温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年08月27日

ちょっとインドまで⑨ 「カレーライスがあった!?」



    ⑨ 「カレーライスがあった!?」


 帰国後、すでに2ヵ月を経過しているが、僕の体には、依然として何の変化も起きていない。
 ということは、あれほど恐れていた数々の病原菌には、好かれずに済んだらしい。

 しかしインドを旅したことのある人の話によれば、そのほとんどの人が、道中なんらかの病に伏したと聞く。
 仮に病気にならないまでも、下痢だけは免れられないという。
 また、下痢をすることが、先進国の人間である証しなどと言う人もいるくらいだ。

 では、この僕は、どうなってしまうのだろう。
 よっぽどインドと相性が良いのか、肌に合うとでもいうのだろうか。
 本当に、快食、快眠、快便の毎日だったのである。


 とにかく食い物が旨かったことが、今回の旅の最大の勝因(?) だったようだ。
 ホテルのレストランといわず、町中の食堂といわず、すべての味覚がウソのようにバッチリと合っていたのには、自分でも驚きだった。

 確かに、インドはどこへ行っても、食事はカレーだった。
 しかし、カレーといっても “カレーライス” ではない。

 日本でいうカレーライスは、元はインド料理であっても、イギリスへ渡り、日本に輸入されてから、さらに日本人の舌に合うように改良された食べ物と考えたほうがよい。
 いわば、カレーライスは日本料理の1つなのだ。

 また、日本ではカレーは辛いものと決め付けられている。
 インド料理専門店ですら、そうなのだから、本場はもっと辛いと思ってしまっても仕方がない。
 かくいう僕も、日本のカレーの10倍辛い激辛カレーを想像していた。
 ところが、どこで誤って伝えられたのか、まったくそんなことは、なかったのである。

 たまに辛いカレーもあったが、必ずヨーグルトが付いているので、自分の好みの辛さに調節ができた。
 色もすべて黄色い色をしているとは限らず、実にバラエティーに富んでいた。
 中でも、鮮やかな緑色をしたホウレンソウのカレーは、目と舌で楽しめ、忘れられない味となっている。


 どこのレストランでもメニューは、肉類を食べるかどうかによって、ヴェジタリアン(菜食主義)とノン・ヴェジタリアン(非菜食主義) に分かれている。
 これは宗教的理由によるものだが、僕の感想では、絶対的にヴェジタリアン料理の方が美味しかった。
 肉料理といっても、マトンとチキンくらいなもので、どうしてもバリエーションが少なくなってしまう。
 もちろん、牛肉などは絶対にありえないのだ。

 それに引き換えヴェジタリアン料理(野菜のカレー) は、実に種類も豊富で、飽きがこない。
 僕は、ターリー(大皿の意味) という定食を好んで食べたが、ヴェジタリアンのそれは、どこも安くて旨くて、いつも腹いっぱいに満たすことができた。
 大きな金属の皿に、嬉しくなるほどの色々な料理が盛り合わせてある。

 たとえば、ある日の昼食のターリーは、次のようなメニュー構成だった。

 ダール(豆のスープ)、ヨーグルト、オクラのカレー、ジャガイモとカリフラワーのカレー、ライス、チャパティ(インドのパン。日本で知られているナンは高級品で、町中のレストランにはない) といった具合である。

 日本に “しょう油丼” が存在しないように、インドにもカレーライスという料理はない。
 つまり日本料理のほとんどが、しょう油で味付けがされているように、インドではスパイスで調理した料理のことを “カレー” と呼んでいるのである。


 ということで、食べることにはまったく不自由しなかつた旅ではあったが、たった1つだけ難儀なことがあった。
 それは “水” である。

 水道水がそのまま飲める日本のような国は、世界でも数少ないことは、以前にも海外を旅して百も承知だった。
 しかし、それにしてもインドは暑い。
 また乾燥している上に、砂ぼこりが舞っているのだから、水を切らすことは許されなかった。

 比較的どこでもミネラルウォーターは手に入ったが、それが信用ならないのである。
 ただの水道水を入れて売っていたりするから、用心だ。
 キャップが完全に閉まっているかのチェックを怠ってはならない。

 インドの旅は 「コーラに始まり、水に終わる」 と言われるくらいだから、町のどこでも買い求められるコーラは、安全な飲み物だった。
 それでもビンの口は、濡れテッシュで拭き、なるべく口をビンに付けないようにして飲んでいた。

 マトゥーラという小さな町へ行ったときだった。
 レストランで注文したコーラに、絶句してしまった。
 町一番のオシャレなレストランだというのは分かるが、コーラがグラスに注がれ、おまけに氷まで浮いていたのである。
 でも、背に腹は変えられぬ。
 ノドは、カラカラだった。
 仕方なく、日本より持参した殺菌衛生剤をふりかけて、カルキ臭い、なんとも言えぬ味のコーラを口に運んだ。


 閑話休題・・・

 さて、では本当にインドに、カレーライスはなかったのか?
 というと、実は、一度だけカレーライスを食べたのである。

 インドを離れる、最後の日だった。
 ニューデリーのレストランで食べた 「エビカレー」 が、まさに日本のカレーライスだったのである。

 リング状に盛られたライスの中に、どちらかというと茶色に近い色のカレーが入っていた。
 見た目といい、香りといい、味といい、よく知っているカレーライスなのである。
 どのガイドブックにも “インドにないものは、カレーライス” と書かれていただけに、僕は大発見をした喜びに、笑みまでこぼれていた。

 ところが、店を出てから改めて看板を見てみると、そこには 「コンチネンタル(ヨーロッパ風)」 の文字が・・・

 やはりインドには、カレーライスが存在しないようである。


   <つづく>
 

同じカテゴリー(ちょっとインドまで)の記事
 ちょっとインドまで⑩ 「ゆっくり流れる時間の中で」<最終回> (2012-09-05 17:56)
 ちょっとインドまで⑧ 「勧善懲悪の抱腹絶倒シネマ」 (2012-08-21 19:17)
 ちょっとインドまで⑦ 「カースト制度とバクシーシ」 (2012-08-17 21:24)
 ちょっとインドまで⑥ 「バレて元々、ゴネれば得」 (2012-08-13 17:57)
 ちょっとインドまで⑤ 「音と臭いと砂ぼこりの中」 (2012-08-06 18:30)
 ちょっとインドまで④ 「はじまりはいつも宿探し」 (2012-07-29 16:38)

この記事へのコメント
瓶の飲料は、怪しい…って当時、
旅をしてきた友人も言ってました。

シシカバブ、タンドリーチキンも
一般の方は、あまり食さない…と聞いたことがあります。

ホントのインドのカレーでは、ないかもしれませんが
ほうれん草の「サグ」は大好きです。
我が家の子ども達は 
カシミールという辛いカレーを
ひぃーひぃー言いながら食べてます。

文京町のお店から
いつもテイクアウトしてきます!

なんか、カレーが食べたくなりました。
今日はカレーにしようかな…
Posted by 繭りん at 2012年08月29日 18:14
繭りんさんへ

我が家も今夜は、カレーにしようかと思います。
なぜか、いつからか、カレーだけは僕が担当です。
隠し味は、仕上げに入れるインスタントコーヒーです。
Posted by 小暮 at 2012年08月30日 11:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ちょっとインドまで⑨ 「カレーライスがあった!?」
    コメント(2)