日航機事故の慰霊祭に訪れる遺族や関係者のための宿泊施設も兼ねて建てられました。

 この温泉の特筆すべきは、そのPH(ペーハー)値の高さです。
 PH値とは、水素イオン指数のことですが、この数値が少ないと酸性、多いとアルカリ性が高いことを示します。
 で、ここの数値はPH10.5 (最新の分析書では、9.7でした)。
 僕が知る限り、県内トップクラスの強アルカリ性泉です。
 それゆえ加水がされていますが、それでも内風呂の湯は、ヌルリとした独特の浴感を楽しめることができました。

 もう1つ、特筆すべきは、ここの料理なんですね。
 低料金(国民宿舎ですから) の宿のなのに、料理が良いのが評判です。
 イタリアンレストランが併設されているので、料理も和洋折衷が売り。
 昨日の昼食も、特産の猪豚ソーセージなどのオードブルやグラタンからはじまり、ウドやワラビの和え物、漬け物と幅広いメニューに、受講生らは大満足でした。

 「料理がいいと、酒が進みますね」 と、当講座一の飲兵衛Nさんは、いきなり日本酒で飛ばしています。
 「さあ、先生も、どうぞどうぞ」 と勧められて、ビールを飲んでいた僕ですが、
 「そーですか、悪いですねぇ~」と、相伴にあずかってしまいました。

 銘柄は、藤岡市の地酒 「三波石」 です。
 コシアブラの天ぷらや刺身こんにゃくに、良く合いますねぇ~!
 これだから、温泉講座は楽しい!


 今年の講座は、まだ始まったばかり。
 受講生のみなさん、来月もよろしくお願いしますね。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
お礼の書き込みが遅くなり、ごめんなさい。変な気候でバテ気味で。講座はとてもとても楽しゅうございました。お湯のPHの調節がよろしくて、気持ちよく、お湯加減も丁度で、とても快適でした。お料理もとても美味しゅうございました。ホテルパーテーのような気分になりました。ありがとうございました。次回6月26日もとても楽しみで・・・お湯と共にオプションの工房見学がまた楽しみで・・・H21年に須恵器の作品を拝見して、すっかり魅せられております。大きなのは買えなくて、小さな小さなのですがを購入し、楽しでおります。讃歌も詠んだほどでございます。
水無月は水の色なり山深き池の面(も)に青と緑が揺らぐ
水のいろ琅玕(ろうかん)色に碧(へき)色や翠色(すい)色などとグラビアに知る
古代には緑と青は同じいろ二重(ふたへ)緑の名にとどめをり
購ひし須恵器は古代の技法にて黒と灰いろ薄茶が揺らぐ
庭に咲く紫蘭を活けてテーブルに須恵器はまさに土の贈(たま)もの
温泉と共に工房見学たのしみにしております。よろしく。
Posted by しをちゃん at 2012年05月26日 11:04
しをちゃんへ

お疲れ様でした。
みなさん、大変満足だったようで、講師としても嬉しいかぎりです。
次回は、群馬で一番新しい温泉地です。
料理の評判も良いところなので、これまた楽しみです。
健康に留意して、来月も元気にお会いしましょうね。
Posted by 小暮 at 2012年05月26日 20:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
向屋温泉 「ヴィラせせらぎ」
    コメント(2)