温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年09月07日

群馬の秘湯でナニをする!


 先日、僕の読者と名乗る人から、電話をもらいました。

 なんで、僕の電話番号を知っているのかって?
 どうも以前、イベントでお会いした時に、名刺交換をしたようです。
 その人も、一生懸命に、僕とどこで会ったのかを説明していました。

 で、その人が言うことには・・・
 「以前、小暮様はブログで、温泉旅館のラブホテル化について書かれていましたよね」

 ※(たぶん、2011年11月1日の 『湯に人が集まる温泉』 のことを言っているのだと思います)

 「とんでもない事をしているブログがあるので、ぜひ、小暮様に一度見ていただきたいのです」
 と、やや興奮気味で話し出しました。

 「秘湯の宿をカップルで訪ね歩き、自分たちのセックスを写真に撮って載せているんです。もう、腹が立って、腹が立って! 誰かに、どーにかしていただきたくて、無礼とは重々承知の上、小暮様にお電話をしてしまった次第です」
 と、話の内容の過激さに比べて、いたって本人は紳士的で、とても丁寧な口調でした。

 ※(温泉の貸切風呂でセックスをしてしまうバカップルの話は、僕も以前このブログでも2010年6月21日 『貸切風呂の使い方』 や同年7月4日 『浴場で欲情するべからず!』 で書きました)


 はたして、僕に言われても、どんなことができるのか・・・
 思案するところですが、「そーですか、分かりました。とりあえず、そのブログを見てみましょう」 と言って、電話を切りました。

 彼が教えてくれたタイトルを、検索。
 すると、いきなり、全裸の男女が写し出されました。

 そ、そ、それも! ○○温泉××旅館だ~~!

 なんだと! こともあろうに、群馬を代表する秘湯の宿ではありませんか~!
 それも、そこは、決して貸切風呂などでは、ありませんぞ!

 “混浴風呂だけど、2人のほかに誰もいないので始めちゃいました” だ~?
 バカもーん!


 なによりも驚いたのは、そのバカップル、中年のオジサンとオバサンじゃありませんかッ!。
 世も末の光景を、目の当たりにしてしまいました。
 (見ていて、熱が出そうです)

 電話をくれた彼が、怒り心頭になるのも無理がありません。
 確かに、由々しき光景であります。

 でもね、同時に、こんな疑問も抱いたのですよ。
 なんで、そんなことをするの?って。

 もし仮に、2人の旅の記念に撮るのなら、大事にアルバムに貼っておいたらいいじゃないですか。
 えっ?
 そーいう、趣味の人なんですか?

 だったら、堂々と名前を出して自己主張してもらいたいものですね。

 なんだかネット社会になってからというもの、やたらと匿名(とくめい) で主張する人が多くありませんか?
 匿名なら何でも言って良い、やっても良いと勘違いしていませんかね。


 ぜひ、名前と素性を明かした上で、顔ボカシのない自分たちのセックス画像を公開してくだいな。
 それができないのなら、即刻、ブログを閉鎖してください。

 温泉宿の人や、秘湯を愛する人たちが見たらどんな思いをするか、一度、考えてもらいたいものです。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
弊害ですね…

物事甘く生きてきて、甘~く行動してますね
(偶然にも足利の名物・古印最中を飲食後のコメントでした!)
Posted by ぴー at 2012年09月08日 09:34
宿主が許可してない(するわけないですがw)限り逮捕した方がいいですね。
見せしめにもなるでしょうし。
Posted by こめさん at 2012年09月08日 21:52
ぴーさん、こめさんへ

時々、この仕事をしていて悲しくなるのは、こんな輩(やから)や日帰り温泉感覚で温泉旅館にやって来る連中に出会ったときです。
そんなわけで、僕は 「温泉療養研究所」 という財団法人団体を立ち上げ、現在顧問をしています。
かつての湯治場の風景を取り戻すべく、今後も活動を続けていく所存であります。
ぜひ、支援をお願いいたします。

PS
確か 「古印最中」 は、相田みつをのデザインの店でしたよね。
Posted by 小暮 at 2012年09月09日 01:47
正解です!
姉が足利在住で、お土産によく持ってきてくれます。

最近では、洋菓子部門も立ち上げて、これがまたまた、美味いんですよ!
Posted by ぴー at 2012年09月09日 08:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
群馬の秘湯でナニをする!
    コメント(4)