温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年06月17日

子として父として


 自慢ではありませんけど、日頃から僕は親孝行をしているほうなので、あえて 「父の日」 だからという考えはありませんでした。

 でもね、出かけついでに本屋をのぞいたら、オヤジの好きそうなパズルの雑誌がいくつも並んでいたのですよ。
 “ああ、ボケたオヤジの楽しみって、本を読むかパズルを解くくらいしかないものなぁ・・・”
 なんて思ったら、無性に買って届けてやりたくなってしまったのです。
 で、ボケ防止(いや、すでにボケでいるので進行防止) のために 「漢字パズル」 と 「ナンプレ」 を1冊ずつ買いました。


 「なんで来た?」
 実家へ行くと、相変わらず所在なげに、うろついているオヤジがいました。

 「今日は、父の日だよ。はい、プレゼント」
 と雑誌を手渡すと、
 「おお~、ナンプレじゃないか! 俺の大好きなパズルだ」
 と満面の笑みを浮かべて喜んでくれました。
 思いつきのプレゼントですが、大成功です。

 「ありがとう……、ありがとう……、ありがとう……」

 あれれ、ちょっとオヤジの様子がヘンであります。

 「ありがとう……、ありがと…… 、ありが……」

 なんだか壊れた蓄音機みたいに、何度も何度も同じ言葉を繰り返しています。
 良く見れば、目にうっすらと涙を浮かべています。

 なんて大袈裟な、歳をとるとこれだから困ります。
 たかがパズルの雑誌ですよ。

 「じいちゃん、良かったな。いい息子がいてさ」
 と、自画自賛ぎみに言ってやりました。

 す・る・と、

 スーッと手が伸びてきたのであります。

 「?」
 と思っていると、僕の手を取って握手を求めてきたのです。
 「ありがとう……」

 握ったオヤジの手は、ガリガリにやせ細っていました。

 あー、いやだ、いやだ!
 どーしちまったんだい。
 情けねーなぁ~!
 子供の頃、オレを思いっきり殴ったぶっとい手は、どこへ置いてきちまったんだい。
 ちょっぴり、淋しくなってしまいました。

 “年寄りを笑うな、行く道だ” か・・・

 なんだか、また安い親孝行をしてしまいましたね。



 家に帰ると、ちょうど大学生の息子もアルバイトから帰って来たところでした。
 彼は手に、コンビニの袋をさげています。

 チラッと横目で見て、気づかなかったふりをして、通り過ぎようとしたとき、
 「これ」
 と、袋を僕に差し出しました。
 「なに?(中身はだいたい察しは付いていましたが、知らないふりをしたのです)」

 「父の日」
 とだけ告げて、彼は2階へ上がって行ってしまいました。

 中身は、缶ビールです。
 それも 「キリン一番搾り」。
 僕の一番好きな銘柄じゃないですか!

 いつもは、安い発泡酒を飲んでいるのを知っていたんでしょうね。
 “「父の日」くらい、好きなビールを飲め”ってか!

 なんだか、目頭が熱くなってきましたよ。
 オヤジが 「ありがとう」 を連発した気持ち、分かるような気がします。


 やがて、遊びに出ていた中学生の末娘が帰宅しました。

 「はい、父の日」
 と言って、渡されたのは酒のつまみでした。
 おいおい、お前ら兄妹で示し合わせて、晩酌セットにしたのか?!

 ま、そんなことは、どうでもいいことです。


 「ありがとう……、ありがとう……、ありがとう……」

 オヤジのか細い声が、今も聞こえています。

 父から子へ、子から孫へ・・・
 「ありがとう」 のバトンが受け継がれているようです。


 あれ?
 で、嫁いだ長女は、どうした?
 メールも電話もないぞ!

 ま、催促するものでもないし、便りがないのは元気な証拠だと解釈しましょう。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
やだー 涙  なんで涙か? 
父の指を思い出しまして…
やっぱ細くて、若いころの太い指はそこにはなかったのを
Posted by ぴー at 2012年06月18日 10:49
ぴーさんへ

月日は嫌な事を忘れさせてくれますが、同時に老いも連れて来るんですね。
「人生が二度あれば」 なんて歌を思い出します。
Posted by 小暮 at 2012年06月18日 20:11
16日はごめんなさい。この激しい気温の変化について行けなくてバテ気味の上、当日は年一回の懐かしい故郷仲間の集まりがあり、ごめんなさい。来週はカルチャーで、たのしみにしております。よろしく。
Posted by しをちゃん at 2012年06月20日 09:55
16日はごめんなさい。この激しい気温の変化について行けなくてバテ気味の上、当日は年一回の懐かしい故郷仲間の集まりがあり、ごめんなさい。来週はカルチャーで、たのしみにしております。よろしく。
Posted by しをちゃん at 2012年06月20日 09:56
しをちゃんへ

なにも、しをちゃんが謝ることはありませんよ。
毎月お会いしているのですから、いつでも温泉話はできます。
来週は、今年3回目の講座日ですね。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Posted by 小暮 at 2012年06月20日 18:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
子として父として
    コメント(5)