温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年09月19日

ブログの効用④


 先週末、2日間かけて34軒の温泉宿を回ってきました。

 と言うと、皆さんは驚かれるでしようね?
 でも事実なんです。
 でも取材じゃありません。

 実は、あいさつ回りに行ってきたんです。


 今月15日に発行された僕の最新刊 『みなかみ18湯〔上〕』 に掲載されている宿の数が34軒なのです。
 で、本の納品がてら、取材でお世話になったご主人や女将さんにお礼を言いに回ったのです。
 と言うと、「ええっ、著者自らが毎回そんなことをしているの?」 と突っ込まれそうですが、今回は特別なんです。

 今回、この本を上梓するにあたり、みなかみ町観光協会さんに多大なる協力をしていただきました。
 みなかみ町は平成17年に、水上町と月夜野町と新治村が合併してできた新しい町です。
 これにより、みなかみ町は18ヶ所の温泉地を抱える県内屈指の “温泉町” になりました。

 この本は、その18の温泉地の全宿を上下2巻にわたり、取材して記事にして出版しようという壮大なプロジェクトなのであります。
 いくら群馬県内の温泉本シリーズを書いている僕でも、これだけの数の温泉宿を仕切ることはできません。
 すべては、みなかみ町観光協会さんの尽力の賜物なのであります。

 制作スケジュールの管理から取材宿への交渉およびアポ取りまで、全部してくださいました。
 ですから、今回のこの本は、みなかみ町観光協会さんの協力なしでは到底、作れなかったのであります。

 その協会の事務局長さんが、自ら、全宿を配本しなが、あいさつに回ると言い出したのですから、著者としてもお供しないわけにはいきませんって!

 と、いうことで、一軒一軒訪ね、取材時の思い出話に花を咲かせながら、10ヶ月間にわたりお世話になったお礼を述べて回ったのでした。


 とある旅館を訪ねたときです。
 玄関で迎えてくれた女将さんが、第一声、こんなことを言いました。

 「小暮さん、あの後、すぐにお客さんが来てくれましたよ」

 「???・・・」
 何のことを言っているのだか、分かりません。
 本はこれから書店に並ぶんですよ。
 まだ、一般の人は、この本の存在すら知らないはずです。

 「なんて言うんでしたっけ、そうそう、ネットを見て、わざわざ東京から来た人がいたんですよ」

 ほほう、このブログのことを言っているんですね。
 確かに、この旅館のことは、取材した翌日にブログに書きました。

 「小暮さんの読者か、ファンのようですよ」
 とは、嬉しいじゃありませんか。

 またしても、ブログの効用があったということです。

 「じゃあ、女将さん、本をいっぱい売ってください」
 と事務局長さんは、商売がお上手です。

 「そのお客さん、うちが気に入ったからって、また今月も泊まりに来るのよ。その時、この本を見せてあげよう!」
 と、女将さんも上機嫌で、本をたくさん買ってくださいました。


 こんな調子で2日間で34軒すべての温泉宿を回り、600冊以上の本の注文をいただきました。

 水上温泉、猿ヶ京温泉のみなさん、大変お世話になりました。
 そして、ありがとうございました。

 ※『みなかみ18湯〔上〕』(上毛新聞社) は、群馬県内の書店および、みなかみ町の観光施設、掲載宿にて販売されます。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ブログの効用④
    コメント(0)