温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年06月24日

さらば涙と言おう


 ♪さよならは誰に言う
   さよならは悲しみに
   雨の降る日を待って
   さらば涙と言おう♪
   (作詞:阿久悠 作曲:鈴木邦彦)


 5年前の6月に、中学時代のクラス会をして、昔のクラスメートと卒業以来、34年ぶりの再会をしました。

 僕は幹事で、有志と41名の名簿を1年がかりで作成しました。
 かつての3年8組の生徒は、41名です。
 現在の所在地が判明した生徒は39名。
 あの手この手を駆使しましたが、残念ながら2名は所在不明でした。

 さらに残念だったのは、すでに2名(男1、女1) が他界していたことです。

 それでも当日は、日本全国へ散ったクラスメート23名と担任の先生が集まりました。
 一番遠い人は、鹿児島県からやって来てくれました。


 で、その時、メールのアドレス交換がされ、その後、頻繁に元同級生の間でメールが飛び交うようになったのです。
 春に、夏に、暮れに、「飲みませんか?」 メールが送られて来ます。

 もちろん、こちらも都合があり、毎回は出席できませんが、それでも、この5年間に僕も何度かは顔を出しています。
 で今回、2年ぶりに「出席」メールを返しました。


 昨晩、ミニクラス会場となった前橋市内の居酒屋に集まったのは、男子6人、女子3人。
 2年ぶりくらいだと、あまり変化はありませんが、それはそれなりに皆さん上手に老いていましたよ。

 N君は、今年長女が嫁いだといいます。
 Mさんは、念願の再婚を果たしたと、ごきげんでした。
 O君は、今年おじいちゃんになりました。僕のお仲間ですね。

 9人中、これで孫のいる人が3人になりました。
 K君については、すでに3人の孫のおじいちゃんです。

 「早く孫を作ったほうがいいぞ!」
 とO君に言われたN君は、
 「オレが作るんじゃねぇ。そういうことはムコに言ってくれよ」
 と言って、笑いをとっていました。


 同級生って、不思議な存在ですね。
 “現在” が無いんですよ。
 あるのは、“過去”と“未来”だけ・・・

 「あの頃はどーだった」「あの時はこーだった」話を、会えばまた何回でも繰り返します。
 未来といっても、「今度、温泉で集まろう」とか「また先生を呼んでクラス会をやろう」といった当たり障りの無い未来話です。


 そしてお決まりは、カラオケボックスへ。
 会社や友人たちとのカラオケでは、きっと新しい今の歌も歌っているのでしょうが、なぜか、同級生が集まると懐かしの青春ソングばかりになってしまいます。

 「俺たちの旅」 や 「太陽がくれた季節」 なんて、定番です。
 そして今回は、「さらば涙と言おう」 を大合唱しました。

 ご存知、現・千葉県知事の森田健作の主演ドラマ 『おれは男だ!』(1971~72) の主題歌であります。
 当然、「やあ、吉川く~ん」と言いながら、みんなで歌い出したのは言うまでもありません。


 ♪青春の勲章は
   くじけない心だと
   知った今日であるなら
   さらば涙と言おう♪


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)

この記事へのコメント
そうですか、33年年ぶりですか!私も高校のは何回かありましたが、小中学のはないなあ。誰かお知り合いで、3年3組の誰か知ってらしたら教えてくださいませ。
Posted by 斎藤 稔 at 2012年06月24日 17:55
斎藤稔さんへ

ご無沙汰しています。
斎藤さんは、3年3組でしたか!
あの頃は、まだ10組までありましたよね。
斎藤さんが幹事になって、まずは名簿の作成から始めてみてはいかがでしょうか?
39年ぶりの再会が、実現しますよ!
Posted by 小暮 at 2012年06月25日 01:01
読みながら歌っちゃいました

私も集合かけるとすぐ集まるクラス会があります!
行方不明や連絡つかない人もやはりいて心配
学校に問合せしても、個人情報だからと、門前払いですし
セチガない世になったもんです
Posted by ぴー at 2012年06月25日 09:11
ぴーさんへ

歌詞を見て歌えたとは、ぴーさんも人間が古いですなぁ~(笑)

それにしても同級生とは、不思議な存在ですね。
友人でも、知人でもなく、なんだか “いとこ” か “はとこ” のような親戚感覚です。
昔を知っているというのが、妙に落ち着くんですよね。
Posted by 小暮 at 2012年06月25日 19:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
さらば涙と言おう
    コメント(4)