温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年07月07日

老神温泉 「牧水苑」


 「かみつけの とねの郡の老神の 時雨ふる朝を 別れゆくなり」 牧水


 老神(おいがみ)温泉の 「牧水苑」 を訪ねるのは、2度目です。
 確か・・・、4~5年前だったような・・・

 女将さんの桑原球(たまき)さんと、お会いするのも2回目ということになります。
 でも・・・、取材をした記憶がないんですよね。


 「牧水苑」 に来たことはある。
 女将とも会ったことがある。
 なのに、取材した記憶も、どこかに記事を書いた記憶もない・・・

 これって、どーいうことですか!?

 もう、本人に確かめるしかありませんって!
 と、いうことで、真相究明のために行ってきました。
 (ウソです。取材です)


 で、女将と会うなり、互いに記憶の模索を始めました。
 「僕は以前に、女将さんに会っているんですよ。ここにも来ました。でも取材ではなかったようなのですが・・・」
 すると女将も、僕に会ったことがあるような気がすると・・・

 少しずつ少しずつ、互いの記憶をたどって行くと……、
 あ、あああっ!

 わ、わ、わかりました!

 当時、女将さんは老神温泉「女将の会」の会長をしていたのです。
 現在も8月~9月初旬まで、毎日行われている盆踊りの仕掛け人でした。

 僕は当時、群馬県の温泉応援ソング 『GO!GO!温泉パラダイス』 という曲のCDを持って、県内温泉地をPRキャンペーンに回っていたのです。
 で、老神温泉の観光協会を訪ねたら 「ならば女将の会が、毎晩、盆踊りを踊っているから会長を紹介しましょう」 ということになり、「牧水苑」の女将さんを訪ねたのであります。

 あー、すっきりしました。
 思い出せない記憶を取り戻した瞬間というのは、なんとも爽快であります。
 これで、心置きなく取材ができるというものです。


 あの日以来、僕は、一度ちゃんと取材したいと思っていた宿なのであります。
 だって、「牧水苑」 ですよ!
 牧水好きが、見逃すわけにはいきません。

 なぜ、牧水の名が付いているのか?


 <老神温泉に着いた時は夜に入っていた。
   途中で用意した蝋燭(ろうそく)をてんでに点(とも)して
   木道から温泉宿のあるという川端の方へ
   急な坂を降りて行った。
   宿に入って湯を訊くとと、少し離れていてお気の毒ですが、
   と言いながら背の高い老爺(ろうや)が提灯を持って先に立った。>
  (若山牧水著 『みなかみ紀行』 より)

 大正11年10月25日に、牧水は弟子とともに老神温泉を訪れています。
 『みなかみ紀行』 に記されている、この提灯を持って牧水を湯屋へ案内した “背の高い老爺” こそが、現女将の曽祖父なのであります。

 そして、翌日、牧水は弟子に別れを告げ、雨の中、老神温泉を後にして、日光へと向い旅立ちました。
 その時詠んだ歌が、冒頭の 「かみつけの とねの郡の老神の・・・」 であります。

 その他にも、牧水にまつわる資料や逸話にたくさん出合ってきました。
 博識なご主人の桑原朝吉さん、興味深い牧水話の数々をありがとうございました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
老神温泉 「牧水苑」
    コメント(0)