温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年09月16日

湯ノ小屋温泉 「葉留日野山荘」②


 坂道を登りつめると、突如として現れるレトロな木造校舎。
 そして、青々と枝葉を広げるメタセコイヤの巨木。

 あの日と変わらぬ姿で、僕を出迎えてくれました。


 湯ノ小屋温泉、葉留日野山荘。
 先日、2年ぶりに訪ねました。

 「はるひの」 とは、この付近一帯の古名です。
 万葉集にも 「葉留日野の里」 と詠まれています。


 「どうも、ご無沙汰しています。お元気でしたか?」
 主人の高橋信行さんが、やはり、あの日と変わらぬ満面の笑みで迎えてくれました。
 御歳、82歳! お元気です。

 昭和48年に廃校となった山の分校を改築して、都会の子どもたちのためにと 「冒険学校」 を開校しました。
 冬のスキー教室、春の雪遊び、夏の沢登り、秋のススキ小屋作りなど、自然相手の野外活動を続けてきました。
 しかし数年前、高齢を理由に冒険学校を閉校。
 現在は、息子さん夫婦と一緒に、温泉宿を営んでいます。

 玄関を入ったフロントでは、2年前に僕が書いた 『群馬の小さな温泉』(上毛新聞社) が、ちゃんと販売されていましたよ。
 うれしいものですね。
 確かあの時は、群馬県内に15ある「日本秘湯を守る会」の会員宿のうち、15番目に泊まった宿だったと記憶しています。
 「これで、県内の会員宿はすべて制覇したぞ!」 とカメラマン氏と祝杯を挙げたものでした。

 あれから2年・・・
 その間には、震災がありました。
 「あれ以降、パッタリと宿泊客は減ったねぇ」
 と言います。
 「それでも秘湯を守る会のファンだけは、全国からやって来てくださる。ありがたいねぇ」
 とも言いました。

 高橋さんの人柄なんでしょうね。
 木造校舎の中から、高橋さんが現れると、なんだかホッとするんですよ。
 こうやって会議室でお茶を飲みながら話していると、まるで職員室で担任の先生と何十年ぶりに再会して思い出話をしているような錯覚を覚えます。

 実際に校舎の中を歩けば、廊下も手洗い場も、昔の小学校そのままです。
 談話室は、昔の職員室と理科室。
 食堂は、昔の体育館兼講堂が、そのまま利用されています。


 風呂へは、いったん校庭へ出てから浴室棟へ。
 過ぎ去る夏を惜しむように鳴くミンミンゼミの大合唱をBGMに、今回も極上の湯を堪能してきました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)

この記事へのコメント
昨日、お邪魔した、前橋・宮○町の温泉付分譲地(滞在中、温泉入浴なし)
この温泉は掘削だとすると、、、(引き湯ならいいですが)
いつか…枯れる可能性があると思いつつ、温泉付を目的に購入したとすると、途中でその夢は断たれることになるのですね、、、

学校から時代の流れで温泉への進化の方が、自然かとおもいました。
Posted by ぴー at 2012年09月17日 09:21
ぴーさんへ

前橋市ということは、すべて赤城山南麓ということですから、掘削による動力揚湯ということになりますね。
ともすると、源泉の温度が低く、加熱しているかもしれません。
光熱費も余分にかかっていることでしょうね。
Posted by 小暮 at 2012年09月17日 20:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯ノ小屋温泉 「葉留日野山荘」②
    コメント(2)