温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年05月28日

「ありがとう」 と言える温泉


 先日、取材中にハッとさせられたことがありました。

 それは、温泉旅館の女将が言った言葉です。
 「こちらがお金をいただいているのに、お客さんの方から 『ありがとう』 って言っていただいたとき、ああ、この仕事をしていて良かったと嬉しくなります」


 いつの世からでしょうか?
 お金を払う人が、もらう人より偉くなってしまったのは・・・
 「お客様は神様です」 なんて、三波春夫が言ったころからでしょうかね。
 日本が高度経済成長の波に乗り、豊かになり出したころです。

 「それ以前の客は違ったよ」 と言った温泉旅館の主人がいました。
 昔の客は “泊めていただく”、
 今の客は “泊まってやる” なんだそうです。

 「温泉が、ありがたかった時代の話ですよ」
 と笑った主人。
 でも、似たような話を、このところ取材先で、いっぱい拾ってきました。

 「温泉があるだけで、人が来たからね」
 「廊下でもいいから泊めてくれっていう客が大勢いたよ」
 「今じゃ、風呂が小さいの、料理がまずいの、サービスが悪いの・・・帰った後までネットに悪口を書かれる始末です」


 そんなときに出合った、客が言う 「ありがとう」 の言葉。
 とっても、新鮮でした。

 本来、物々交換であれば、その対価は同等です。
 売るモノやサービスと、支払う金額は対等なのですから、どちらの人間が偉いなんてことはありません。
 互いが満足できれば、どちらからも 「ありがとう」 の言葉が出ていいはずです。


 モノを売ってくれて、「ありがとう」。
 サービスをしてくれて、「ありがとう」。

 そして、いい湯を守ってくれて、「ありがとう」。


 お金を払う人の 「ありがとう」 が、もっともっと増えると、
 この国は、もう少し住みやすくなるかもしれませんね。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
ほんと、そのとおりですぜ!コグレさ~ん!!
Posted by おしるこちゃん at 2012年06月07日 16:29
おしるこちゃんへ

おしるこちゃん! お久しぶりです。
お元気でしたか?
お金を払って 「ありがとう」 の輪を、もっともっと広げましょう!
Posted by 小暮 at 2012年06月07日 22:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「ありがとう」 と言える温泉
    コメント(2)