温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年09月05日

ちょっとインドまで⑩ 「ゆっくり流れる時間の中で」<最終回>



     ⑩「ゆっくり流れる時間の中で」<最終回>


 昨年から今年にかけて、海外で日本人が殺害されるという事件が頻発している。
 インドでも、僕が行った1ヶ月ほど前に、ラージャスターン州の観光地で日本人旅行者の女性イが、男にドライバーで顔をメッタ突きにされるという痛ましい事件が起きていた。

 インドは、比較的治安の良い国だ。
 町を歩いていて、置き引きや引ったくりにはあったとしても、命を狙われるようなことは、まずない。
 しかし、どうだろうか?
 日本ですら連日、新聞の片隅に、殺人事件の記事を見つけることができる。
 治安が良ければ、何をしても安全ということではないだろう。

 今、日本人は金を持っている。
 我々個人にその意識がなくても、訪れる国の人たちには、“豊かな国から来た旅人” として映っていることは事実なのだ。
 妬(ねた)みや嫉妬(しっと)を挑発するような行動だけは、旅人のマナーとして、つつしみたいものである。

 インドでは、前述の事件をふくめ、外国人のトラブルは圧倒的に女性が多い。
 それも安易な目的や服装でやって来てしまった若い女性だ。

 婚前交渉が禁止されているわけではないが、結婚が神聖化されているため、インドでは未婚の男女に対する管理が厳しい。
 特に女性への風当たりは強く、恋人同士でも、なかなか手をつなげない国と考えたほうがよい。
 よって、インドの若者たちは、常に性的欲求不満状態にあるのだ。

 彼ら(若いインド人男性)からみると、どうも欧米人や日本人は “フリーセックスの国から来た人” という、おかしな妄想があるらしい。
 だから、やたらと外国人女性は、痴漢に狙われる。
 現に、僕が在住の日本人女性とショッピングへ行ったとき、何度となく彼女の 「ドント・タッチ・ミー!」「ゴー・アウェイ!」 という悲鳴を聞いた。
 どうしたことかと近寄ると、「この男が私の尻をなでた」 とか 「胸をつかんだ」 ということだった。

 中には 「あなたはバージンか?」 とか 「セックスしよう!」 と露骨に迫ってくる場合もあるという。
 いずれにせよ、ハッキリとした態度をとることが大切である。


 さて、インドの旅も、そろそろ終わりに近づいてきた。
 デリーを発つその日、僕は半日早くインドを発ちタイに向かう連れを見送り、午後は散歩に出かけることにした。

 ニューデリー郊外の、まだ舗装されていない道を歩いていると、豚の親子が僕の前を横切って行く。
 相変わらず背中に白いコブのある牛たちは、我が物顔で路上に寝そべっていた。

 あと数時間で、自分もインドを離れるのだと思ったとき、言い知れぬ悲しみが込み上げてきて、寂寞(せきばく)感に包まれてしまった。
 これには、自分でも驚いた。

 「帰りたくない……」

 駄々をこねる子どものように、夕日を見つめながら何度も心の中で、そうつぶやいていた。


 この国には、果てしない時間があると思った。
 日本の何倍もの、ゆっくりとしたスピードで、時は流れているようだ。

 今日も駅のホームでは、“その日来る” 電車を誰もがひたすらに待っていた。

 色と音と臭いと砂ぼこりの中で・・・


      < 『ちょっとインドまで』 完 >


同じカテゴリー(ちょっとインドまで)の記事
 ちょっとインドまで⑨ 「カレーライスがあった!?」 (2012-08-27 21:23)
 ちょっとインドまで⑧ 「勧善懲悪の抱腹絶倒シネマ」 (2012-08-21 19:17)
 ちょっとインドまで⑦ 「カースト制度とバクシーシ」 (2012-08-17 21:24)
 ちょっとインドまで⑥ 「バレて元々、ゴネれば得」 (2012-08-13 17:57)
 ちょっとインドまで⑤ 「音と臭いと砂ぼこりの中」 (2012-08-06 18:30)
 ちょっとインドまで④ 「はじまりはいつも宿探し」 (2012-07-29 16:38)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ちょっとインドまで⑩ 「ゆっくり流れる時間の中で」<最終回>
    コメント(0)