温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年08月12日

27年前の記憶


 今、とっても気になっている “言葉” があります。


 先週、行われた温泉講座で、受講生の1人が言った言葉です。
 と、いっても、僕が直接聞いたわけではありません。
 講座終了後に、主催者側のスタッフから告げられた言葉でした。


 今までにも温泉講座というのは、定期的に行ってきました。
 NHK文化センターや、けやきウォークの前橋カルチャーセンターなどが主催する野外講座の場合、平日の開催ということもあり、受講生は圧倒的に、時間とお金のある年代(60歳以上) の人が多いんですね。

 でも、今回の温泉講座は屋内講座ということもあってか、平日だというのに、若い人(30~40代) が多かったのには、驚きました。
 僕より年配の人というのは、本当に数えるほど。
 男性で50歳以上の人は、僕が見たところ、3~4人だったと思います。

 で、その中の1人の人が、スタッフに話しかけた “言葉” があります。


 「あの先生は、昔、歌手だったんだよ。ダンスホールで歌っていたんだから・・・」


 そう、言ったというのです!

 「小暮さん、その話は本当ですか?」
 とスタッフに聞かれて、僕は平常心を保てなくなってしまいました。

 その人は、いったい誰なんだ?
 なんで、そんな細部にわたり、僕の過去を知っているんだ?
 そして、今、温泉ライターをしている僕が、あのときの売れない歌手と同一人物だということを知っている……


 歌手といっても、しがないシンガー・ソング・ライターだったんですよ。

 10代の頃、ギターケースに大きな夢をギュウギュウ詰めにして、東京へ出て行きました。
 夜間の音楽学校へ通い、昼間は書店でアルバイトをしながら、週末になるとライブハウスや楽器店の店頭、通りの端で歌っていたんです(ストリート・ミュージシャンなんて言葉もない時代です。ただの路上でのゲリラライブです)。

 レコードデビューするも鳴かず飛ばず、アパートの家賃が払えないため、25歳の時に故郷に帰り、活動の拠点を群馬に変えました。
 それでも時々は上京して、東京のライブハウスやパブ、スナックなどで、歌っていました。


 その頃のことは、著書の処女エッセー 『上毛カルテ』 の中でも少し触れているので、歌手をやっていたことを知っている人がいてもおかしいことではありません。
 僕が驚いたのは、「ダンスホール」 という言葉です!


 忘れもしません。
 1985年の夏のこと。
 前橋市内のダンスホールを貸し切って行われた、初のソロ・コンサートです。

 前年に、オリジナル・カセットテープ(そんな時代でした) をリリースした記念のコンサートでした。
 たった1人で、ギター1本で、休憩なしの2時間ステージ・・・。


 その男性受講者は、あの時の会場に、いたのでしょうか?


 今となっては、恥ずかしいような……
 でも、覚えていてくれて、嬉しいような……



 ぜひ、今度、また講座等でお会いしたら、直接僕に声をかけてくださいな。
 あの時の、お礼を申し上げたいと思います。
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 エスカレートする不機嫌な大人たち (2021-03-03 12:50)
 もしも誰かと入れ替われるなら…… (2021-03-02 10:57)
 カメラマンの目 (2021-02-21 11:48)
 コロナに惑う子どもたち (2021-02-20 12:13)
 小銭のぬくもり (2021-02-15 13:29)
 ハナシのハナシ (2021-02-14 11:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
27年前の記憶
    コメント(0)