温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年11月15日

真沢温泉 「真沢の森」③


 こんなことって、あるんですね。
 1冊の本が、縁を結びました。


 昨日は、H温泉のT館にて、来春出版予定の新刊の表紙撮影が行われました。
 今回のカメラマンも、引き続き酒井寛氏であります。
 撮影はスムーズに進み、もちろん納得のいく写真を撮ることができましたよ。
 読者のみなさん、ご期待ください!

 その後、カメラマンとは現地で別れ、僕は真沢(さなざわ)温泉の一軒宿 「真沢の森」 へ。
 昨晩は、取材も兼ねて、泊めていただきました。


 「これに、サインしていただいてもよろしいですか?」
 と支配人の武川恵二さん。

 武川さんは支配人でもありますが、江戸時代から代々この地で源泉を守ってきた湯守の5代目でもあります。
 祖父の代までは 「真沢鉱泉」 といい、痔(ぢ) や皮膚病に効く湯治場として近在の人々に親しまれていました。
 戦後、長い間、閉鎖されていましたが、湯を惜しむ声から平成10年に、「美人の湯」 として復活しました。

 その5代目湯守である武川さんが、会うなり差し出したのは、なんと、僕の著書 『ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) とサインペンでした。

 「えっ、サインですか?」
 「ええ、妻が小暮さんのファンなものですから。取材に来たらサインをもらってほしいと」
 そう言われて、気を良くした僕は、奥様の名前入りでサインを書かせていただきました。

 「うわ~、これは喜びます! うちの家宝にして、大切にします。ありがとうございます」

 えっ、ちょっと、ちょっと! 家宝とはバカに大袈裟じゃありませんかね。
 ただの、サイン本ですよ。

 ところが、武川さんは、こんなことを言ったのです。
 「だって、この本が私と妻を引き合わせた赤い糸なんですから・・・」

 まったく、言っている意味が分かりません。
 ところが武川さんと奥様には、僕の本を家宝にするだけの理由があったのです。


 今年の4月26日のこと。
 「真沢の森」 に、1人の女性が泊まりました。
 その女性は、埼玉県から来た温泉ファンで、僕の本を手にしていたといいます。

 武川さんは、ひと目見たときからビビビッときたそうです。
 夕食のとき、僕の本を話題にして、話が盛り上がり、意気投合。
 それはそれは、楽しい夜を過ごしたようです。

 そして、10日後の5月6日。
 ふたたび、彼女が泊まりに来ました。
 武川さんのことも気に入ったようですが、温泉の素晴らしさにも惹かれたようです。

 で、で、でーーーーっ!
 な、な、なーーーんと!
 武川さんは、その晩、プロポーズをしてしまったと言います。


 「そう、だから交際期間は、なし!」
 「この宿以外でデートをしたこともない」
 と、ビックリ発言の連発です。

 そして、めでたく今月の7日に入籍をしました。


 みなさんは、この話、どう思われますか?
 そんなことって、あるの~? ていう感じですよね。
 でも、これが幸福をもたらす、小暮淳の “ブックパワー” です!(笑)

 「だから、小暮さんは、私たち夫婦の愛のキューピットなんですよ」
 と、嬉しそうに満面の笑みをたたえる武川さん。

 あー、うらやましい!
 だって、その奥様って、武川さんより16歳も年下なんですよ。
 僕も自分の本を持って、湯めぐりをしようかしらん。
 えっ、僕の場合は、不倫相手探しの旅になっちゃうって!
 そーですね。
 武川さんは、オジサンだけど(失礼)、独身でした。


 武川支配人、奥様、おめでとうございます。

 真沢温泉は 「美人の湯」 でもありますが、これからは 「縁結びの湯」 って呼んでもいいかもしれませんね。

 お幸せに!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
び・び・び婚! 
出会いをうまくチャンスにしましたねー
寒い季節なので、ホットな話題です。
Posted by ぴー at 2012年11月16日 08:47
ぴーんさんへ

とにかく驚きました!
モテる男は、オジサンになってもモテるんですね。
16歳年下とは・・・
うらやましい限りです。
Posted by 小暮 at 2012年11月16日 20:24
ディテールまで細かく載せていただきまして、ありがとうございます。

地元の方々もこのブログをご覧になっている方が多くて、
各所からお祝いのメッセージをいただました。

年齢差は、たまたまですから、そこ強調しないよーに(笑)
Posted by 武川 at 2012年11月25日 18:26
武川さんへ

先日は、大変お世話になりました。
近々、また校正用の原稿をお届けに伺います。
たまたまの年齢差、そこが羨ましいんですよ!(オジサンには)
Posted by 小暮 at 2012年11月26日 01:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
真沢温泉 「真沢の森」③
    コメント(4)