温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年07月26日

ちょっとインドまで③ 「地球のゴミ箱の中を歩く」



   ③「地球のゴミ箱の中を歩く」


 インド、という国の名を聞いて、まず最初に何を連想するだろうか?

 カレーライス、牛、カースト、ガンジス川、サリー、タージ・マハル ……

 僕にとっても、その程度の知識しかなかった。
 出発前に、2、3冊の紀行エッセーや参考資料に一応目を通してはみたものの、それ以上にも、それ以下にもイメージは増減されなかった。

 何よりも過敏になっていたのは、やはり病気のことだった。
 特にインドを旅するとなれば、コレラ、マラリア、腸チフス、肝炎といった恐ろしい病名が次々と頭に浮かんでくる。
 つい、二の足を踏みたくなってしまう。

 コレラの場合、現在、WHO(国際保健機構) もインドを汚染地区とはしていないし、最近はコレラの発生がきわめて少ないという。
 よって、日本から直接インドへ行く場合には、予防接種は義務づけられてはいない。
 それでも、しないよりは、して行ったほうが、いいに決まっている。

 出発ギリギリまで迷った末、僕は予防注射をせずに行くことに決めた。
 理由は、2つ。

 経験者の話によれば、コレラの予防注射は大変強く、高熱を伴うことが多い。
 そのために、出発前に発熱してしまい、せっかくのインド行きを断念したという、本末転倒な話も聞いた。
 また、予防注射を受けたからといって、100%確実というものでもないらしい。

 エイッ、成るようになる!
 こうなれば運を天に任せて、いざ、出陣じぁ~!

 かくて常日頃、強運の持ち主を自負している僕は、家族の心配を振り切り、ビタミン剤と正露丸をお供に、旅立ったのである。


 いざインドへ行ってみると、町はどこもゴミ箱の中を歩いているようだった。
 ゴミ箱といっても、日本の “夢の島” に象徴されるような、残飯や紙くず、使い捨てにされた生活用品が散乱しているわけではない。

 人の波、体臭、叫び声、エンジン音、色の洪水、砂ぼこり、強烈な陽射し ・・・・

 ありとあらゆる騒音と臭いが、五感という五感をすべて刺激してくる。
 まさに “地球のゴミ箱” として、僕には映った。

 牛が目の前で放尿を始める。
 それをかわそうとして路傍へ身を寄せれば、右手に水の入った空き缶を握り締めた人々が、側溝にしゃがみ込んで排便を悠然としている。
 ふと、露店の砂糖菓子に目をやれば、ハエが黒山にたかっている。
 店主は、それを追い払う様子もない。

 “これは、病気にならないほうが奇跡に近いかもしれんぞ ……”

 その時、本気でそう思ったものだ。

 我々にしてみれば、あまりにも非日常過ぎる光景に、めまいさえ感じていた。

  <つづく>


同じカテゴリー(ちょっとインドまで)の記事
 ちょっとインドまで⑩ 「ゆっくり流れる時間の中で」<最終回> (2012-09-05 17:56)
 ちょっとインドまで⑨ 「カレーライスがあった!?」 (2012-08-27 21:23)
 ちょっとインドまで⑧ 「勧善懲悪の抱腹絶倒シネマ」 (2012-08-21 19:17)
 ちょっとインドまで⑦ 「カースト制度とバクシーシ」 (2012-08-17 21:24)
 ちょっとインドまで⑥ 「バレて元々、ゴネれば得」 (2012-08-13 17:57)
 ちょっとインドまで⑤ 「音と臭いと砂ぼこりの中」 (2012-08-06 18:30)

この記事へのコメント
粘土臭 → ゴミ箱・病気

次回が大変興味深いです
Posted by ぴー at 2012年07月26日 13:50
ぴーさんへ

次回は、宿に泊まります。
これが、とにかく大変なんです。
Posted by 小暮 at 2012年07月27日 13:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ちょっとインドまで③ 「地球のゴミ箱の中を歩く」
    コメント(2)