温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年07月28日

大事なことは飲み屋で決めろ!2012


 以前、「大事なことは飲み屋で決めろ!」 というタイトルでブログを書いたのは、昨年の8月6日でした。
 その前日は、前著 『あなたにも教えたい 四万温泉』 のタイトルを決定した日でした。

 あれから1年。
 でも、今年は、去年よりも1週間以上早く、この日を迎えることができました。


 我々の業界には、“苦しいときの酒頼み” という言葉があります。
 要は、インスピレーションやヒラメキを必要とする決定事は、会議室のような場所でシラフで話し合っても、良いアイデアは出てこないということです。

 こういう場合は、お酒の神様に力を貸していただき、スパッと名コピーを生み出してもらおうという魂胆なのであります。


 昨晩、新前橋駅近くの某居酒屋に、3人のオッサンが集まりました。
 出版&編集責任者のTさん、ディレクターのKさん、と僕です。

 毎年、恒例の本のタイトル決めの選考会であります。


 まずは生ビールと、枝豆・イカ刺し・焼き厚揚げで、軽くカンパイを済ませてから、おもむろにテーブルの上に、全ページのゲラ刷りが置かれました。
 Tさんが、すべてに目を通して、感想を述べた後、いよいよ表紙まわりの候補写真とコピーが、個室の床一面に広げられました。

 何パターンかの写真に、仮のタイトルが、縦横、書体を変えてはめ込まれています。
 「僕は、こっちの写真のほうが好きですね」
 「この字は、この書体じゃないほうがいいな」
 「サブタイトルのこの言葉は、帯に持って行かない?」

 などなど、忌憚(きたん) のない意見が、酒の力を借りて、次から次へと出てきます。


 いつものことですが、気が付けば、ビールジョッキと冷酒の瓶が、テーブルの上にゴロゴロしています。

 「現在、連載中のコラムが、もうすぐ終わるんですよ。あれ、本になりませんかね?」 と僕。
 「いいんじゃない、うちから出しますよ」 とTさん。
 「できれば、この本が秋に出たあとに、続けて年内に出したいんですけどね」 と僕。
 「可能でしょう。作りましょうよ」 と、いとも簡単にTさんも話に乗ってきます。

 酒とは、恐ろしいものです。
 どんどん、気が大きくなっていくんですね。

 「では、そういうことで、よろしくお願いしまーす!」
 「カンパ~イ!」
 と、さらに急ピッチで、杯が進んで行きます。


 でも、とりあえず秋に出版される本のタイトルは決定しましたよ。

 僕の原稿も、「あとがき」 を残すのみとなりました。
 今夜あたり、酒の力を借りて、一気に書き上げたいと思います。
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 あっぱれ! くまざわ書店 (2018-11-15 13:09)
 7年ぶりのランクイン (2018-11-04 11:40)
 つぶれない理由 (2018-10-28 12:31)
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)
 三途の川を渡れなかった婦人 (2018-09-27 14:35)
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)

この記事へのコメント
小暮師匠、新しい本のタイトルを考えてみました

「誰にも教えたくない温泉郷みなかみ」
「トンネルを抜けない温泉地みなかみ」
「みなかみお湯神」
「山から谷への温泉地みなかみ」
「温泉ランドみなかみ」
「からだに優しい温泉みなかみ」

どれか近いのがあったら嬉しいなあ〜
Posted by ヒロ坊 at 2012年07月29日 22:21
ヒロ坊さんへ

残念~!
今回は、実にシンプルなタイトルなんですよ。
たった6文字なんです。
Posted by 小暮 at 2012年07月30日 00:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大事なことは飲み屋で決めろ!2012
    コメント(2)