温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年09月12日

湯ノ小屋温泉 「清流の宿 たむら」


 ♪なだらかな坂道を 登りつめた場所で
  君と僕だけを降ろして バスは戻って行く
  わずか二日の小さな旅でも 二人にとっては
  半年も前から 待ち焦がれていた
  見知らぬ町への 二人だけのはじめて旅♪


 この歌は、1984年に僕がリリースしたアルバム 「はじめての旅」 に収録されている、タイトルナンバーです。

 滅多に自分の曲なんて口ずさまないんですけどね。
 なぜか昨日は、宿に着くなり、部屋の窓辺でビールを飲みながら山間の景色を眺めていたら、口をついて、この歌詞とメロディーが 出てきてしまったのであります。

 とにかく、一度は泊まってみたい宿でした。
 一昨年の秋に出版した 『群馬の小さな温泉』(上毛新聞社) の取材で、湯ノ小屋温泉を訪れたときから、渓流沿いの高台にポツンと一軒宿のようにたたずむ、小さな宿が気になっていたのです。

 願いとは、念じていると叶うようで、今回、取材で泊めていただくことになりました。


 で、宿に着くなり、全身に鳥肌が立ってしまったのであります。
 「ここだ! 僕の歌のモデルになった宿は!」 ってね。
 デジャ・ヴュ(既視体験) って、言うんですか?
 とても不思議な感覚を覚えました。

 だって28年前に、頭の中のイメージで作った歌の舞台が、今になって目の前に現れたんですからね。
 「ああ、僕は昔、ここの宿をイメージして、あの歌を作ったんだ」 って、素直に納得してしまいました。


 本当に小さな宿なんです。
 客室は、たったの5部屋。
 浴室は、内風呂と露天風呂が1つずつ。
 ともに部屋ごとの貸し切りになります。

 昭和59(1984)年に親戚が開業した 「民宿 たむら」を、現主人の田村今朝雄さん、妙恵さん夫婦が平成2年から引き継ぎました。
 たった2人で、夫婦二人三脚で営んでいる民宿です。
 (※偶然にも、僕がアルバムを出した年に、宿が開業しているんですね。これまた鳥肌が立ちました)

 小さなお宿は、のんびりできるのがいいですね。
 完全に仕事であることを忘れてしまいました。
 湯上がりには、鹿児島出身の女将さんが作る薩摩料理を肴(さかな) に、これまた幻の芋焼酎 「三岳」 なーんていただいてしまいました。
 酔うほどに、旅情が深まる山の宿であります。


 ♪山間の民宿で 夕げのひとときを
  二人過ごすだけの 何もない旅だけど
  部屋に戻った君が 急に無口になって
  深い夜へと 二人消えてゆく
  明日になれば またいつもの都会(まち)暮らし♪
  <『はじめての旅』 より>


 ま、一緒に泊まったのは、いつものオジサンカメラマンですから、歌詞のような出来事はありませんでしたけどね・・・
 でも、たまには、こんな取材旅行もいいものです。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯ノ小屋温泉 「清流の宿 たむら」
    コメント(0)