温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年09月22日

谷川温泉 「ペンション セルバン」


 「私の大好きな宿なんですよ。急に行きたくなって、その日に電話して泊まりに行くくらいですから。とにかく、お湯がいいんです!」
 いつか、知人のHさんが言っていた宿の名前が、確か “セルバン” だったことを思い出しました。

 2年前に取材で谷川温泉に入り込んだ時から、気になっていた宿ではあるんです。
 だって、温泉地の一番奥に、あたかも一軒宿のように建っていて、しかもペンションなのに “天然温泉かけ流し” とあれば、誰だって気になりますよね。


 で、昨日は念願かなって、朝からウワサのペンションへ取材に行ってきました。

 宿に入るなり、開口一番、奥さんが 「Hさんが、よく来てくださるんですよ」 と言葉を切り出した。
 「???・・・」
 えっ、僕のこと知っているんですか?
 というより、僕とHさんが知り合いだということを、奥さんは知っているということですね?

 「あの方は、本当に温泉がお好きですね」
 と今度は、ご主人が話しに加わりました。

 ま、僕としては、共通の知り合いがいるということは、取材もしやすいということです。
 まずは、つかみはOK!

 セルバンは、この平原良男さん、和子さん夫妻だけでやっている小さな小さな宿です。
 気になるのは、この “セルバン” という宿の名前です。
 命名したのは、山好きのご主人。
 なんでも、マッターホルンのことをフランス語で 「モン・セルバン」 っていうんだそうです。

 どうりで、山小屋風の宿内には、いたるところにマッターホルンの写真が飾ってあるわけです。

 宿の開業は、昭和60(1985)年。
 それまでは、高崎市内でサラリーマンと専業主婦だった2人。
 ご主人の実家の敷地続きにあった、元銀行の保養所を改築してペンションを始めました。

 最初は奥さんが1人でやっていましたが、10年前にご主人も早期退職をして宿に入り、現在は2人で仲良く宿の切り盛りをしています。
 「接客と料理は女房、私はもっぱら掃除と庭の手入れです」
 というご主人の特技は、ジオラマの制作!

 薪ストーブの上に、2万5000分の1で作られた精巧な 「谷川温泉と谷川岳」 のジオラマが置いてあります。
 実は、このジオラマを見るのは、初めてではありません。
 過去に、谷川温泉内で何度も見ているのです。

 「このジオラマ、ここにもあるんですね?」と僕が言うと、
 「ええ、うちの主人が作ったんですよ」と奥さん。
 「だって、方々で見かけますよ」
 「ええ、町内の10ヶ所の施設や旅館に寄贈したんですよ」
 とのことだった。

 実にリアルな模型で、素人が趣味で作ったとは思えない完成度であります。
 「地元に暮らしていても、一ノ倉沢や天神平の方角、位置が分からない人が多いんですよ。これが旅館にあったら、お客さんにも、すぐに教えてあげられるでしょう!」
 とは、なんて殊勝なお方なのでしょうか。
 もう、それだけで、僕はご主人を尊敬してしまいました。


 さてさて、宿の歴史や山のうんちく話を聞いたあとは、お待ちかね!Hさんご推薦の温泉をいただくことにしました。

 浴室は、内風呂と露天風呂が男女各1つずつ。
 それも造りは、大きからず、小さ過ぎず、好感の持てるちょうど良いサイズです。

 でも何かが、ちょっと違う! 
 何がって、内風呂も露天風呂も、オーバーフローされているお湯の量がハンパじゃありませんって。

 ザーザー、いやドボドボ、いやバシャバシャ、いやドックンドックン?
 擬音なんて、どうでもいいんです。
 まあ、それくらい(もったいないと思うくらい)、大量に湯がかけ流されています。
 それも加水なし、加温なし。
 それもこれも、湯量豊富な2本の源泉から湯が引き入れられているからできる技なんですね。

 しかも、2本の源泉の温度は、約56度と約26度と極端に温度差があります。
 と、いうことは、この異なる温度の温泉を混合することにより、常に適温を調節することができるということです。

 お見事であります!
 ペンションで、ここまでの技を兼ね備えている宿は、全国でも少ないのではないでしょうかね。


 無色透明で済んだ清流のような湯の流れを感じながら、極上の湯をしばし堪能いたしました。
 露天風呂の周りにはコスモスをはじめ、ご主人が育てている草花が、千紫万紅の装いで今が見ごろと咲き誇っています。

 Hさん、素敵な宿を紹介してくださり、ありがとうございます。
 まさに、知る人ぞ知る、隠れ湯宿ですね。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
谷川温泉 「ペンション セルバン」
    コメント(0)