温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年07月15日

フリーという生き方


 『フリーという生き方』

 なんていうタイトルの本を、いずれ書いてみたいと思っていたら、そのものズバリ同タイトルの本をすでに書いている人がいました。
 フリーライターの岸川真さんという方です。

 しかも、この本、「岩波ジュニア新書」 なのであります。
 いわゆる子供向け(?) です。

 おお、この不景気で、不安定な世の中で、失業者や生活保護者が増えているという時代に、フリーランスという生き方を子どもたちに指南する本があるとは、「大したものだ!」 と、思わず買ってしまいました。

 本の裏表紙には、こんなPR文が書かれています。
 「会社に就職することを選ばず、フリーランスとして山あり谷ありの仕事をしてきた著者が、人との関わり方、苦境の乗り越え方、仕事の見つけ方などを元気に語ります。」

 このコピーの最後の部分、「元気に語ります」 に感動するとともに共感までしてしまいました。
 いいですね、子どもたちに “山あり谷あり” の 不安定な仕事の “苦境の乗り越え方” を元気に教えちゃうんですよ!
 同じフリーランスで生きてきた身としては、先に書かれてしまったという嫉妬(しっと)もありますが、同じ考えの代弁者がいたことのほうが嬉しかったのであります。


 最近の子どもに、将来の夢や職業を訊くと、1位は 「公務員」 なんですってね。
 ああ、世も末だって思います。
 だって、「公務員」 なんていう仕事はありませんよ!

 消防士になりたいとか、教師になりたいとかなら分かります。
 でも 「公務員」 になりたいっていうのは、将来どんな仕事に就きたいのだか分かりません。

 「将来の夢は、会社員です」 と言っているのと同じことです。

 どちらも雇用や給料の形態であって、“職業” ではありませんって!
 これでは、子どもたちは、夢を見ることを忘れてしまいます。
 親や教師や大人たちが、ちゃんと “職業とはなんぞや” ということを教えてあげなくてはいけませんね。


 で、『フリーという生き方』 の著者は、本の中で、こんな風に言っています。

 「フリーという仕事はすっ裸です。会社という身を守る衣がない。
  (中略)
 だけど自由があります。将来の夢を見ること。自分の思いを通すことができること。これは大きい。この2つのために生きているといっても過言ではありません。」

 どうですか?
 すでに 「公務員」 や 「会社員」 になってしまった大人の人には、とっつきにくい本かもしれませんが、人生の選択本として、お子さんに読ませてみてはいかがでしょうか?


 最後に、著者は、こんな言葉を読者へ投げかけています。

 「人生は冒険です。どんな荒野でもジャングルでも踏破できるようになりたくはありませんか。僕はなりたい。」 と・・・

  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
今晩わ♪

フリー・・・難しい言葉かもしれせんね(苦笑)

僕も人生は冒険だと感じます!チャレンジ精神で楽しむ事が大切です


そんな訳で本日は四万温泉巡りに参じました♪

小暮さんから配布された湯帳を片手に四万温泉巡りにチャレンジ

①湯目は御夢想の湯

貸し切り状態でしたね♪

②湯目は河原の湯
丁度観光客が出てくるのと入れ違いで入れましたよ

今日は新湯地区のΡも満車状態でした

落合通りは賑やっていたみたいです

③湯目は上之湯

いや~今日は特に熱い熱い…更に熱く水で薄めて、やっと入れました(汗)

ラストは、かじかの湯

熟女マダムが居ましたね(笑)

ココは主が居るので要注意です!!

1日で四湯を制覇しました

スタンプを押して気付いた事!

スタンプが真新しいです!つまり湯帳を活用して無いのです


群馬県民は何をしとるんや~(怒)

声を大にして心の叫び!
前橋の、ぴーさんも湯帳を活用して下さい!

明日は日光の温泉に行く予定ですよ
Posted by うえちゃん at 2012年07月15日 22:09
うえちゃんへ

さっそく 「湯帳」 を持って、中之条の温泉めぐりをしてくださっているんですね。
ありがとうございます。
四万温泉の 「上之湯」 は、僕の中でも県内熱い湯ベスト3に入る熱い湯です。
この時季は、かなり厳しい湯ですね。
お疲れさまでした。
Posted by 小暮 at 2012年07月16日 13:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
フリーという生き方
    コメント(2)