温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年08月31日

世界温泉遺産に推薦します!


 “「富岡製糸場と絹産業遺産群」のユネスコへの世界文化遺産推薦が決定”


 ええっ、マジっすか?!

 と思ってしまったのは、僕だけでしょうか?
 だって、世界遺産ですよ!
 それも文化遺産といえば、法隆寺や姫路城と肩を並べるわけですよね。
 ちょっと、おこがましくはありませんかねぇ。

 いえいえ、別に富岡製糸場に難クセを付けているわけではありませんって。
 僕だってライターのはしくれですから、過去に何度も富岡製糸場は取材をしています。
 だから、その素晴らしさと価値は、充分に知っているつもりです。

 記事にするにあたっては、和田英・著の 『富岡日記』 だって、ちゃんと読んで、製糸場が富岡に造られた理由や女工たちの生活ぶりについても取材しました。
 その上で、国史跡および国重要文化財に指定されてる産業遺産であることも理解しています。

 でもね・・・

 世界遺産は、どうでしょうか?

 鎌倉や富士山だって、まだですものね。

 もし、本当に認定されちゃったら、富岡市はどうするんでしょうか?
 世界中から観光客が訪れるんですよ!
 大丈夫ですか?
 自信はあるのでしょうか?
 富岡市民の声を聞いてみたいものです。


 さてさて、僕が言いたいのは、富岡製糸場の賛否ではなく、もし、群馬で世界遺産に推薦するなら他にあるでしょう!っていいたいのです。
 そう、世界へ出しても恥ずかしくない立派な “温泉遺産” が!

 ・草津温泉の湯畑と西の河原
 ・伊香保温泉の石段街
 ・四万温泉の積善館本館と元禄の湯
 ・法師温泉の足元湧出泉と鹿鳴館風湯殿
 ・宝川温泉の天下一露天風呂
  などなど・・・

 さらに、草津温泉の北に隣接する旧群馬鉄山の跡地(旧六合村、現中之条町)の、かつて露天掘りした窪地には 「穴地獄」 と呼ばれる幻想的な風景が広がります。
 まるで緑色のビロード絨毯(じゅうたん) を敷きつめたように、湧き出る温泉の中に、それはそれは美しい 「チャツボミゴケ」 が自生しているのです。
 このチャツボミゴケは、強酸性泉の中で生育するという珍しい苔で、本州では、ここだけに自生する貴重な植物なんですよ。

 ぜひ、この 「穴地獄」 も含めて、僕は群馬の温泉を “世界温泉遺産” に推薦したいと思います!

 みなさん、いかがでしょうか!


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 草津よいとこコロナに効く湯? (2021-02-11 11:39)
 最東端温泉地が変わる!? (2021-01-22 14:25)
 免疫元年の幕開け (2021-01-01 12:51)
 コロナに消えた祭り (2020-10-12 11:57)
 『湯けむりの先に』 最終回 (2020-09-22 11:48)
 最終回!今日の毎日新聞 (2020-09-19 11:54)

この記事へのコメント
草津温泉湯畑も前の町長の時に話題になりましたが…
私なら白根山湯釜周辺を世界遺産に!と思います。もちろんチャツボミゴケ公園もですが難しいでしょうね。群馬県の有形登録文化財に指定された建物を維持するのが大変らしいと聞いています。富岡頑張れますかね?銀山温泉のように群馬県温泉天国で世界遺産申請したら良いのに。
Posted by 草津っ娘? at 2012年08月31日 22:11
草津っ娘?さんへ

そうですね。
世界遺産の中に、温泉部門を設けていただければ、絶対に群馬県が日本初の登録になること名違いなし!
なんですけどね・・・
僕が “群馬温泉大使” に任命された暁には、ユネスコに陳情したいと思います。
Posted by 小暮 at 2012年09月02日 00:52
地元の市民は 当然否定的です。

小暮様には 不思議な事象かもしれませんが 世の中利害で成立してます。
現在 観光地化を進め 誰が利益を得ているか?
現地に立てば 想像できるかと思います。

当然 県 市 企業の癒着があります。
悪い事とは 思いませんが。 文化遺産保護中心で考えれば 的ハズレです。

彼らには 利益の為 話を進めるしかメシのタネがないのです。

温泉遺産なんてなれば 県と企業が参入し あっと言う間に破壊される事でしょう。
Posted by momotaka at 2012年09月02日 15:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界温泉遺産に推薦します!
    コメント(3)