温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年11月16日

自称 、おんせん県


 大分県が、「おんせん県」 を名乗り出したんですってね。
 それも、「うどん県」 で脚光を浴びた香川県のマネなんですってね。

 2匹目のドジョウが出たということは、3匹目も4匹目も出るんですかね?

 「りんご県」 とか 「みかん県」 とか 「ぎょうざ県」 とか 「やきそば県」 とか・・・・


 でも 「りんご県」 「みかん県」 は、名乗り出ないと思いますよ。
 だって、自信がある県ですもの。
 “自他共に認める” ものは、自ら名乗り出たりしませんって。

 人は、自信がないものに対して、「自称」 という言葉を使います。
 自称とは、“(本当はそうでないのに)自分のことを自分で○○だと言うこと” です。


 その点、今回の騒動では、草津温泉のコメントがフルっていましたね。
 「日本一は自分で名乗るものではなく、認めてもらうもの」(観光協会・談)
 とは、カッコイイ!

 さすが自然湧出量全国一の貫禄です。
 源泉の数や湧出の量が日本一を主張するどこかの県とは、レベルが違います。

 数や量ですか?
 掘削した穴の数や汲み上げた湯の量で勝負するのですか?

 やっぱり、温泉の中の温泉。
 キング・オブ・オンセンといえば、自然湧出泉でしょう!
 その泉源から湧き出る量が日本一なのですから、草津温泉の自信たるや大したものです。

 向かうところ敵なし!

 それゆえ、言えるコメントです。
 “名乗るものではなく、認めてもらうもの”


 今回の騒動は、どうしても中国のやり方(手口) を彷彿してしまいます。
 なんでもかんでも商標登録して、自分たちのモノにしてしまうやり方です。

 でも、言葉だけを独占したところで、所詮、「自称」 は 「自称」です。
 中身が伴わなければ、決して他人は認めてくれませんよ。


 さて、では、真の日本一の温泉県は、どこなのでしょうか?
 当然、それを決めるのは、県外の人たちです。

 派手な宣伝やPRをするのもいいけれど、真実を伝える努力を惜しまないでほしいものです。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自称 、おんせん県
    コメント(0)