温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年07月25日

北軽井沢温泉 「御宿 地蔵川」


 カンヅメ生活で、たまりにたまった疲れを癒やすには、やっぱり温泉が一番!

 と、いうことで、カンヅメ明けの昨日、NHK文化センターの野外温泉講座で、北軽井沢温泉へ行って来ました。


 北軽井沢というと、どうしても避暑地や別荘地のイメージが強いですが、れっきとした温泉地であります。
 一軒宿の 「御宿 地蔵川」 は、温泉宿になったのは平成になってからですが、旅館としては北軽井沢の歴史を見続けてきた古い老舗宿であります。

 創業は昭和17年。
 「地蔵川旅館」 として、現主人の土屋基樹さんの祖母が開業しました。

 その後、2代目の父、勝英さんの時代は 「地蔵川ホテル」 と名乗り、現在、3代目の襲名を機に 「御宿(おやど) 地蔵川」 と屋号を改名しました。
 ちなみに、地蔵川とは、北軽井沢の旧名です。


 かつて、この地には、高原列車が走っていました。
 軽井沢と草津を結ぶ、「草軽電気鉄道」 です。

 開業は大正4(1915)年。
 最初は新軽井沢~小瀬(のちの小瀬温泉) まででしたが、大正15年には全線が開通しました。
 全長55・5km、片道約3時間半をかけて走りました。

 この間に約22の駅があったといいますが、唯一 「北軽井沢」 の駅舎だけが、今も現存しています。


 昭和26(1951)年に封切られた日本初の総天然色(オールカラー)映画 『カルメン故郷に帰る』 は、雄大な浅間山の自然と北軽井沢の町が舞台になった大ヒット映画でした。
 主演の高峰秀子が演じるダンサーのカルメンが、北軽井沢駅に降り立つシーンから映画は始まります。

 この時、メガホンを取った巨匠、木下恵介監督率いるスタッフ陣が、撮影期間中に滞在した宿が 「地蔵川旅館」 です。


 「小暮さん、お久しぶりです。ご活躍は、いつも新聞で拝見しています」
 と、3代目の基樹さんと奥さんが一行を出迎えてくれました。
 僕が、ここを訪れるのは、3年ぶりであります。

 その時、取材して書いた僕の本が、ちゃーんと、売店で売られていましたよ。
 ありがとうございます。


 泉質は、メタけい酸含有による温泉です。
 メタけい酸は、化粧品等の成分に使用される美肌成分です。
 ですから、湯舟の中で肌をさすると、ツルツルっとした感触が味わえます。

 受講生らも、大満足の様子。
 「カンパーイ!」
 飲兵衛数名が、早くもビールを飲み出しました。

 もちろん僕も、講師といえども “正しい温泉の楽しみ方(?)” として、ご相伴にあずかりました。


 「先生、もう1本注文するけどさ、手伝ってくれないかねぇ?」
 
 と、当講座一の飲兵衛、ニックネーム 「ヨッパライ」 ことNさんが、僕を誘います。
 Nさんが飲んでいるのは、日本酒です。

 「冷酒ですか……、そうですね。お手伝いしましょう」
 と、キライではない僕は、誘いを断れません。

 「キーッ、う、う、うまいっすねぇ」 と僕。
 「料理がさ、全部、酒のつまみに合うよね。先生、最高だねぇ~」
 とNさんは、すでに出来上がっているようです。

 この旅館は、和洋折衷の創作料理が評判です。
 女性陣には、「チーズ入り茶碗蒸し」 が大好評でしたよ。
 確かに、美味かった!


 仕事とはいえ、取材でも執筆でもない温泉講座は、ただただ楽しいのひと言です。

 これで疲労回復!
 明日から、またバリバリ取材へ出かけますよーッ!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
お疲れで~す(^-^ゞ

今夜は風呂あがりにハイボールてわす(笑)

軽井沢はツーリングで数えきれない程、行ってます!

映画の話は古くて分かりません┐('~`;)┌


小諸エリアで推薦の温泉♪

天草温泉浅間山荘

赤い温泉です!
坂本龍一やルイヴィトンの著名人が訪れています

菱野温泉薬師館

ここはケーブルカーで雲上の湯が楽しめます

正に夏!夏!夏!井上陽水の少年時代が聴こえてきそうな風情があります

そして高峰温泉♪

ランプの宿で有名です
食事も美味いです(ビールがすすむ)

この宿は宿泊客しか楽しめない雲上2000mの露天が魅力的ですよ

以上 小諸ベスト3でした
Posted by うえちゃん at 2012年07月25日 20:35
追伸

温泉友の会が案内しますよ♪

温泉トークショーに同行の先輩と共に(^^)v
Posted by うえちゃん at 2012年07月25日 21:13
この時期の軽井沢の文字は、清々しい響きーーー

毎日毎日、我手料理で暮らしてますと、チーズ入り茶碗蒸しなるシロモノがと

ても特別な料理に聞こえてなりません…(笑) ヤッパリ楽しそう



たぶん今夜の献立は冷やし中華!と寝酒にロック梅酒(笑)
Posted by ぴー at 2012年07月26日 09:39
うえちゃんへ

主人と付き合ってる頃 高峰温泉 に行きました。
食事がもの凄く美味しく、お湯が肌に合うなーと思ったところでした。

また行きたい温泉の一つです。
Posted by ぴー at 2012年07月26日 09:44
うえちゃんへ

ぜひ 「温泉友の会」 でも、セミナーを企画してください。
実は、今年の9月~と来年の4月~、県外へ行く温泉セミナーが2講座開講します。
のちほど詳細は、ブログにて紹介します。


ぴーさんへ

「チーズ入り茶碗蒸し」、絶品でしたよ。
アイデアの勝利ですね。
Posted by 小暮 at 2012年07月26日 09:55
ぴーさんへ

高峰温泉に何年前に行かれたか知りませんが・・・

露天風呂は最近、出来たものです

秘湯を守会の宿なんですよね(*^^*)
Posted by うえちゃん at 2012年07月26日 13:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
北軽井沢温泉 「御宿 地蔵川」
    コメント(6)